TOP グルメ 知らなかった魅力がたくさん!「和歌山・白浜町のおすすめスポット」11選

知らなかった魅力がたくさん!「和歌山・白浜町のおすすめスポット」11選

2022.09.09

リゾート地としても有名な和歌山の“白浜エリア”は、大人から子どもまで楽しめる関西屈指の人気観光地。

今回は、和歌山県白浜町のおすすめスポットをまとめてご紹介します。動物園・水族館・遊園地の魅力が詰まったおでかけスポットや、白浜の絶景を楽しめるヴィラなど、見逃せません!

■おでかけ
(1)動物園・水族館・遊園地の魅力が詰まった「アドベンチャーワールド」
■宿泊スポット
(1)全室離れ形式で完全プライベート「XYZリゾートスペチアーレLimited12」
(2)白浜の絶景を楽しめる「SHIOSAI TERRACE PREMIUM GLAMPING RESORT」
(3)様々な過ごし方が楽しめる複合施設「MUYA」
(4)自然の中でグランピングができる絶好のロケーション「In the Outdoor白浜志原海岸」
(5)車で行ける無人島にハイクラスなグランピング施設「An Eland」
(6)日帰りでも楽しめる宿泊スポット「SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE」
(7)1棟限定ラグジュアリーヴィラ「VILLA TSUBAKI」
■お土産
(1)ここでしか買えない4種類のお土産「アドベンチャーワールド」
(2)和歌山に来たら絶対持ち帰りたい「白浜プリン」
(3)カカオ本来のおいしさを味わえるチョコレート専門店「K型 chocolate company」

■おでかけ

(1)動物園・水族館・遊園地の魅力が詰まった「アドベンチャーワールド」

和歌山県白浜町にある『アドベンチャーワールド』は、140種1400頭の動物が暮らす、動物園、水族館、遊園地を1日で楽しめるテーマパークです。

画像:MAYU

『アドベンチャーワールド』には2022年7月の時点で、7頭のパンダが暮らしています。そのうち白浜で誕生した『桜浜(おうひん)』『桃浜(とうひん)』『結浜(ゆいひん)』『楓浜(ふうひん)』の4頭には、希少動物繁殖センター『パンダラブ』で会うことができます。

ガラス越しではなく、肉眼で愛らしいパンダファミリーを見ることができるエリアで老若男女に大人気! 笹を食べている姿に終始癒やされること間違いなし♡

<詳細情報>
パンダラブ
公開日時:毎日10:00〜16:30(時期やパンダの体調により異なります)

画像:MAYU

『ブリーディングセンター』には、大家族のお父さん『永明(えいめい)』や『良浜(らうひん)』『彩浜(さいひん)』が暮らしています。ぜひ愛らしいパンダに会いに訪れてみてください。

<詳細情報>
ブリーディングセンター
公開日時:毎日10:00〜15:30(時期やパンダの体調により異なります)

画像:MAYU

また、マリンライブ『Smiles』では、トレーナーとイルカが繰り広げる迫力満点のパフォーマンスを楽しむことができます。

会場は白浜の絶景を一望できる高台に設置された『ビッグオーシャン』。約20分間のライブ中、会場からは歓声が湧き上がるシーンも! ぜひ会場で感動のワンシーンを体験してみてください。

<詳細情報>
マリンライブ『Smiles』
会場:ビッグオーシャン
開催日時:毎日・1日2〜3回(タイムスケジュールは日により異なります)
料金:無料
所要時間:約20分

画像:MAYU

そして、肉食動物や草食動物が暮らしている『サファリワールド』では、アフリカゾウにおやつをあげられる『アフリカゾウフィーディング』(有料)が行われます。長い鼻を伸ばして、器用に食べる姿に興奮!

