TOP グルメ 【2022年】ドライブがてら楽しみたい♡ 淡路島「最新スポット」6選

【2022年】ドライブがてら楽しみたい♡ 淡路島「最新スポット」6選

2022.03.31

2022年も新スポットが続々オープンしている淡路島。中でも、グルメや宿泊施設が人気で、関西の中でも注目度の高い観光地です。

そこで今回は、2022年新たにオープンした“淡路島のおすすめスポット情報”をまとめてご紹介します。淡路島の地元グルメや天然温泉が楽しめるホテルなど、どれも自然を満喫しながら楽しめるスポットばかり!

■淡路市
(1)淡路島のレストラン&バー「Long」
(2)健康維持を目的としたウェルネスホテル「望楼 青海波」
(3)海賊料理レストラン「はじまりの島 海神人の食卓」
(4)自然に囲まれたサスティナブルガーデン「Awaji Nature Lab&Resort 自然循環型滞在施設・農園/自然と暮らし研究所」

■南あわじ市
(1)淡路島のスモールホテル「Nook the Peak~ヌークザピーク~」
(2)グローバル展開のホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット 兵庫南あわじ」

■淡路市

(1)淡路島のレストラン&バー「Long(ロング)」

画像:株式会社バルニバービ

2022年3月、淡路市の『Frogs FARM』内にオープンした全天候型のレストラン&バー『Long(ロング)』。

画像:株式会社バルニバービ

淡路島の食材を使ったメニューやカクテル、スイーツなどが楽しめ、海に面したカウンターは、圧巻のオーシャンビュー。そのほかにもインフィニティカウンター、寝転びながらゆったりできるボックスソファーなど、青い海、サンセット、静寂な夜の海と空を楽しむことができます。

<店舗詳細>
Long(ロング)
住所:兵庫県淡路市郡家1028-1 フロッグス・ファーム ピクニックガーデン内
電話番号:0799-70-9084
営業時間:【DAY TIME】11:00~15:00【SUNSET&DINNER TIME】15:00~22:00
定休日:なし

(2)健康維持を目的としたウェルネスホテル「望楼 青海波」

画像:株式会社パソナグループ

2022年3月、淡路市にオープンした『望楼 青海波(ぼうろう せいかいは)』。

発酵料理や天然ラドン温泉などを提供し、ライフスタイル改善によって人間が本来持つ免疫力を最大限に高め、健康を維持を目指すホリスティックウェルネスホテルです。

画像:株式会社パソナグループ

食事は、『醤(ひしお)漬けの明石天然鯛』や『淡路サクラマスの麹味噌漬け』など、淡路島の食材を使った発酵料理にこだわっています。

画像:株式会社パソナグループ

天然ラドン温泉では、『日本の夕陽百選』に選ばれた美しい夕陽を眺めることができます。

<スポット詳細>
望楼 青海波(ぼうろう せいかいは)
住所:兵庫県淡路市岩屋1833-4
電話番号:050₋3684₋4838

(3)海賊料理レストラン「はじまりの島 海神人(アマン)の食卓」

画像:株式会社パソナグループ

2022年3月、淡路市にオープンした海賊料理レストラン『はじまりの島 海神人(アマン)の食卓』。

ワールドグルメサミット日本代表マスターシェフの山下春幸さんが総合プロデューサーを担当し、2つの店舗で構成されたレストランです。

1階の『宴(うたげ)』は、淡路島の海産物や淡路牛、淡路鶏、玉ねぎなどを使用した“海賊料理”を提供する、約150席の店舗です。

2階の『桟敷(さじき)』は、淡路島のブランド牛である淡路ビーフや由良産の赤うに、鮑(アワビ)、伊勢海老など、高級食材を使った鉄板焼きやすき焼きを味わえる、約80席の店舗です。

どちらの店舗も淡路島の高級食材を活かしているので、気軽に淡路島の魅力を堪能できますよ♡

<店舗詳細>
はじまりの島 海神人(アマン)の食卓
住所:兵庫県淡路市野島常盤1042
電話番号:1F 宴 0799-70-9089/2F 桟敷 0799-70-9090
営業時間:1F 宴 【平日】11:00~21:00(L.O 20:00)【土日祝】10:30~21:00(L.O 20:00)
2F 桟敷 【全日・ランチ】11:00~15:00(L.O 13:30)【ディナー】17:00~21:00(L.O 19:30)
定休日:火曜日

(4)自然に囲まれたサスティナブルガーデン「Awaji Nature Lab&Resort 自然循環型滞在施設・農園/自然と暮らし研究所」

画像:株式会社パソナグループ

自然に囲まれた淡路市のサスティナブルガーデン『Awaji Nature Lab&Resort』内に、『自然と暮らし研究所』が2022年春に、『自然循環型滞在施設・農園』が秋にオープン。

『自然と暮らし研究所』は、企業や職人、大学、研究機関などのSDGs事業・自然循環型ものづくり事業の専門家が集まり、セミナーやSDGs事業の展示を行う施設です。

『自然循環型滞在施設・農園』は、施設の建設に使われている建材や内装材からアメニティまで、可能な限り自然素材を使用し、太陽光などの再生可能エネルギーを積極的に活用しているサステナブルな滞在施設です。

また、『Awaji Nature Lab&Resort』内には、自然に囲まれた4つのコンテンツが準備されており、環境に配慮した生活を学ぶことができます!

