TOP イベント 【入場無料】京都の和食文化を味わい尽くす「和食の祭典」が3月に開催決定!

【入場無料】京都の和食文化を味わい尽くす「和食の祭典」が3月に開催決定!

2020.02.04

京都に伝わる「和食」文化の魅力を学び、味わい、体験できるイベント『京都・和食の祭典2020』が2020年3月7日(土)に開催されます。

画像:PR TIMES

このイベントは今年で6回目。2020年は『西本願寺』の唐門周辺と、龍谷大学大宮キャンパスを合わせたエリアが会場となり、京都老舗料亭が合作する「特別点心」や和食料理人による大根炊き、和食・和菓子づくりの体験コーナーなど魅力満載! 入場無料なのでぜひチェックしてくださいね!

 

■京の和食のプロが作る料理を堪能して

画像:PR TIMES

当日会場では、京都の有名料亭が合作した限定点心『梅の宴』『桜の宴』(各3,000円)をそれぞれ限定150食、計300食が販売されます。京都を代表する和食のプロ達が、協力して作り上げるここでしか食べられない豪華な一品です!

画像:PR TIMES

他にも、京都の有名料亭が作る『大根炊き』と『粗汁』(各300円)も販売。

画像:PR TIMES

そして大注目のフードコートは『もうひとつの京都』と題した京都の海、森、お茶などをテーマにそろえた各地のおいしい物が販売されます。

画像:PR TIMES

“海の京都”は蒸し牡蠣やサザエ壺焼き、“森の京都”は丹波ぼたん鍋や鯖寿司、“お茶の京都”は宇治の蒸し寿司や鯛にゅうめん~宇治の香り~などが販売されます。

<イベント概要>
京都和食の祭典2020
開催日:2020年3月7日(土)
開催時間:10:00〜16:00
住所:【西本願寺】京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル「唐門」周辺
【龍谷大学大宮キャンパス】京都府京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
電話番号:075-414-4837 ※「米麹の活用ワークショップ」のみ公式HPから事前申込が必要です

 

その他にも、京都の日本酒のショット販売や和食文化に関わりの深い京漬物、寿司、お酒、和菓子等の物産販売など、盛りだくさんの内容になっています。(文/藤田真奈)

【画像・参考】
「和食」文化の魅力を学び、味わい、体験する「京都・和食の祭典」2020開催! 令和2年3月7日(土)入場無料 – PR TIMES

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