<詳細情報>
アフリカゾウフィーディング
受付:(1)WEBチケットストアで販売(2)現地受付販売(先着順)
実施日:公式HPをご確認ください。(※小雨決行・荒天中止)
実施時間:(1)10:40〜11:30(2)16:00〜16:50
定員:【WEB受付】100カップ(1人最大3カップ 1組最大5名)【現地受付】 時間内に並んだ方(1組1カップ)
料金:1カップ1,000円(税込)

画像:MAYU

『サファリワールド』内はとても広いので、列車タイプの専用車『ケニア号』(無料)がおすすめです。所要時間は約25分、ゆっくりエリア内を一周できるので車窓から動物たちを眺めてみてください。

また、家族や自分達だけでのんびりと楽しみたい方は、貸し切りの専用カートに乗って周ることができる『カートサファリ』(1台5,000円・税込)もおすすめです!

<詳細情報>
カートサファリ
受付:ケニア号乗場チケットカウンターで当日受付
実施日時:毎日10:40〜15:00(※小雨決行・強風中止)
※ナイト営業時:10:40〜17:00
所要時間:60分
料金:5,000円(1台最大5人まで)
※台数に限りがあります
※時間予約が埋まり次第受付終了

画像:MAYU

そして、『アドベンチャーワールド』内には、野外・屋内それぞれに様々な乗り物が楽しめるアトラクションがあります。野外には観覧車やジェットコースターなど、子どもも大人もワクワクするものばかり!

おすすめは、雨の日でも楽しめる屋内エリア『エンジョイドーム』。他のエリアに比べて、子ども向けの小さなアトラクションが多いので親子で楽しむことができますよ。

画像:MAYU

『アドベンチャーワールド』で食事を楽しめる代表的なスポットが、『サファリワールド』の入口に近い場所にある『サファリレストラン Jambo(ジャンボ)』。

サファリをイメージしている店内は、子どもや大人にも大人気。ゆったりと座れる椅子とテーブルがあり、小さな子ども連れも安心して来店できますよ。

そして、子ども連れの方には無料で塗り絵と色鉛筆のプレゼントが! 待ち時間も楽しく過ごしてほしいという思いが込められているのだそう。

画像:MAYU

他にも、小腹が空いた時に、パクッと手軽に食べられる『ふたごパンダ肉まん』(2個セット600円/単品350円・税込)や注文すると選んだソフトドリンクを入れてくれる『パンダドリンクボトル』(1,500円・税込)もパーク内の飲食店各所で販売されています!

<詳細情報>
アドベンチャーワールド
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
電話番号:0570-06-4481(代表)
営業時間:10:00〜17:00
定休日:不定休

■宿泊スポット

(1)全室離れ形式で完全プライベート「XYZリゾートスペチアーレLimited12」

画像:株式会社オージャス

2021年夏にオープンした『XYZリゾートスペチアーレLimited12』は、ニューノーマルに合わせた“非接触型”が特徴の宿泊施設です。

部屋は全部で12室。全室離れ形式なので、完全プライベートな時間を過ごすことができます。

画像:株式会社オージャス

また、ルームインダイニング形式を取ることで、チェックイン、チェックアウト、食事は、客室に併設された専用個室にて提供しています。

画像:株式会社オージャス

そして、露天風呂は電動開閉式で、サンセットや満天の星空を独り占めしてリラックスするのも◎。他のゲストと接触することなく、安心してプライベート空間を楽しみたい方におすすめですよ!

<詳細情報>
XYZリゾートスペチアーレLimited12
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町椿1063-21

(2)白浜の絶景を楽しめる「SHIOSAI TERRACE PREMIUM GLAMPING RESORT」

画像:ブッキングリゾート

2020年8月、和歌山・白浜エリアにある『シオサイテラス』のリニューアルオープンによって誕生した『SHIOSAI TERRACE PREMIUM GLAMPING RESORT(シオサイテラス プレミアムグランピングリゾート)』。

画像:ブッキングリゾート

白浜の眺望を部屋から楽しむことができるこちらのドームテントは、スタンダードテラスに加え、スタンダードテラスのドーム型テントが2つ配置されたツインテラスに、1室だけのプレミアムテラスも。ツインテラスは友達同士や二世帯での利用に最適です!

画像:ブッキングリゾート

全室エアコン完備でアメニティーも充実しており、アウトドア初心者でも安心です。

画像:ブッキングリゾート

黒毛和牛のステーキやスキレット料理など、和歌山エリアのハイクオリティな食材を使用したグランピングBBQも見逃せません!

