TOP おでかけ 冬の絶景が満喫できる!この冬行きたい京都のおでかけスポット4選

冬の絶景が満喫できる!この冬行きたい京都のおでかけスポット4選

2020.01.04

寒い日が続く今の季節は、暖かい場所で過ごしたくなりますよね。しかし、真っ白な雪が辺り一面にかかる雪景色は、冬にしか見られない貴重なもの。そんな景色を思いっきり楽しめる場所が京都にあるんです!

今回は、冬ならではの絶景が満喫できる場所や絶景を楽しみながらゆったりと過ごせる京都のおすすめスポットをご紹介します。

 

■1:日本三景で“幻の景色”が見られるかも?『天橋立』

長い年月をかけて自然に作られた地が天にかかる橋のように見えることから名付けられたという『天橋立』は、日本三景のひとつ。

画像:PR TIMES

冬は一面に雪がかかるため、普段とは全く違った絶景が楽しめます。寒い日には松の上まで雪に覆われますが、日が昇って気温が上がると松の雪が溶け落ちることがあり、その希少さは「幻の景色」とも言われています。

<施設情報>
天橋立公園
住所:京都府宮津市文珠 天橋立公園
電話番号:0772-22-8030

 

■2:日本の四季と歴史を満喫!天守閣の雪化粧がみられる『福知山城』

福知山市内の小高い丘に立つ『福知山城』は、明智光秀が築いた城の中で唯一天守閣があるお城です。

画像:PR TIMES

乱雑な積み方をされているように見える石垣は“野面積み”といわれているもので、自然石をうまく組み合わせおり、築城された当時の面影を見ることができます。

画像:PR TIMES

冬になると天守閣が真っ白く雪化粧し、歴史とともに日本らしい四季を感じる景色に。2020年1月11日(土)からは『明智光秀ミュージアム』も開催。美しい景色に加えて、城内では郷土資料を見ることができるなど、歴史に触れられる貴重な機会になりますよ。

<施設情報>
福知山城
住所:京都府福知山市字内記5
最寄駅:JR・京都丹後鉄道『福知山駅』
電話番号:0773-23-9564
営業時間:9:00~17:00(※入館は16:30まで ※2020年1月4日(土)~1月6日(月)は休館日)

 

■3:1日4組限定!景色の変化を感じられる 『琴のや はなれ 空遥』

丹後半島にある一軒宿『琴のや はなれ 空遥』は、客室は全てオーシャンビューになっている絶景が楽しめる宿。海を眺めながら入ることができる源泉100%掛け流しの天然温泉露天風呂からは、夕焼けや月夜に照らされ変化する海を満喫することができます。

画像:PR TIMES

丹後ならではの食材を生かした料理には、幻のカニといわれている“間人(たいざ)ガニ”や“松葉ガニ”をはじめ、黒アワビなどの海の幸が盛りだくさん。宿泊は1日4組限定のため、静かでゆったりとしたひと時を過ごすことができます。お祝いなどの特別な日に利用するのにもぴったりですよ。

<施設情報>
琴のや はなれ 空遥
住所:京都府京丹後市丹後町間人4793
アクセス:京都縦貫自動車道『綾部JCT』から約1時間
電話番号:0772-75-8066

 

■4:海と空と湯がひとつになる絶景を楽しめる『佳松苑はなれ 櫂』

画像:PR TIMES

『佳松苑はなれ 櫂(かい)』は、日本海を見下ろすことができる高台にあります。ここでは、“空”と“海”、そして“湯”がひとつになるような絶景の露天風呂を楽しめます。

画像:PR TIMES

天然温泉『海と空のインフィニティ露天風呂』では、お風呂に入りながら水平線を眺められ、日常を忘れることができるほどの絶景を楽しめます。

<施設情報>
佳松苑はなれ 櫂(かい)
住所:京都府京丹後市網野町浜詰669
最寄駅:京都丹後鉄道『夕日ヶ浦温泉』
電話番号:0772-74-9199

 

冬ならではの絶景が楽しめる場所がたくさんありましたね! 冬休みの旅行や特別な記念日に、ゆったりとお出かけしてみてはいかがでしょうか?(文/奥山りか)

【画像・参考】
「もうひとつの京都」News Letter 2019年11月号 – PR TIMES

この記事は公開時点での情報です。最新情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