TOP ライフスタイル 使い方は自由自在!毎日の食卓を格上げするお箸『STIIK』をチェック

使い方は自由自在!毎日の食卓を格上げするお箸『STIIK』をチェック

2020.05.21

私たちの日々の食卓で欠かせないアイテム・お箸。ほぼ毎食と言ってもいいほど使用するお箸を少しこだわってみませんか?

今回はデザイン性はもちろん、機能性も抜群に優れた『STIIK』についてご紹介します。

 

■『STIIK』とは?

画像:PR TIMES

私たちは、和食以外にも中華やイタリアンなどさまざまな食事を日常的に楽しんでいます。そのため、スプーンやフォークを使用する機会も多いですよね! 今回ご紹介する『STIIK』(2膳1セット 3,000円・税抜)はどんな料理でも使用できる優れものなんです。

画像:PR TIMES

洗練されたデザインと、どんなメニューにも合う機能性を兼ねそなえているので、外国人からも注目度抜群◎。お土産や贈り物としてプレゼントしても喜ばれるアイテムです。

 

■現代日本人に合わせた長さで機能性も抜群◎

一般的にお箸は、江戸時代に定められた“一咫半 ( ひとあたはん )”という理想の寸法を基準に製造されています。これは親指と人差し指を広げた1.5倍の長さのことを指し、22cm~24cmが主流となっています。

画像:PR TIMES

しかし『STIIK』は“現代人にとっての一咫半”を研究し、新たに26cmという理想の寸法に改良! 使いやすく、どんな食事でも対応できる強靭さが備わったお箸に仕上がっています。

 

■デザイン性も高くおしゃれな食卓に

画像:PR TIMES

『STIIK』は機能性だけでなくデザイン性も◎。

画像:PR TIMES

世界三大デザイン賞の1つ『Red Dot Design  Award』や『Pentawards 』なども受賞しているんです!

 

■限定色も見逃せない!

画像:PR TIMES

限定色として新登場した『ガリ』。

画像:PR TIMES

その名の通り、洗練されたくすみピンクでガリを連想するピンク色。可愛すぎず、大人女子にもぴったり!

【関連記事】持っておくだけで料理が楽に!ロフト・オンラインで買える便利調理グッズ7選

2020年の東京オリンピックに合わせて販売予定だった『ガリ』は、2021年まで発売時期が延長になったんだそう。ぜひチェックしてみて♡(文/吉村すみれ)

【画像・参考】
カトラリーのような箸、STIIK | スティック が世界的デザイン賞 Red Dot Award 2020 を受賞 – PR TIMES

おでかけできない今だからこそ見ておきたい!おすすめスポット【PR】
【奈良】1日1本のプレミア列車で行く♡
【北陸】大阪から2時間半!JRでいく女子旅
【日帰り】女子旅スポット5選
【関西在住の家族必見!】おすすめスポット5選

Recommend あなたにおすすめ