<詳細情報>
SHIOSAI TERRACE PREMIUM GLAMPING RESORT(シオサイテラス プレミアムグランピングリゾート)
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399-3

(3)様々な過ごし方が楽しめる複合施設「MUYA」

画像:MAYU

元白浜農協ビルをリノベーションした『MUYA』。街の賑やかな雰囲気とは一変し、静かでどこか懐かしい雰囲気に包まれた路地裏にお店があります。

画像:MAYU

1階は喫茶となっており、2階にある洋服などの物販ルームでは、オーナーの撫養さんが手がける洋服を試着・購入することができます。ユニセックスなので、男女兼用も可能。

画像:MAYU

3階は、1日1組限定の客室になっており、こだわりが光る家具や空間に囲まれてのんびりと過ごすことができますよ。白浜観光の際におすすめしたい客室です。

画像:MAYU

1階の喫茶では、喫茶といえば外せないドリンク『クリームソーダ』(600円・税込)を味わうことができます。夏の暑い日にスカッと飲みたい人気のドリンクメニューです。昔ながらのアイスクリームも添えられていて、デザート感覚でも楽しめます。

画像:MAYU

おすすめは『コーヒーゼリー』(570円・税込)。コーヒーゼリーとキャラメルムースの2層になっており、仕上げに甘さ控えめのホイップクリームが添えられています。コーヒーのさっぱり感とキャラメル・ホイップクリームの甘さが絶妙です。

画像:MAYU

スイーツメニューの中でも人気の『ベイクドチーズケーキ』(570円・税込)。スイーツは店内で丁寧に焼き上げられており、「また食べたい」と思うほど美味しいそうです。

画像:MUYA

また、ゴルゴンゾーラの季節の野菜スープ、グリルソーセージ、人参のラペ、マッシュポテト、2種類のパンからひとつチョイスする『スープランチ』(1,350円・税込)は、和歌山県出身のオーナーが営む『中村食糧』のパンを使用しており、美味しいと人気なんだそう。

ぜひ、喫茶だけではなくランチにも訪れてみてくださいね。

※スープランチは数量限定

<詳細情報>
MUYA
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1946
営業時間:12:00〜17:00(ランチメニューは12:00〜13:30)
定休日:火曜・水曜・木曜

(4)自然の中でグランピングができる絶好のロケーション「In the Outdoor白浜志原海岸」

In the Outdoor志原海岸

画像:MAYU

和歌山県白浜町に施設を構える『In the Outdoor白浜志原海岸』。どこを見渡しても自然に囲まれていて、街の喧騒から離れて過ごせる非日常空間になっています。

全12棟・16室の客室がある『In the Outdoor白浜志原海岸』は、キャビンやテントなどそれぞれ異なるデザインや部屋タイプから選べるのもポイント。友人やカップル、家族や大人数などシーンに合わせてチョイスすることができます。

In the Outdoor志原海岸

画像:MAYU

コテージタイプの『プライベートキャビン with NORN』は、愛犬と一緒に宿泊ができ、専用の庭が付いているのでプライベート空間でゆったりと過ごすことができます。

In the Outdoor志原海岸

画像:MAYU

どの部屋もデザイナーが監修しているためとってもオシャレ! 家具にもこだわっており、高級感溢れるコテージに感動しました。

In the Outdoor志原海岸

画像:MAYU

『In the Outdoor白浜志原海岸』は、アメニティー類が充実しているので、アウトドア初心者でも手ぶらで訪れることができます。シャワールームはキレイに整えられており、パウダールームも完備しているホテルのような設備が揃っています。

In the Outdoor志原海岸

画像:MAYU

『プライベートキャビン with NORN』は部屋にすべての食材を用意してもらえるので、自分の好きな時間に支度を始められます。

メニューは、グリルで焼き上げる『紀伊国みかんどりの焼きタコライス』と『真鯛の紙包み焼きプロヴァンス風』の他にも、ステーキや焼きリンゴなど、地元・和歌山産の食材が思う存分堪能できるメニューが多く用意されています。下準備がされており、自分で仕上げるだけなのでとっても手軽です。

