TOP グルメ あの有名店から限定品が登場!大阪・神戸で買える「手土産」スイーツ2選

あの有名店から限定品が登場!大阪・神戸で買える「手土産」スイーツ2選

2019.03.18

入学や引っ越しなど新生活にむけて準備をする人も多いこの季節。職場やご近所さんなど、挨拶をしに行く機会も増えてくるはず。

そんなときに必要な“手土産”。どこのどんなものがいいのか、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は2019年2月15日(金)放送の読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』の人気コーナー『まるトクZIP!』で紹介された“名店の手土産スイーツ”をご紹介します。

 

■1:あの堂島ロールで有名なモンシェールの限定スイーツ『苺の幸せ包み』

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

最初にご紹介するのが、今や国内に23店舗も展開し、海外にも進出している洋菓子店の名店『モンシェール』。18年前に元々教師だった社長が、旅行先のパリで街にスイーツが溶け込む光景に衝撃を受け、「日本のオフィス街にもこの光景を再現したい」と転職をしたのがきっかけで生まれたお店です。

2003年に第1号店を堂島のオフィス街に立ち上げ、現在では『堂島ロール』をはじめ、今やモンシェールを知らない人はいなほどの洋菓子店となりました。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

この『堂島ロール』 (1本 1,296円・税込)は、しぼりたてのミルクのような味わいの生クリームが絶品なスイーツです。通常のロールケーキは渦巻きですが、堂島ロールは“ひと巻き”。

当初は渦巻きだったそうですが、渦巻きだと時間もかかりどうにかならないかと考えた結果、時間がかからず、尚且つ生クリームをたっぷり中に入れることができる“ひと巻き”が誕生しました。

その後、この生クリームを使用した洋菓子が次々と大ヒットし今に至ります。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

現在、期間限定(2019年4月15日まで)で『苺フェア』が開催中! 中でも人気なのは苺のショートケーキをクレープ生地で包んだ新商品『苺の幸せ包み』(432円・税込)。中には苺が丸々入っており、中のスポンジはチーズケーキになっています。

堂島ロールとはまた違ったクリームを味わってみてはいかがでしょうか?

<店舗情報>
サロン・ド・モンシェール 本店
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1-13-21
最寄駅:長堀鶴見緑地線『心斎橋駅』
電話番号:06-6241-4499
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休

 

■2:神戸の超有名店『神戸風月堂』の元町店限定『抹茶「雲鶴」と和栗のパウンドケーキ』

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

あの超有名店、神戸風月堂を代表する手土産は、『ゴーフル』(8枚入 1,080円・税込)です。皆さんも1度は食べたことがあるのではないでしょうか? 香ばしい薄焼きの生地に、上品な甘さのクリームがサンドされたお菓子です。

このゴーフルにはいろいろな歴史が詰まっており、原点はなんと大正時代まで遡ります。大正15年、常連客がフランスの焼き菓子を持参したことがきっかけとなり、その後昭和2年、1枚1枚を炭火で焼きクリームを挟んだ『ゴーフル』が生まれました。

当時、画期的なお菓子として注目を浴びましたが、第2次世界大戦が勃発。空襲でお店はなくなってしまいます。しかしゴーフルは見事復活し、現在は神戸風月堂の宝として受け継がれています。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

ゴーフルだけではなく、たくさんの手土産を世に生み出してきた神戸風月堂ですが、元町店限定の新作商品があるんです。それが和栗がゴロゴロとお入った抹茶のパウンドケーキ『抹茶「雲鶴」と和栗のパウンドケーキ』(3,240円・税込)。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

栗も抹茶も両方の存在感があり、こちらのパウンドケーキは神戸風月堂の元町本店限定なのでおもたせにぴったりの一品です。

<店舗情報>
神戸凮月堂 元町本店
住所:兵庫県神戸市中央区元町通3-3-10
最寄駅:阪神・JR『元町駅』
電話番号:078-321-5598
営業時間:10:00~19:00
定休日: なし(※イートインは月曜定休)

 

いかがでしたか? どちらも超有名店ですが、期間限定商品や店舗限定商品は手土産に持っていくと必ず喜ばれること間違いなし! ぜひ足を運んでみては?(文/AYA TAKAGAKI)

【画像・参考】
※ 読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』(月曜~金曜 5時20分~)

この記事の情報は公開時点のものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