TOP ライフスタイル 【開けたことある?】意外と見落としがち!たまに掃除しておきたい場所

【開けたことある?】意外と見落としがち!たまに掃除しておきたい場所

2021.10.07

突然ですが、戸建てのみなさん、家の周りの雨水管どうしていますか?

「そもそも雨水管ってなに……?」という人もいらっしゃるかもしれません。雨水管とは、その名の通り雨水が流れ落ちる場所で、敷地内や道路に設置してあります。

そこで今回は、そんな“見落としがちな場所”である雨水管の掃除テクニックをご紹介します。放っておくと後悔するかも……!?

■掃除したことがある人は少ないかも?見落としがちな「雨水管」

画像:ladybug-simplelife

筆者は新築時の引き渡しのとき、工務店さんに「たまに掃除してくださいね」と言われてから、年に1回程度覗いてみるだけで、それ以外は何もしていませんでした。ですが、数年前初めて掃除してみたんです。

狭小住宅の我が家は庭なんてほぼないのに、雨水管の位置が結構目立つ場所にあります。雨水管なので、雨が降ったときの水が基本流れ落ちるだけですが、泥やゴミも落ちているんだろうなと。

泥やゴミの汚れだけでなく、個人的に1番気になっていたのは“蚊”! 「ここから蚊が発生してるんじゃないか?」とずっと気になっていました。以前住んでいたマンションの駐輪場にやたら蚊が多かったのですが、どうやら排水溝のあたりから発生していたようなんです。

なので、蚊が気になる時期に全箇所開けて、掃除してみました。

■ネットを挟むだけ!汚れを溜めない掃除テクニック

画像:ladybug-simplelife

開けてみた結果、泥と枯葉と虫の死骸が数匹出てきました。

取れる分は何度かバケツにかき出す作業を。思っていたより汚れは溜まってなかったです。でも、数年も放っておいたら結構溜まっていきそう……!

予想していた蚊はいませんでした(笑)。

画像:ladybug-simplelife

ただ、やはり落ちていた枯葉や虫が気になるので、蓋を閉めるときにネットを挟むという方法を採用しました!

画像:ladybug-simplelife

100均などで売っている、園芸コーナーにあるようなネットをちょうどいいサイズに切って、蓋に挟みました。一応蚊も入って来ないようにと、網目が細かくなるように二重に!

ちょっとはみ出ていますが気にしません。むしろ開けやすいよう、はみ出でいるほうがいいかもしれないとプラス思考です。実際落ちないですし、開けやすかったですよ。

そのあと風の強い日や台風後に見に行くと、枯葉などが引っかかっていました。水はしっかり流れているので問題ありません。今はネットが劣化してきたら、取り換えついでに覗いて掃除しています。

【関連記事】当たり前をやめてみた!キッチン収納でわざわざ買わなくてもいいモノ3選

ネットをかけるだけで掃除の手間が減り、さらにゴミや虫の侵入を防ぐことができます。季節が変わって涼しくなり、蚊がいなくなってきて次に気になるのは枯れ葉たち。ちょうどこの時期に1度蓋を開けて覗いてみてはいかがでしょうか?(文/ladybug-simplelife)

【画像】
※ ladybug-simplelife





必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】


■ 【無料体験会実施中!】キッズたちが夢中になる面白さ!いま注目のロボットプログラミング教室「プログラボ」で楽しく学ぼう
■【2024年2月ニフレルNEWS】絵本作家と初コラボ「あなたも愉快な生きものだ!展」開催決定!!
■ 【星野リゾートのファミリー旅】子どもも大人も満喫! 「リゾナーレトマム」のアクティビティを制覇したい!
■【星野リゾートのファミリー旅】「リゾナーレトマム」に冬の夜限定で出現する氷の街「アイスヴィレッジ」を満喫!
■NYムード満載!「ヒルトン大阪」のいちごビュッフェは、ボリューム&アイデア満点なメニューが目白推し
■ 関西ホテルの「いちごビュッフェ」2024
■ セレブ気分で味わう、甘く美しく贅沢な“いちご時間”。「グランドプリンスホテル大阪ベイ」のアフタヌーンティー&ブッフェで春のご褒美

Recommend あなたにおすすめ