TOP グルメ 5年半かけてお店が完成!和歌山に誕生した「絶対行きたいおしゃれスポット」

5年半かけてお店が完成!和歌山に誕生した「絶対行きたいおしゃれスポット」

2023.01.19

2022年7月、和歌山県湯浅町にオープンした『offshore Cafe and Works(オフショアカフェアンドワークス)』。店内にはオーナーご夫婦が製造・販売しているアクセサリーブランド『Petit Peri Official』の実店舗や、カフェが併設されています。

今、オシャレ女子がこぞって通うこだわりが光る話題のスポットをご紹介します。

【関連記事】ラブコールに応えて♡ 和歌山発のアクセサリーブランドが初の実店舗をオープン

■5年半の年月をかけてリノベーションした店内

画像:MAYU

大阪を拠点に活動していたオーナーご夫婦。趣味の水上バイクを通じて、和歌山県内の海に訪れることが多く、ご縁があり現在ショップを構える湯浅町にある空き物件(元しらすの加工場)に出合いました。

当時は週1回大阪から和歌山に通い、リノベーションを開始。お仕事と並行して行っていたため、5年半の年月をかけて完成したのだそう。

■店内はフロアごとに異なる空間を演出!

画像:MAYU

1階はモードでシックな雰囲気にドキドキ! ディスプレイには、オーナーご夫婦が製造・販売している、純銀やアクセサリーが展示されています。

画像:MAYU

階段を上がると2階の雰囲気は一変! 木の温もりをベースにしつつ、インテリアやアートは海を感じられるアイテムで統一。

画像:MAYU

360度どこを見渡しても、目移りしてしまうほどオシャレ♡

■ランチは事前予約がおすすめ!ゆったり過ごすならカフェも◎

画像:MAYU

2階にはカフェがあり、ランチやドリンク、スイーツが楽しめます。

どれにしようか迷ったら『気まぐれプレート』(1,600円・税込)一択! お肉、魚介、野菜がバランスよく食べられるオーナー特製のおすすめランチです。※日によっておかずの内容変更あり

器選びにもこだわったそうで、各メニューと合わせてチェックしてみてくださいね。

画像:MAYU

ランチと一緒に注文できる『セットドリンク』(150円・税込)のセットがお得♡ 筆者は、和歌山県産のみかんを使った『ミカネード』をチョイス。期間限定なので、訪れた際はご賞味あれ!(※2023年2月中旬ごろ予定)

画像:MAYU

ランチ・ドリンクと一緒に注文できるミニデザート『ミニエスプレッソアフォガード』(250円・税込)もおすすめです。

画像:MAYU

デザートは別腹♡ ボリューム満点の『フレンチトースト』(550円・税込)は、熱々のフレンチトーストの上に冷たいアイスがのっています。甘さ控えめでおいしくいただけます。

<店舗詳細>
offshore Cafe and Works(オフショアカフェアンドワークス)
住所:和歌山県有田郡湯浅町湯浅3035
電話番号:073-720-5131

【関連記事】ラブコールに応えて♡ 和歌山発のアクセサリーブランドが初の実店舗をオープン

こだわりが光る空間にワクワクするだけでなく、すてきなオーナーご夫婦との会話でさらに楽しさ倍増! 初めて訪れた筆者もすでに大ファンに♡ 和歌山に行ったらぜひ訪れてみてください。(取材・文/MAYU)

【画像】
※ MAYU/offshore Cafe and Works

最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。





必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】

■ 髪のお悩みはシャンプー・コンディショナーでトータルケア! 「セグレタ」っていつから使うべき?
■ 阪急うめだ本店で「北欧フェア2024」を開催! 幸せな暮らしのヒント探しにでかけよう
■ 【ジブリに会える!】「金曜ロードショーとジブリ展」を京都市京セラ美術館で開催中!
■【四国水族館】撮りたい、見たい!体験したことのない景色を目指して。
■【ルクア大阪】どこよりも種類豊富な「Teva」に興奮!この夏の大本命を探しに行こう
■大人も子どもも、きっと夢中になる。100年以上前から奏でられる“生きた音”の世界へ

Recommend あなたにおすすめ