TOP グルメ ふわふわ氷にごろっごろのマンゴー♡ 「台湾グルメがおいしい古民家カフェ」【和歌山・紀の川市】

ふわふわ氷にごろっごろのマンゴー♡ 「台湾グルメがおいしい古民家カフェ」【和歌山・紀の川市】

2022.07.22

2021年、和歌山県紀の川市にオープンした『台湾カフェ 枸杞花(くこはな)』。オープン当初から魯肉飯(ルーローハン)が人気で、2022年の夏には、暑い日に食べたい夏にぴったりのメニューも登場しました!

今回は、ますます目が離せない話題の台湾カフェをご紹介します。

■どこか懐かしさ漂う古民家カフェ

画像:台湾カフェ 枸杞花

国道24号線沿いから、脇道を入ったところにある古民家が『台湾カフェ 枸杞花』です。お店の入り口は、建物の正面左側にあります。

画像:Moi

お店入り口の門に書かれた「出入平安」という文字。「玄関を通る人々の平安と安全を守る」という意味があるのだそう。

画像:Moi

古民家をリノベーションしたという店内は、広々としていて、縁側の席では庭を眺めながら食事をとることができます。

■夏にぴったりのひんやりメニューも!

画像:Moi

筆者が頂いたのは、主菜・本日の薬膳スープ・飲茶・春巻き・和え物・酢の物がセットになった『枸杞花ランチセット』(1,500円・税込)。

主菜は、魯肉飯(ルーローハン)・鶏肉飯(ジーローハン)・沙茶炒麺(サーチャーチャオメン)・魯肉麺(ルーローメン)・鶏肉麺(ジーローメン)の5種類から1つ選ぶことができます。

画像:Moi

今回は主菜に『魯肉飯』を選択。豚肉は甘辛く煮込まれ、ほろほろと柔らかい舌ざわり♡ 八角が味を引き締めていて、よいアクセントになっています!

画像:台湾カフェ 枸杞花

2022年6月から提供されている『魯肉麺(ルーローメン)(写真左)』と『鶏肉麺(ジーローメン)(写真右)』(各1,500円・税込)は、今の時期だけ食べられる夏季限定メニューとしておすすめですよ!

■ふわふわ氷で暑さも吹き飛ぶ!「雪花冰しぇほぁびん」

画像:台湾カフェ 枸杞花

こちらも暑い夏にぴったりのメニュー! 台湾かき氷の『雪花冰しぇほぁびん』(1,200円・税込)は、マンゴー味と和風きな粉味の2種類。

マンゴー味は、杏仁ゼリーとたっぷりのマンゴーの果肉がトッピングされていて、中にジャスミン茶ゼリーとバニラアイスクリームが入っています。

画像:台湾カフェ 枸杞花

和風ミルク味は、ピーナッツ・あんこ・豆花(トウファ)がトッピングされていて、中にはウーロン茶ゼリーと杏仁アイスクリームが入っています。

どちらもボリューム満点! ふわふわで軽い舌ざわりのかき氷なので、パクパク食べられちゃいますよ。

■テイクアウトは予約必須!台湾名物屋台フード♡

画像:台湾カフェ 枸杞花

また、同店ではテイクアウトも大人気!

『お弁当』(600円・税込)をはじめ、台湾風唐揚げの『ジーパイ』(520円・税込)や『揚げ胡麻団子』(400円・税込)、『台湾カステラ』(季節限定味 800円/プレーン 750円・各税込)といった豊富なラインアップで、来店時間を事前に伝えておくと出来立てを用意してくれます。

自宅やピクニックなどで、ひと味違うお弁当が楽しめますよ。

<店舗詳細>
台湾カフェ 枸杞花
住所:和歌山県紀の川市打田1334-1
電話番号:0736-79-3336

【関連記事】どこを撮ってもステキ…!「いちいち可愛い」アンティークカフェ【和歌山初上陸】

台湾カステラのテイクアウトは人気なので、電話で取り置きするのがおすすめです。あなたも絶品台湾グルメを味わってみてはいかがでしょうか?(取材・文/Moi)

【画像】
※ 台湾カフェ 枸杞花/Moi

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

編集部おすすめ情報!
■【マンガ】きゅんきゅんが止まらない♡こじらせ女子の社内恋愛ラブストーリーをチェック

■【anna初イベント開催決定】親子で楽しく遊んで、学べる体験型イベント「みっけ展 supported by anna」が12月に開催!

■【大阪】遊覧船「御舟かもめ」の船長が日常から離れた最高の時間へご案内

必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】
■【ウラリエ&annaが行く星野リゾート旅:第2回】「西表島ホテル」で未知なるジャングル&マングローブ探検へ♡

■【12月25日(日)まで開催中】京都の夜を夢幻に染める「NAKED GARDEN ONE KYOTO」に行こう!

■【フェムケア】って最近よく耳にするけど、どうしたらいい?

■秋冬も楽しめる♡【ウラリエ&annaが行く星野リゾート旅:第1回】「リゾナーレ小浜島」で贅沢な離島ビーチリゾート滞在♡

Recommend あなたにおすすめ