TOP グルメ 奈良でしか食べられない!? 本場イタリア仕込みの絶品オリジナルジェラート

奈良でしか食べられない!? 本場イタリア仕込みの絶品オリジナルジェラート

2022.07.20

奈良県産の野菜やフルーツを使った本格ジェラートが食べられるお店『GELATERIA  nonna(ジェラテリア ノンナ)』。

今回は、暑い日に奈良でしか味わえない絶品のオリジナルジェラートをご紹介します。

■ジェラートにメガネをかけた看板が目印

画像:Masako

『近鉄奈良駅』から徒歩約15分のところにある『GELATERIA  nonna(ジェラテリア ノンナ)』。2019年8月に奈良県宇陀市でオープンし、2022年4月に奈良市へ移転しました。

店名の“nonna(ノンナ)”は、イタリア語で“おばあちゃん”という意味で、お店のロゴには、ジェラートにおばあちゃんをイメージしたメガネがかけられています。

奈良の旬の食材を使い、おばあちゃんの手作りのような「毎日食べたくなる優しいジェラートを作りたい」という思いがあるのだそうです。

■奈良県産の野菜やフルーツなどで作るジェラートは常時10種類

画像:Masako

本場イタリアで作り方を学んだ店主が作るジェラートは、奈良県産の野菜やフルーツを使い、素材の味を活かすことにこだわっています。

画像:Masako

ジェラートは常時10種類用意されていて、店内の黒板で確認できます。筆者が訪れた日は、夏のフルーツや野菜を使ったジェラートがありました。

画像:Masako

他のお店ではなかなか味わえないジェラートが豊富で、お店に行くたびに「どんなジェラートがあるのだろう?」とワクワクします。

■好みで選べるジェラートのサイズ

画像:Masako

ジェラートのサイズは、1~2種類のジェラートが選べる『スモール』(350円・税込)と、1~3種類のジェラートが選べる『レギュラー』(450円・税込)の2サイズで、いろいろ食べ比べてみるのもよさそうです。

画像:Masako

筆者は『田原本トマト』『天理市ケールとバナナ』『ゴールドキウイ』を選択。『田原本トマト』は、トマトの酸味と甘味が感じられ、『天理市ケールとバナナ』は、ケールの苦味がバナナと合わさることで自然な甘さになっていて、『ゴールドキウイ』は、爽やかな味わいでした。

画像:Masako

ほかにも、奈良で人気のお茶『大淀町嘉兵衛本舗 ほうじ茶』を使用したジェラートは、クリームとほうじ茶の相性が抜群です!

画像:Masako

イートインスペースもあるので店内ですぐに食べられます。

画像:Masako

テイクアウトや通信販売もされているので、自宅で味わうのもよし、奈良のお土産としてもおすすめです。

<店舗情報>
GELATERIA  nonna(ジェラテリア ノンナ)
住所:奈良県奈良市西木辻町123
営業時間:12:00~19:00
定休日:月曜日・火曜日・第4日曜日

【関連記事】県外からもたくさんの人がやってくる!奈良の「一度は行くべき道の駅」

子どもも食べやすいようにチョコレートやミルクを使うジェラートも用意されています。オリジナルの絶品ジェラートをぜひ味わってみてくださいね。(取材・文/Masako)

【画像】
※ Masako

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

編集部おすすめ情報!
■【マンガ】きゅんきゅんが止まらない♡こじらせ女子の社内恋愛ラブストーリーをチェック

■【anna初イベント開催決定】親子で楽しく遊んで、学べる体験型イベント「みっけ展 supported by anna」が12月に開催!

■【大阪】遊覧船「御舟かもめ」の船長が日常から離れた最高の時間へご案内

必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】
■【ウラリエ&annaが行く星野リゾート旅:第2回】「西表島ホテル」で未知なるジャングル&マングローブ探検へ♡

■【12月25日(日)まで開催中】京都の夜を夢幻に染める「NAKED GARDEN ONE KYOTO」に行こう!

■【フェムケア】って最近よく耳にするけど、どうしたらいい?

■秋冬も楽しめる♡【ウラリエ&annaが行く星野リゾート旅:第1回】「リゾナーレ小浜島」で贅沢な離島ビーチリゾート滞在♡

Recommend あなたにおすすめ