TOP グルメ お魚はその日のお楽しみ!漁師の町でみつけた「海鮮グルメが食べられる古民家カフェ」

お魚はその日のお楽しみ!漁師の町でみつけた「海鮮グルメが食べられる古民家カフェ」

2022.09.26

海水浴や神社など、和歌山の観光スポットとして人気の加太エリア。

今回は、加太で獲れた新鮮なお魚料理が楽しめる『SERENO seafood&cafe(セレーノシーフード&カフェ)』をご紹介します。

■朱色の暖簾が目印!漁港近くにある古民家カフェ

画像:Moi

今回ご紹介する『SERENO seafood&cafe(セレーノシーフード&カフェ)』は、地元・加太で収穫された新鮮な海鮮を使ったお料理や、季節に合わせたスイーツやドリンクが楽しめるお店です。

画像:Moi

お店は住宅街の中の細い路地を歩いた先にあり、パッと目を引く、鮮やかな朱色の暖簾に書かれた“SERENO”の文字が目印です。“SERENO(セレーノ)”とは、イタリア語で晴天という意味。漁師町として賑わいを見せる加太の地に、ぴったりの名前ですね。

■築100年の古民家と現代を融合したカフェ

画像:Moi

外観とは打って変わり、スタイリッシュな内装の店内。

画像:SERENO seafood&cafe

元々、離れとして使われていた築100年の古民家を活用し、街のプロジェクトの一環でカフェとしてリノベーション。内装コンセプトは、古民家らしさも残しつつ、現代をイメージし、無機質を融合させた空間。

画像:Moi

「おしゃれな空間で地元で獲れた新鮮な魚介を使ったお料理をお客様に楽しんでもらえるように」という、加太出身の店主の想いがたくさん詰まっています。

■加太の漁師が獲れた新鮮な海鮮料理

画像:Moi

数量限定の『加太の海の恵み定食』(1,450円・税込)は、日替わりのお魚・ごはん・お味噌汁・一品・小鉢・香物が付いています。

画像:Moi

海鮮・にんじんやかぼちゃのかき揚げは、お塩で頂きます。

同店で提供されるお魚は、加太漁港の漁師である店主のお父さんや、その漁師仲間から仕入れているのだとか!

画像:Moi

お魚は、お刺身・湯引き・炙りの3種類。その日によって獲れるお魚が違うため、どんなお魚が出てくるかは、当日のお楽しみ!

■季節限定!自家製梅シロップを使った梅ソーダ

画像:SERENO seafood&cafe

例年、和歌山の青梅が出回る時期に梅シロップを仕込み、出来上がり次第提供となる季節限定メニューの『紀州南高梅ソーダ』(550円・税込)は、バニラアイスを追加して、フロート(+150円・税込)で頂くこともできますよ!

※2022年の梅ソーダの提供は終了しています。

<詳細情報>
SERENO seafood&cafe(セレーノシーフード&カフェ)
住所:和歌山県和歌山市加太1455
電話番号:073-499-7017
営業時間:11:30~17:00(ランチL.O.14:30/オールL.O.16:30)
定休日:火曜日・水曜日

【関連記事】知らなかった魅力がたくさん!「和歌山・白浜町のおすすめスポット」11選

加太の魅力がたっぷり詰まった『SERENO seafood&cafe』。落ち着いた古民家カフェで、地元の食材を味わってみてはいかがでしょうか?(取材・文/Moi)

【画像】
※ SERENO seafood&cafe/Moi

最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。





必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】

■ 阪急うめだ本店で「北欧フェア2024」を開催! 幸せな暮らしのヒント探しにでかけよう
■ 【ジブリに会える!】「金曜ロードショーとジブリ展」を京都市京セラ美術館で開催中!
■【四国水族館】撮りたい、見たい!体験したことのない景色を目指して。
■【ルクア大阪】どこよりも種類豊富な「Teva」に興奮!この夏の大本命を探しに行こう
■ 梅乃宿ワクワクほろよいFes2024~飲む人も飲まない人も一緒に乾杯!~
■大人も子どもも、きっと夢中になる。100年以上前から奏でられる“生きた音”の世界へ
■【京都競馬場】はケイバだけじゃない!女性専用スペース「UMAJO SPOT」って!?

Recommend あなたにおすすめ