TOP ビューティー 【おうちでネイル】ネイリストが教える・セルフネイルの上手な塗り方のポイント

【おうちでネイル】ネイリストが教える・セルフネイルの上手な塗り方のポイント

2020.04.24

なかなか外出できない状況が続き、ネイルサロンに通っている方もセルフネイルにチェンジしたという声も少なくないはず。

今回は、セルフネイルの上手な塗り方についてネイルサロン『Sugarray』のオーナーでネイリストのAIさんからポイントを伝授していただきました。

 

■ポリッシュの種類やカラーは簡単なものをチョイス

画像:Nik Merkulov/Shutterstock

上手に見せる重要なポイントのひとつが、選ぶポリッシュの種類やカラー。AIさん曰く、ラメ→マットかつ濃いめカラー→パール少なめカラー→パール多めカラー→シアーカラーの順番で塗りやすいのだそうですよ。

画像:Tamara83/Shutterstock

一見難しそうに見えるマットで濃いめのカラーは、はみ出した部分だけふき取れば綺麗に見えることが多いんです!  一方、初心者が選びがちなシアーな薄いピンクやベージュは、筆圧のかけ具合で色ムラが出やすいため、プロでも難しいカラーなんだそう。

思い切って濃いカラーのネイルを選べば、コーディネートのポイントにもなりますよ♡

 

■塗るタイミングや順番

空いた時間にパパっと塗りたくなってしまいますが、タイミングや塗る順番も大切なんです!

画像:Tamara83/Shutterstock

まずは左手から全て仕上げていくのがおすすめ。両手一気に塗りたくなってしまいますが、せっかく綺麗に塗っても必ずと言っていいほどぶつけたり傷つけたりしてしまいます。数時間~1日しっかりと乾かしたら、右手を塗っていきましょう。

また、塗るタイミングは、家事ややることを全て終わらせた後の寝る直前が良いでしょう。「忙しくてそんな時間は確保できない…!」という人は、100円ショップなどで販売されている「ネイルガード」を使用するのもおすすめです!

 

■塗り方

画像:meias/Shutterstock

まずは速乾性のあるネイルポリッシュを使うのがマスト!  乾きにくいものは、キレイに塗っても汚れや傷つきの原因になってしまいます。

また分厚く塗らないのも綺麗に塗るためのポイント! 2回程度の重ね塗りにとどめることを意識することがポイントです。またベースコートやトップコートは1回塗りで取り入れれば、キレイに仕上がりますよ。

 

■乾かし方

画像:Jeka/Shutterstock

早く乾かしたいという方は速乾性スプレーを利用するのもおすすめです! 簡単に手に入るので、時短でネイルをしたいときにはぴったりですよ。また、ドライヤーの冷風を当てるのも◎。優しく当てるなど、ネイルがヨレないように注意が必要です。

【関連記事】おしゃれさんがしている「大人女子向けネイル」

今回セルフネイルのポイントを教えてくれたのは、AIさんのInstagram(@_ai_sugarray)には、さまざまなネイルデザインがたくさん紹介されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

家でゆったりする時間が多い今だからこそ、ゆっくり映画でも見ながら乾かしてみてはいかが? セルフネイルをマスターして、自宅でもネイルを楽しんでみてくださいね!(文/吉村すみれ)

【画像】
※ Shutterstock(Nik Merkulov/Tamara83/meias/Jeka)

おでかけできない今だからこそ見ておきたい!おすすめスポット【PR】
【京都】京都の新しい楽しみ方、もう体験した?
【奈良】1日1本のプレミア列車で行く♡
【北陸】大阪から2時間半!JRでいく女子旅
【日帰り】女子旅スポット5選
【関西在住の家族必見!】おすすめスポット5選

Recommend あなたにおすすめ