TOP おでかけ 奈良公園だけじゃない!地元ライターがおすすめする「庭園×紅葉の絶景」
依水園

奈良公園だけじゃない!地元ライターがおすすめする「庭園×紅葉の絶景」

2022.11.21

奈良県の観光名所として全国的に有名な『奈良公園』。世界に誇る名勝地であり、園内とその周辺には『古都奈良の文化財』として世界遺産登録された構成資産が多数存在します。一年を通して多くの観光客で賑わう『奈良公園』ですが、周辺にはあまり知られていないスポットも数多くあります。

今回は、『奈良公園』の近くにある『依水園(いすいえん)』という庭園をご紹介します。なお、写真は筆者が2021年11月に撮影したものです。

■東大寺の西側にある静かな庭園

依水園

画像:東ポチ

今回ご紹介する『依水園』は『東大寺南大門』から約10分歩いた場所にあります。1939年、海運業を営んでいた中村家が庭園を買い取って整備したのが今の『依水園』です。

依水園

画像:東ポチ

園内には中村家が3代にわたって収集した美術品などを展示する『寧楽(ねいらく)美術館』があります。なお“寧楽”は、“なら”の古い時代の表記の一つですが、施設名の読みを“ならびじゅつかん”とすると『奈良県立美術館』と混同されるなどの理由で、“ねいらく”と読むことになったそうです。

依水園

画像:東ポチ

写真右側に写っているのはドウダンツツジの紅葉です。『依水園』では季節によって様々な植物を楽しむことができます。春は梅・桜・ツツジ、夏は花ショウブ・スイレン・サルスベリ、秋はハギ・ドウダンツツジ・イロハモミジなどです。

■江戸時代前期に生まれた前園

依水園

画像:東ポチ

依水園は前園と後園の二つに分かれています。前園は江戸時代前期の1670年代に、晒職人の清須美道清氏が作ったとされる庭園です。前園は茶室『三秀亭』がシンボルとなっています。

■明治時代に生まれた後園

依水園

画像:東ポチ

後園は、明治時代の実業家・関藤次郎氏が作ったとされる庭園で、大きな池を中心とした築山式の池泉回遊式庭園です。後園は世界遺産の『東大寺』や春日山原始林の他、ハイキングコースとして人気が高い『若草山』などを借景した素晴らしい庭園です。

依水園

画像:東ポチ

後園にある『柳生堂(やぎゅうどう)』は、柳生一族の菩提寺である奈良市の『芳徳寺(ほうとくじ)』で、取り壊しの危機にあったお堂を関藤次郎氏が買い受け、庭園に移築したものだそうです。

依水園

画像:東ポチ

『依水園』には、縄で結ばれた石があちこちに置かれています。これは“関守石(せきもりいし)”と言って、“この先の立ち入りはご遠慮ください”という意思表示だそうです。

<施設詳細>
依水園
住所:奈良県奈良市水門町74
アクセス:近鉄『近鉄奈良駅』から徒歩約15分
電話番号:0742-25-0781
開園時間:9:30~16:30(入園は16:00まで)※ただし、4月と5月は9:30~17:00(入園は16:30まで)
入園料:【一般】1,200円【大学生・高校生】500円【中学生・小学生】300円(各税込)

【関連記事】本当は教えたくない!地元ライターがおすすめする「紅葉スポット」

依水園のお隣には『吉城園(よしきえん)』という別の庭園もあります。こちらもぜひ足を運んでみてくださいね。(取材・文/東ポチ)

【画像】
※ 東ポチ

最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。





必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】

■ 髪のお悩みはシャンプー・コンディショナーでトータルケア! 「セグレタ」っていつから使うべき?
■ 阪急うめだ本店で「北欧フェア2024」を開催! 幸せな暮らしのヒント探しにでかけよう
■ 【ジブリに会える!】「金曜ロードショーとジブリ展」を京都市京セラ美術館で開催中!
■【四国水族館】撮りたい、見たい!体験したことのない景色を目指して。
■【ルクア大阪】どこよりも種類豊富な「Teva」に興奮!この夏の大本命を探しに行こう
■大人も子どもも、きっと夢中になる。100年以上前から奏でられる“生きた音”の世界へ

Recommend あなたにおすすめ