TOP ライフスタイル 創業100周年!関西人のソウルフードの味を支える「オリバーソース」

創業100周年!関西人のソウルフードの味を支える「オリバーソース」

2023.02.02

粉もんに必須の材料といえば“ソース”! 関西人の心に染みる味を作り続ける『オリバーソース』の成功の歴史について教えていただきました。

今回は、2023年1月10日(火)に放送された読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』の『イマコレMITENA』から、『関西の創業100周年企業』の『オリバーソース』をご紹介します。

※この記事の価格、営業時間、販売期間などは2023年1月10日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

■創業100周年!粉もんには必要不可欠な「オリバーソース」

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

神戸市中央区にある『ポートアイランド』。こちらに2023年で創業100周年を迎える『オリバーソース』の本社があります。

関西人のソウルフード“粉もん”に欠かせないソースですよね。

■「オリバーソース」の歴史

『オリバーソース』の歴史は1923年(大正12年)、神戸に『道満調味料 研究所』を設立したことに始まります。

なんと日本で最初に“とんかつソース”を作ったのは、『オリバーソース』だったんだとか!

現在の代表取締役社長は、3代目の道満雅彦さんです。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

今製造している商品は220~230種類。過去のものも含めると1,000種類を超えるそう!

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

お好み焼き屋さんなど、業務用に販売しているものも多いんだとか。

■震災への想いが込められた「長期熟成ソース」

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

オシャレな容器に入ったこちらは、長期間熟成させたソース。今は発売していませんが、実は震災への思いが詰まった会社にとって特別な意味を持つソースなんだとか。

1995年1月に起こった、阪神・淡路大震災。

当時『オリバーソース』は、神戸市兵庫区にあり、社長はその4年前に就任。完成したばかりの本社と工場2棟が全焼しました。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

被災したときに残った釜があり、それを新しい今の工場へ持って来たそう。そのソースを震災からちょうど10年目、15年目、20年目に発売したのだとか。

今はソースの原液が全て無くなってしまいもう作れないそうですが、こちらでお供えをしています。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

工場のあった場所は、現在公園として整備されています。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

そこには、『オリバーソース』の記念碑も。

震災後の会社経営は大変でしたが、震災後に残った社員の生活を考え、現在の工場に移転したんだとか。

■阪神・淡路大震災を忘れないために…1月17日に必ず炊くソース

今も鎮魂を込めて1月17日に必ず炊くソースがあります。

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

こちらが、3年間熟成させた『クライマックス3年仕込みソース』。その仕込みの日は、震災の事を忘れないようにと、毎年1月17日に行っているんだそう。

■会社を100年長続きさせる秘訣

画像:読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』

最後に、会社を100年間続ける秘訣を教えていただきました。社長によると、ソースに集中すること、そして神戸で一生懸命に作り続けている会社であることが、ここまで継続できた理由なんだそう。

【関連記事】地元民も意外と知らない!? テレビで紹介された「551」豚まんの秘密

こだわりの商品を変わらず作り続けることが、長く愛される企業となる秘訣なのかもしれませんね。(文/Yuikomore)

【画像・参考】
読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』(月曜~金曜 5時10分~)

この記事の価格、営業時間、販売期間などは2023年1月10日(火)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。





必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】

■【期間限定】グランフロント大阪で スパイス&ハーブの夏グルメを楽しもう!

■【無料・お土産付き】お金の基礎を学ぶチャンス!「ytv 輝く未来のためのマネーセミナー」参加者募集!

■【四国水族館】撮りたい、見たい!体験したことのない景色を目指して。

■【ルクア大阪】どこよりも種類豊富な「Teva」に興奮!この夏の大本命を探しに行こう

Recommend あなたにおすすめ