※部屋タイプによって部屋・ロングハウスでの食事となります

In the Outdoor志原海岸

画像:MAYU

どの部屋にも薪と焚き火台が完備されているので、夕食後のんびり焚き火をしながら星を眺めてゆったりと過ごすことも。自然に囲まれた立地ならではの絶景を堪能できます。

『In the Outdoor白浜志原海岸』は、自然豊かな『吉野熊野国立公園』内にあり、施設の徒歩圏内に志原海岸が一望できる展望台があるので、より雄大な景色を楽しむことができます♡

In the Outdoor志原海岸

画像:MAYU

朝食は、ホットサンドメーカーで仕上げるキューバサンドと、和歌山産の金柑と紀州みかんをふんだんに使ったフルーツヨーグルトなど、朝にピッタリなメニューを味わうことができます。

<詳細情報>
In the Outdoor白浜志原海岸
住所:和歌山県白浜町日置1875
電話番号:0739-34-3311(予約専用ダイヤル9:00〜19:00対応)
営業時間:チェックイン15:00/チェックアウト11:00
定休日:なし

(5)車で行ける無人島にハイクラスなグランピング施設「An Eland」

画像:ブッキングリゾート

関西で人気のリゾート地である和歌山・白浜にオープンする『An Eland(エランド)』。車でアクセスできる無人島にあり、1万坪を超える土地には全部で9棟のテントが設置されています。

『An Eland』のコンセプトである「大自然とデザインの融合。“非日常・異世界”を体験するハイクラスグランピング」の通り、上質なサービス・設備を用意しているとのこと。すべてのテントからは海が眺められるだけでなく、プライベートビーチも付いているんです!

画像:ブッキングリゾート

目を引く外観のドームテント内には、デザインにこだわった空間が広がります。1棟貸し切りだからこそ、プライベートを確保してゆったりと過ごすことができそうですね。

画像:ブッキングリゾート

白浜の壮大な海では、船釣りやクルージング、ダイビング、サンセットシーカヤックといった充実のマリンアクティビティを満喫することができます。全9組しか入れない無人島のグランピング施設だからこそ、人の目を気にせず存分に楽しむことができそうですね。

画像:ブッキングリゾート

また、バレルサウナも用意されていて、フィンランド式ロウリュを体験することができます。大自然に囲まれながらの“ととのう体験”で心身ともにリラックス。都会の喧騒や日々のせわしなさから離れ、この上ない安らぎを得られそうですね。

画像:ブッキングリゾート

また、アウトドア初心者にも配慮し、それぞれのテント専用のトイレ・バスルーム・食事スペースを設置。気心の知れた人だけが集まるテント内で、ストレスなく1日を過ごすことができそうです。子ども連れや女性同士の旅行にもうってつけ!

画像:ブッキングリゾート

3棟のテントが並ぶ『ペニンシュラゾーン』限定で、海との距離ゼロのインフィニティジャグジーを楽しめます。まるで水面に浮かんでいるかのようなリッチな体験を味わってみて。

画像:ブッキングリゾート

和歌山の温暖な気候で育った、四季折々の新鮮な食材をグランピングBBQで楽しめます。

メニューは、和歌山紀南地方の食材を使った前菜の季節のアミューズ3種や、紀州の魚を使った刺身サラダ、厳選された上質な熊野牛などを楽しめるグランピングBBQなど、地産の食材にこだわっています。

画像:ブッキングリゾート

BARスペースでは、インクルーシブサービスとして、フリードリンクや、ハーゲンダッツを無料で楽しめるサービスも! また、夜は地元ミュージシャンによる生演奏に加え、キャンプファイヤーといった非日常の夜を楽しむことができます。

<詳細情報>
An Eland~エランド~
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2368-3

(6)日帰りでも楽しめる宿泊スポット「SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE」

インフィニティ足湯

画像:SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

2018年3月、リニューアルによって誕生した宿泊施設『SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE(シラハマ キー テラス ホテル シーモア)』。紀伊の中心地点(KEY)・和歌山白浜の明るい未来を照らす(TERRACE)がホテル名の由来です。