<スポット詳細>
Awaji Nature Lab&Resort 自然循環型滞在施設・農園/自然と暮らし研究所
住所:兵庫県淡路市野島常盤字源八1510-4
電話番号:0799-70-9082

■南あわじ市

(1)淡路島のスモールホテル「Nook the Peak~ヌークザピーク~」

画像:株式会社Nook

2022年3月、南あわじ市にオープンした『Nook the Peak(ヌークザピーク)』は、1日1組限定のスモールホテル。

画像:株式会社Nook

海側が全面窓になっており、“海しか見えない一日”を実現。オーナーが仕入れたこだわり食材を楽しみ、時計やテレビがない場所で時間を忘れてなにもしない時間を楽しむことができます。

<スポット詳細>
Nook the Peak(ヌークザピーク)
住所:兵庫県南あわじ市灘土生 ※詳細住所非公開
電話番号:080-7622-4403

(2)グローバル展開のホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット・兵庫南あわじ」

2022年12月、淡路島の南部・福良湾に隣接した南あわじ市に『フェアフィールド・バイ・マリオット・兵庫南あわじ』がオープン予定。

『マリオット・インターナショナル』が展開する30ブランドのうちの1つで、2022年末までに、9道府県で21のホテルを展開予定です。

画像:マリオット・インターナショナル

全100室の客室では、世界でも評判を集める心地よい空間にデザインされており、美しい景観、地元の食材や料理を楽しむことができます♡

画像:マリオット・インターナショナル

沢山の旅行者が地方の魅力を発見できるように、無料Wi-Fiや温かい朝食をはじめとした最高のサービスとホスピタリティを提供しているグローバルなホテルです。

【関連記事】関西初&滋賀初が続々!2022年にオープンした滋賀「最新スポット」9選[

さまざまなグルメや特別な宿泊施設が集う兵庫・淡路島。今回ご紹介した淡路島の自然と食を存分に楽しめる絶景スポットは、絶対に見逃せません!(文/anna編集部)

【画像・参考】
自社栽培の採れたて野菜や淡路島産食材など、地産地消の料理を提供 淡路島 畑の中のレストラン 『陽(はる)・燦燦(さんさん)』 10月31日オープン - PR TIMES
※ なにもしないを楽しむ。1日1組限定スモールホテル「Nook The Peak」2022年3月12日 淡路島にてOpen |2月26日20:00~ 宿泊予約受付開始 - PR TIMES
※ <淡路島西海岸「Frogs FARM」に全天候型のレストラン&バーが誕生>全長25mのカウンターと圧巻のオーシャンビュー。刻一刻と変化する海の表情を楽しむ「Long」3/12(土)19時オープン - PR TIMES
※ 国内各地の道の駅でフェアフィールド・バイ・マリオットがさらに拡大 - PR TIMES
※ ホリスティックウェルネスホテル『望楼 青海波』 3月 10 日より開業 ~発酵料理による美臓促進と天然ラドン温泉で身体の免疫力向上を目指すリゾートステイを提供~ - PR TIMES
※ 姿かたちをそのままに豪快に調理する“海賊料理”と淡路ビーフの鉄板焼・すき焼きを提供 『はじまりの島 海神人(アマン)の食卓』3月26日オープン - PR TIMES

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

\annaの情報がLINEで届きます/

友だち追加

必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】
■【7/31まで】抽選で新鮮野菜が当たる“コープこうべ×カゴメ”の「やさい探検クイズ」に挑戦しよう!
■【アンバサダーが実践!】「肌ラボ® 白潤」で叶える、紫外線に負けない“パーフェクトシンプル”なスキンケア
■サンスター管理栄養士に聞いた、「食べてできる口臭予防」って!?

今行きたいスポットをチェック♡【AD】
■出かけたくなる絶景がいっぱい!「びわ湖の日」動画で琵琶湖をおもう、ひとときを
■大阪・吹田「ニフレル」に音を全身で体感する新ゾーンやミニカバの「テンテン」など「ニフレル」に触れてみない?

Recommend あなたにおすすめ