TOP グルメ ツヤッツヤのオムライスに脱帽…!土曜日のみ営業する「幻の洋食屋」

ツヤッツヤのオムライスに脱帽…!土曜日のみ営業する「幻の洋食屋」

2021.10.01

京都・東山にある『epice Okazaki(エピス岡崎)』は、レンタルキッチン・レンタルスペースとして利用でき、毎日違うオーナーがお店を展開しています。

今回は、このスペースで現在土曜日のみ間借り営業している『Mr.オムライス(ミスターオムライス)』をご紹介。

美味しいのはもちろん、そのビジュアルにも注目。いま話題の人気洋食店です。

■土曜日に間借り営業しているオムライス専門店

画像:けんけん

お店は京都市営地下鉄・東山駅から徒歩約7分。

『京都国立近代美術館』、『京セラ美術館』からすぐのところに店を構えていて、京都観光の際にも立ち寄りやすいです。

画像:けんけん

お店は2階建てで、1階で注文してから2階のテーブル席に進むスタイル。

大きな窓が印象的な2階は、外の光が差し込んでとても明るく、4人用テーブル席が5卓ほど、カウンター席4席ほどありました。

■ツヤツヤのオムライスに感動

画像:けんけん

時にはハヤシライスなど別メニューがあるようですが、提供される料理はオムライスが中心で、『のっけスタイル』『つつみスタイル』(各1,300円・税込)、『うす焼き巻きスタイル』(1,200円・税込)の3種類。

それぞれチーズ・ダブルチーズのトッピングが可能で、チーズが好きな方はぜひともダブルチーズを(200円・税込)を注文してみてほしいです。

画像:けんけん

筆者は『のっけスタイル』(1,300円・税込)を注文。のっけスタイルのオムライスが到着した瞬間、歓声が……!

見てくださいこのツヤッツヤのビジュアル。

ふんわり卵の上に優しくチーズが覆いかぶさっています。これぞ職人業。美しすぎていつまでも眺めたくなるほど。

画像:けんけん

後ろからも一枚。チーズのとろけ具合が最高。光が反射してきらめいていて、一層食欲が沸いてきます。

画像:けんけん

見た目だけではなく、もちろん味も美味しい。

チーズはそこまで主張しておらず、あっさり優しい味わい。チキンライスもパラパラ具合が絶妙で、嫌いな人がいないだろうと思う程、これぞオムライス!という感じでした。

画像:けんけん

『うす焼き巻きスタイル』(1,200円・税込)も追加でいただきました。

卵はふわふわではなく、焦げが少しついたしっかりめな感じで、昔ながらの懐かしいビジュアル。

画像:けんけん

食後に昭和感レトロ漂うかわいいグラスに入った『クリームソーダ』(セットに+300円)を注文。さくらんぼが大きくて美味しかったです。

<店舗詳細>
Mr.オムライス
住所:京都府京都市左京区岡崎成勝寺町1-8
最寄駅:京都市営地下鉄『東山駅』
電話番号:075-746-4655(10月は全日程予約受付終了のため、予約変更・キャンセルのみ)
営業時間:11:00~16:30(L.O.15:30)
定休日:月・火・水・木・金・日(※土曜日のみ営業)

【関連記事】会員制?すべてがかわいい♡ 韓国式のホームカフェがオープン【京都/東山】

いまやSNSで話題となり、事前に予約をしないと入れないほど人気に。土曜日にしか営業せず訪問のハードルは高いと思いますが、ぜひこのツヤッツヤのオムライスを一度ご賞味いただきたいです。(取材・文/けんけん)

【画像・参考】
※ けんけん

編集部おすすめ情報!
■【マンガ】きゅんきゅんが止まらない♡こじらせ女子の社内恋愛ラブストーリーをチェック
■【anna初イベント開催決定】親子で楽しく遊んで、学べる体験型イベント「みっけ展 supported by anna」が12月に開催!
■【大阪】遊覧船「御舟かもめ」の船長が日常から離れた最高の時間へご案内

必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】
■【12月25日(日)まで開催中】京都の夜を夢幻に染める「NAKED GARDEN ONE KYOTO」に行こう!
■【フェムケア】って最近よく耳にするけど、どうしたらいい?
■秋冬も楽しめる♡【ウラリエ&annaが行く星野リゾート旅:第1回】「リゾナーレ小浜島」で贅沢な離島ビーチリゾート滞在♡
■【きれいの秘密を聞いてみた!】料理家・桑原亮子さん流「シンプル」に暮らす日常メソッド

Recommend あなたにおすすめ