TOP グルメ 和歌浦湾を一望!「映画のような世界観が楽しめる食堂」【和歌山県和歌山市】
しらす丼

和歌浦湾を一望!「映画のような世界観が楽しめる食堂」【和歌山県和歌山市】

2022.04.12

和歌山といえば、新鮮な海鮮料理を連想される方も多いのではないでしょうか。

今回は、絶景の海を眺めながら、海鮮料理を楽しめる『わかうら食堂』をご紹介します。

■まるで映画のワンシーンのよう♡その正体は食堂!

外観

画像:わかうら食堂

『わかうら食堂』は、和歌山市・和歌浦港の高台にあります。まるで映画にでてくるような建物は、築90年の元・料亭をリノベーションされたものです。

駐車場は、『和歌浦漁港』内にある一般有料駐車場を無料で利用することができます。(40台)

■窓側席は予約必須!海が一望できる絶景スポット

内観②

画像:わかうら食堂

座席は80席もあり、店内は広々とした昭和レトロな空間です。

窓際の景色

画像:Moi

こちらは、窓側の席から一望できる絶景の海! この景色を眺めながらのお食事は格別ですね。

画像:わかうら食堂

窓側の席は人気のため、事前の予約で指定するのがおすすめです。

※予約できる席数には限りがあります。/時間制限がある場合があります。

■ここでしか味わえない!地産地消の海鮮料理

お食事メニューは、魚料理をはじめ、天ぷら、ハンバーグなどの定食や御膳、丼など、豊富なラインアップです。

画像:Moi

こちらは、数量限定の『WAKA_SYOKU丼』(1,980円・税込)。ごはんが見えないくらい、盛られた新鮮なお刺身に心躍ります! 大人気メニューのため、早い者勝ちです。

画像:Moi

こちらは、『灰干さんま定食』(1,200円・税込)。

画像:Moi

定食の白ごはんは+200円(税込)で、豪華なしらす丼に変更することができるんです! 和歌浦港で収穫されるしらすは、『わかしらす』と名付けられているんだとか。獲れたてのしらすは、ツヤツヤと柔らかく絶品です。

画像:Moi

灰干さんまは、脂がのっていて柔らかくしっとりした味わい。実は、こちらの灰干さんまも和歌山のもの。地元産の食材を堪能できるところも、お店の魅力のひとつではないしょうか。

<店舗詳細>
わかうら食堂
住所:和歌山県和歌山市新和歌浦4-16
電話番号:073-498-8311
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)/17:00~21:00(L.O.20:00)
※ディナータイムは土日祝のみ
定休日:不定休
※InstagramやFacebookにてご確認ください

【関連記事】グルメもアクティビティも◎地元民がおすすめする「和歌山・白浜町」のスポット5選

和歌浦港を眺めながら、地産地消の食材を楽しむことができる『わかうら食堂』。昭和レトロな店内で、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?(取材・文/Moi)

【画像】
※ Moi/わかうら食堂

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

\annaの情報がLINEで届きます/

友だち追加

この春に行きたいスポットをチェック♡【PR】
■大阪・吹田「ニフレル」に音を全身で体感する新ゾーンやミニカバの「テンテン」など「ニフレル」に触れてみない?
■この春の「EXPOCITY」はココが新しい!annaアンバサダーファミリーが体験レポ♡
■新店続々♡春のおでかけは「EXPOCITY」へ!友達&デートの最旬トレンドがいっぱい♡

必見!annaとっておき情報をご紹介♡【PR】
■シャワー用軟水器「ソフティナ・ポッド」の実力を検証!annaアンバサダーが体験してみた
■人には聞きづらい!口臭対策ってどうしてる?抽選で当たるプレゼントも!
■キッザニアおすすめのパビリオンを体験!本物のパソコンを組み立てる「パソコン工場」に潜入!

Recommend あなたにおすすめ