TOP グルメ 関西初!ミニバーガー専門店『ZOCバーガー』が大阪・南森町にオープン

関西初!ミニバーガー専門店『ZOCバーガー』が大阪・南森町にオープン

2018.12.13

2018年12月5日(水)、大阪・南森町 国道1号線沿いに直径約5cm・マカロンサイズのミニバーガー専門店『ZOCバーガー(ゾクバーガー)』が実験的にオープンしました。

ミニバーガーはもちろん、イタリアンや和食をベースに、テイストに徹底的こだわった“創作バーガー”も楽しめますよ。

 

■女性が食べやすく!直径5cmのマカロンサイズのバーガーに

画像:PR TIMES

マカロンサイズのミニバーガーは、ヨーロッパを中心に日本でも人気が高まっているハンバーガー。SNSやレシピサイトでも話題になっています。

『ZOCバーガー(ゾクバーガー)』では、そんなサイズ感に徹底的にこだわり、より女性が食べやすいように“直径5cm”に仕上げているのだそう。

画像:PR TIMES

店内は、“80’s”を現代風にアレンジした空間が広がります。

コンクリートの打ちっぱなしや、ゴールドの壁や演出照明、ネイビー色のチェアなど、“キレイめで、ちょっとゴージャス”な雰囲気に。

画像:PR TIMES

もちろん電源を利用できる席やゆったりソファ席など、“カフェ使い”も可能です。

 

■サイズ感だけじゃない!『ZOCバーガー』のこだわりとは

画像:PR TIMES

『ZOCバーガー』の特徴は、かわいいサイズ感だけではありません。

メニューはイタリアンシェフと和食の調理人が協同で開発し、パティやソースには徹底的にこだわっているのだそう。

メインの“ビーフパティは、あえて“つなぎ”を入れることで、うま味たっぷりであっさりとしたやさしい味わいになっています。

また、実験的オープン時には、フォアグラやキャビア、トリュフという高級パティから、ラタトゥイユ、べったら漬け、てりやき餅といったユニークなパティまで、15種類をラインナップ。

さらに、付け合わせには、バーガーとの相性や食べ応え感を考え、じゃがいもではなく、山芋のポテトフライ(マウンテン・ポテトフライ)を取り入れているのだとか!

 

■メニューは15種類!3個セットのバーガープレートで提供

画像:PR TIMES

『ZOCバーガー』では、現在、15種類のなかから、ミニバーガーをせ3個セットにした“バーガープレート”形式で提供。

実験的オープン期間は、バーガープレートA(チーズ、てりやき餅、ラタトゥイユのセット。付け合わせ付。1,100円)や、スペシャルプレート(フォアグラ、キャビア、トリュフのセット。付け合わせ付。2,000円)など、4種類のプレートメニューで展開します。

4個目以降は、追加で単品注文も1個300円からで受け付けています。

さらにドリンクメニューも豊富。バーガーと相性のよいレモネード(各500円)や、人気のタピオカティー(500円)なども。レモネードは、スタンダードなものだけでなく、アロエ味、マンゴー味、ゆず味、桃味がラインナップしています!

 

いかがでしょうか? 現在は実験的オープン期間ですが、2019年1月6日(日)には、『ZOCバーガー 南森町店』として正式オープンする予定なんだとか。

ちょっと小腹がすいたとき、みんなで何かつまみたいとき、マカロンサイズのミニバーガーを試してみてはいかがですか。(文/anna編集部)

<店舗情報>
ZOCバーガー(ゾクバーガー) 南森町店
実験的オープン日:2018年12月5日(水)
正式オープン日:2019年1月6日(日)
住所:大阪府大阪市北区東天満1-6-11 CLAIR TOWER1F 101
電話:06-6809-5789
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)
※記載の価格はすべて消費税込みの価格です。
※記載の内容は変更となる可能性もございます。ご了承ください。

【画像・参考】
※ 【NEW OPEN】関西初! ミニバーガー専門店「ZOCバーガー(ゾクバーガー)」 – PR TIMES

この記事の情報は公開時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