インフィニティ足湯に浸かっている様子

画像:SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

日帰りでも楽しめる秘密は、宿泊者のみならず、すべての方が無料で利用可能な大足湯『インフィニティ足湯』。長さ30メートルあり、海と足湯の境目が一体化した圧巻のロケーションで、リラックスしながら白浜の海を眺めることができます。

足湯を楽しんだ後に足を拭くタオルの無料貸し出しもあるんです。

自家源泉の足湯で、昼は美しい青い海を、夕方には沈んでいく太陽を眺めるのもおすすめです。

ロビー&ラウンジ

画像:SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

また、ホテルのロビーやラウンジもゆったりして過ごしやすく、Wi-Fiや、プリンター(有料)完備のビジネスルームも無料で利用可能です。

TETTI BAKERY&CAFÉ

画像:SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

ホテルの中には、ベーカリー『TETTI BAKERY&CAFE』があります。

日本国内で製粉した、フレッシュで高品質の小麦粉『メゾンカイザートラディショナル』など、それぞれのパンに合わせて小麦粉を使い分けています。生地そのものが味わい深く、パンの種類も豊富です。

ブール・デ・ビスキュイ

画像:ikeari

おすすめ商品である『ブール・デ・ビスキュイ』(292円・税込)は、発酵バターを練り込んだ生地に、加塩バターを挟み込んでいます。

見た目はとてもシンプルですが、外側はカリッと香ばしく、甘くふんわりとしたパン生地とバターの塩気がたまりません♡

TETTO BAKERY & CAFE

画像:ikeari

他にも、北海道産の特別な発酵バターを使用した『クロワッサン』(216円・税込)は、ふんわりしながらもサクサクとした優しい食感、芳醇な香りが◎。

挽きたての豆で淹れるコーヒーやラテ等も販売されており、イートインスペースで食べることもできます。

浴衣ラウンジ

画像:ikeari

宿泊の際には、ロビー横に設置されたコーナーで、無料で好きな浴衣・帯を選ぶことができます。お気に入りの組み合わせを探して、浴衣姿で白浜の街を散策するのもよさそうです。

画像:SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

温泉地リゾートでもある白浜。もちろん、『SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE』でも温泉が楽しめます。

自家源泉の弱アルカリ性の温泉はとろりと肌にまとわりつくようなお湯で、立ち湯の露天風呂からは太平洋を一望できます。

画像:SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

『シャンプーバー』では、5種類のシャンプー・トリートメントが並んでおり、好みの香りを選べます。色とりどりのシャンプーが並んでいる姿はとってもキュートで、入浴前から楽しめるのは嬉しいですよね。

スイートルーム

画像:SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

他にも、『ピローセレクト』コーナーもあり、自分好みの枕を選んで快適な宿泊時間を過ごすことができますよ♡

<詳細情報>
SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE(シラハマ キー テラス ホテル シーモア)
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1821
電話番号:0739-43-1000

(7)1棟限定ラグジュアリーヴィラ「VILLA TSUBAKI」

『VILLA TSUBAKI』は、“誰にも邪魔させないプライベート空間”をコンセプトとして、関西でも有数のリゾート地として知られる1日1組限定の1棟貸し切り型のヴィラです。

画像:株式会社ブッキングリゾート

チェックインは、完全非対面のセルフチェックインを導入しているため、他の人と接触することなく完全なプライベート空間を楽しむことができます。

画像:株式会社ブッキングリゾート

自家源泉を保有しており、室内に3か所のお風呂、テラスに配置された露天風呂の計4つのお風呂で温泉をいつでも好きなタイミングで楽しむことができます。

デトックス、美白作用のある硫黄成分を多く含むことから「美肌の湯」と呼ばれているので、入浴で身も心も綺麗になります。

画像:株式会社ブッキングリゾート

また、ヴィラのテラスには、3.5×9mのプライベートプールが配置されており、リゾート気分を満喫できます。また、子どもも楽しめる50cm~100cmの浅いスペースが設けられているので、家族で楽しめます!

