TOP ローカル 冬の琵琶湖の風物詩は必食!旬の滋賀食材が楽しめる「絶品釜めし御膳」

冬の琵琶湖の風物詩は必食!旬の滋賀食材が楽しめる「絶品釜めし御膳」

2022.12.20

滋賀県の冬の味覚の中でも全国区の知名度を誇るのが“しじみ”。寒さが本格化するこれからの季節は、身が肥えて最も美味しくなるんだとか。

そんな滋賀県で、うまみたっぷりの“しじみ釜めし”を楽しめるお店がありますよ♡

今回は、2022年11月22日(火)に放送された読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の『おでかけコンシェルジュ』から、『志じみ釜めし 湖舟』をご紹介します。

※この記事は2022年11月22日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

■歴史深い地域で楽しめる♡ 「志じみ釜めし 湖舟」

湖舟外観

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『石山寺』の東大門(とうだいもん)から徒歩すぐのところにある『志じみ釜めし 湖舟』は、琶湖の幸をはじめ、地産地消を生かしたうなぎやなど、さまざまなお料理が楽しめるお店です。

貝塚

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

なんとこちらのエリアは、アジア最大級の淡水産貝塚が発見されたことでも知られている地域なんだそう。こんな歴史深いエリアで堪能できるしじみ料理とは……?

■うまみが凝縮された贅沢セット「志じみ釜めし御膳」

志じみ釜めし御膳

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

お店名物の『志じみ釜めし御膳』(1,700円・税込)は、たっぷり身が入った釜飯を中心に滋賀の美味しさが詰まった贅沢セット♡ ※季節のおばんざいは日替わり

おばんざい

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

『えび豆』は、琵琶湖でとれるスジエビと大豆を甘辛く煮た滋賀の郷土料理。他にも、旬の食材を使用したさまざまな滋賀の味を一皿で楽しめます。

お味噌汁

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

自慢のおみそ汁には、琵琶湖の固有種“セタシジミ”のうまみエキスに昆布と鰹(かつお)だしをプラス。

味噌

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

先代から受け継いだ秘伝の“赤味噌(みそ)”と、大豆と米をブレンドした“八丁味噌(みそ)”を使用してまろやかな味わいに仕立てています♡

和風だし

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

メインの釜飯にも“セタシジミ”のうまみエキスをたっぷりと!

近江米コシヒカリ

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

近江米コシヒカリがシジミのうまみを引き立たせています。

■他にも滋賀の食材を使った料理が♡

他のメニュー

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

他にも『近江牛と赤こんにゃくのしぐれ煮』や『ビワマスのハム』など滋賀の食材を使った絶品料理がズラリ♡ また、季節のおばんざいは日替わりなので、行くたびに違う楽しみ方ができますよ!

<詳細情報>
志じみ釜めし 湖舟
住所:滋賀県大津市石山寺3-2-37
電話番号:077-537-0127
営業時間:11:00~15:00/17:00~19:00(L.O.19:00)※ディナーは要予約
定休日:不定休

【関連記事】年間たったの“480頭”!? 希少な豚が味わえる「絶品しゃぶしゃぶ」

観光地近くのお店なので、地元の人はもちろん旅行客でも立ち寄りやすい『湖舟』。旬のしじみを存分に楽しめる釜めし御膳で贅沢な時間を過ごしてみて♡(文/吉村すみれ)

【画像・参考】
読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜~金曜 夕方4時47分~)

この記事は2022年11月22日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。





必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】

■ 阪急うめだ本店で「北欧フェア2024」を開催! 幸せな暮らしのヒント探しにでかけよう
■ 【ジブリに会える!】「金曜ロードショーとジブリ展」を京都市京セラ美術館で開催中!
■【四国水族館】撮りたい、見たい!体験したことのない景色を目指して。
■【ルクア大阪】どこよりも種類豊富な「Teva」に興奮!この夏の大本命を探しに行こう
■ 梅乃宿ワクワクほろよいFes2024~飲む人も飲まない人も一緒に乾杯!~
■大人も子どもも、きっと夢中になる。100年以上前から奏でられる“生きた音”の世界へ
■【京都競馬場】はケイバだけじゃない!女性専用スペース「UMAJO SPOT」って!?

Recommend あなたにおすすめ