TOP おでかけ ゴンドライルミも開始!日本一の大観覧車に「光のエントランス&回廊」が登場

ゴンドライルミも開始!日本一の大観覧車に「光のエントランス&回廊」が登場

2018.12.10

大阪府吹田市の『EXPOCITY(エキスポシティ)』に立つ、高さ日本一の大観覧車『Redhorse OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカホイール)』にて、光のエントランス、光の回廊、そしてゴンドライルミネーションの点灯がスタートしました!

約4万球のLEDが輝くイルミネーション。冬の新たな夜景スポットになりそうです。

 

■約4万球のLEDが夜の大観覧車を盛り上げる!

画像:PR TIMES

大阪万博跡地の『EXPOCITY』の『Redhorse OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカホイール)』は高さ日本一を誇る大観覧車。

エントランスからゴンドラ乗車口の約140mに光の回廊が登場。また、日没を過ぎると、エントランス天井には、ゴールドのイルミネーションが登場し、光り輝くゲートが出現します。

今回は、約4万球のLEDを使用しイルミネーションが輝き、光の回廊は、エントランスからゴンドラ乗車口までの約140m。日没後、エントランス天井には、ゴールドのイルミネーションが点灯し、光輝くゲートが出現します。

全72台ゴンドラ内も、青、黄、緑、赤など色鮮やかなイルミネーションで彩られ、夜の観覧車が幻想的な雰囲気に。デートスポットとしてはもちろん、家族や友だち同士のおでかけスポットに訪れてみたいですね。

 

■鮮やかな光の空間を演出する「光のエントランス&回廊」とゴンドライルミ

画像:PR TIMES

“光のエントランス”では、エントランスに約1万球のLEDイルミネーションが光輝き、季節や時間帯によってさまざまな色に変化します。

ロゴプロジェクターが足元を照らし、華やかな演出も。

3つのゾーンが楽しめる“光の回廊”は、約1万球のLEDイルミネーションが、全長300mを超えるネオンライトで観覧車乗車までを華やかに誘導してくれます。

画像:PR TIMES

1stゾーンでは、LEDライトと共にキラキラと輝くボールライトが天井を彩ります。

画像:PR TIMES

2ndゾーンには、青いLEDライトを使用した流れ星の演出が。

画像:PR TIMES

3rdゾーンでは、連続するネオンライトのゲートが幻想的な雰囲気を作りだし、乗客をゴンドラ乗車口へいざないます。

画像:PR TIMES

それぞれのゴンドラのイルミネーションも見物。各ゴンドラをカラフルなLEDで彩り、観覧車に乗車中も光の世界にうっとりしてしまうこと間違いなしです。

 

各地でイルミネーションが美しいこの季節。『レッドホース オオサカホイール』では、その光の中に身を預けて幻想的な体験ができますよ。ぜひこの冬のおでかけスポットとして足を運んでみてくださいね。(文/anna編集部)

<施設情報>
Redhorse OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカホイール)
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内 オオサカホイール
最寄駅:大阪モノレール 万博記念公園駅
電話:06-6170-3246
料金:
・当日チケット 1,000円(税込)/1名
・ファスト10チケット 1,500円(税込)/1名
・VIPチケット 8,000円(税込)/1ゴンドラ
※3歳以下の方は無料です

【画像・参考】
高さ日本一の大観覧車Redhorse OSAKA WHEELに「光のエントランス&回廊」とゴンドライルミが新登場 – PR TIMES

この記事の情報は公開時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