画像:株式会社ブッキングリゾート

テラスは露天風呂やプライベートプールだけでなく、日が落ちる時間帯には、幻想的な夕日を眺めることができるサンセットビューテラス。

また、屋根付きのBBQスペースも完備されており、悪天候でも楽しめる仕様になっています。

ヴィラには、自由に食事を持ち込めるので、テラスのBBQや備え付けのキッチンで調理し、パーティをすることができます。

出張料理サービスや周辺のレストランの利用も可能なので、宿泊時の気分に合わせた自由な食事スタイルを楽しむことができます!

画像:株式会社ブッキングリゾート

高級感溢れる完全プライベート空間。これだけ魅力があれば最高の宿泊体験ができること間違いなしですね!

<詳細情報>
VILLA TSUBAKI
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町椿1065

■お土産

(1)ここでしか買えない4種類のお土産「アドベンチャーワールド」

大人も子どもも一日中楽しめる『アドベンチャーワールド』では、絶対に喜ばれること間違いなしのお土産を購入可能です。

画像:MAYU

最初にご紹介するのは、『ぱんだの手むきみかんバウム』(1箱4個入り1,400円・税込)。可愛いイラストが描かれたパッケージは、なんとティッシュケースにもなるんです! 皆でシェアした後も、楽しく使うことができる工夫が施されています。

おすすめポイントは和歌山県有田郡にある『近畿大学附属湯浅農場』が栽培した『近大みかん』を使用していること。爽やかなみかんの甘みと風味が凝縮されたバームクーヘンです。おやつにピッタリなので、ぜひ手にとってみてください。

画像:MAYU

続いてご紹介するのは、絵本のようなパッケージが可愛いと話題の『パンダのしあわせものがたり』(1箱12個入り980円・税込)。パンダの形をしたイチゴとチョコ2種類のクッキーが入っています。

個包装なので、ばらまき土産にもピッタリ! 甘いクッキーを食べて、しあわせな気持ちになってみてください♡

画像:MAYU

続いてご紹介するのは、『パンダ月餅(げっぺい)』(1箱6個入り1,300円・税込)。パッケージに持ち手がついているので、そのままお土産として渡すことができます。

画像:MAYU

しっとりとした食感の小ぶりな月餅。白あんと栗子あんの2種類が入っているので、お茶やコーヒーなどお気に入りのドリンクと合わせて食べてみてください。

画像:MAYU

続いてご紹介するのは、白浜の定番土産として知られる『かげろう』(1箱10個入り1,080円・税込)。『アドベンチャーワールド』では、パンダのイラストが描かれた限定パッケージで販売しています。和歌山県内の方はもちろん、県外に在住している方にも喜ばれるお土産です。

画像:MAYU

外側はサクッとした食感で、中にバタークリームがサンドされた半生菓子の『かげろう』。パクッとひと口で食べられるサイズ感で、甘さ控えめなので食べ出したら止まりません! 人気のお土産をぜひ店頭でゲットしてくださいね。

<詳細情報>
アドベンチャーワールド
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
電話番号:0570-06-4481(代表)
営業時間:10:00〜17:00
定休日:不定休

(2)和歌山に来たら絶対持ち帰りたい「白浜プリン」

画像:MAYU

新鮮な海鮮や和歌山のお土産が勢揃いしている『とれとれ市場』で購入できる『白浜プリン』。お土産コーナーの一角にあり、レトロな雰囲気や愛らしいパンダのイラストが特徴的です。イートインも可能です。

画像:MAYU

カラメルソース付きで昔ながらの味わいが楽しめる『白浜プリン』(380円・税込)。串本町にある『おわし牧場』で作られた牛乳を使用しており、なめらかな食感が特徴です。プリンならではのシンプルな味わいを楽しみたいという方におすすめです。

画像:MAYU

甘めのプリンが好きな方は、『チョコ』と『まっちゃ』(各400円・税込)がおすすめです。チョコには甘みが凝縮され、抹茶には宇治抹茶と小豆が入っており和テイストのプリンとなっています。

画像:MAYU

また、和歌山らしいフレーバー『うめ』と『みかん』(各400円・税込)も購入可能です。うめには甘露煮にした国産梅が1粒入っていて、みかんはさっぱりとした酸味が効いています。和歌山に来たら一度は食べてほしいおすすめのフレーバーです。

画像:MAYU

さらに、お土産として魅力的なポイントは、可愛すぎる『白浜プリン箱』(50円・税込)。牛乳パックに見立てたデザインでどこか懐かしいレトロ感があり、『白浜プリン』が4個入ります。

※紙袋は有料(小 30円/大 50円)ですが、3,000円(税込)以上の購入で無料です。

<詳細情報>
白浜プリン
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521(とれとれ市場内)
電話番号:0739-45-0152(事務所)
営業時間:8:30〜18:30
定休日:なし ※とれとれ市場に準ずる

(3)カカオ本来の美味しさを味わえるチョコレート専門店「K型 chocolate company」

和歌山県だけではなく他府県の書店やカフェ、バーにも出店されている『K型 chocolate company』。「香料や副材料を使わずカカオ豆本来の味がするチョコレートを広めたい」という想いの元、カカオ豆の仕入れから、焙煎、磨砕、成型といった全ての工程が店内で行われています。

ガーナチョコレート

画像:K型 chocolate company

「“本来のカカオ豆の味”に初挑戦!」という方におすすめなのは、『ガーナ』(830円・税込)。日本で一番ポピュラーであるガーナ産カカオは、馴染みのある味わいです。

西アフリカに位置するガーナをイメージした水牛モチーフのオシャレなパッケージは、つい飾りたくなりますね。

タンザニアチョコレート

画像:K型 chocolate company

『タンザニア』(880円・税込)。こちらのチョコレートはベリー風味を強く感じることができます。

パッケージや原材料表示を確認しても、フランボワーズやいちごといったものは入っていません。産地が違うだけで、ベリーの酸味と甘みを感じるチョコレートになったり、お馴染みの味になったりするなど、カカオ豆の奥深さを感じられます。

ハイチチョコレート

画像:K型 chocolate company

『ハイチ』(850円・税込)は、軽いフルーティーな味わいのあと、ナッツのような香ばしさを感じられるチョコレートです。後味もすっきりしておりバランスがよく、味の変化に深みが感じられる満足感の高い一品です。

パッケージは、スペイン語で“波”と言う意味をもつ『ola』という絵画作品。抽象画で白浜の海が描かれており、お土産にもピッタリです。

<詳細情報>
K型 chocolate company
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1197-18
営業時間:10:00〜18:00
定休日:水曜日
駐車場:店舗近くに5台(詳細はお店のInstagramをご確認ください)

いかがでしたか? 和歌山を訪れた際はこの記事を参考にして白浜を満喫してください♡(取材・文/ikeari・MAYU・anna編集部)

【画像・参考】
※ 【2020.8月リニューアルオープン】和歌山初のドーム型グランピング施設-シオサイテラス – PR TIMES
※ ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた非接触型高級温泉宿の構築 - @Press
※ 自然に近い距離でアウトドアを楽しめるグランピング施設「In the Outdoor白浜志原海岸」が和歌山県白浜町に6月初旬頃オープン - PR TIMES
※ 【2022.7.16グランドオープン】関西屈指のリゾート地、和歌山県白浜。全室オーシャンビュー、至高の"非日常"体験を楽しむハイクラスグランピング【An Eland~エランド~】 - PR TIMES
※ 【2021年GWオープン】和歌山白浜の1棟限定ラグジュアリーヴィラ【VILLA TSUBAKI】 - PR TIMES
※ SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE/MAYU/MUYA/K型 chocolate company

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】
■ファンデなのに美容液!?「マキアージュ」の新作クッションファンデーションできれいが加速!
■仕事や家事の合間などに!ほっと一息つくおすすめの方法をご紹介
■【無料でもらえる】お金との付き合い方で将来のハッピー度が変わる!?「マネープラン」の立て方を大公開!

今行きたいスポットをチェック♡【AD】
■ちょっと気になる「ドモホルンリンクル」、阪急うめだ本店で直接お試しできるんです♡
■【大阪・中之島】大人の女性におすすめ!インテリアショップ「RICH EMOTIONS」って知ってる?

Recommend あなたにおすすめ