TOP ビューティー 秋の表情が華やかに!人気の「ボルドー」「グリッター」を使ったアイメイク術

秋の表情が華やかに!人気の「ボルドー」「グリッター」を使ったアイメイク術

2018.10.13

過ごしやすい秋がやってきました。この時期はやっぱりどこかへ出かけたくなりますよね!

関西でも毎年大好評のUSJのハロウィンホラーナイトや、京都で着物をレンタルしてご朱印集めなど、この時期だからこそ行きたい場所も多いはず。

今回は、美容ライターの筆者が、そんなおでかけをさらに楽しくしてくれる“秋メイク”の中から、人気のカラー“ボルドー”と“グリッター”を取り入れたアイメイクをご紹介します!

おでかけ先での写真撮影にも自信がもてるようになるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

■「秋メイク」って何を取り入れればいいの?

画像:Kate Aedon / shutterstock

“秋メイク”ってよく聞く言葉ですが、いつものメイクと何が違うの?と思う人も多いはず。

もちろんいつものメイクでも素敵ですが、洋服と同じように、秋には秋らしいカラーを少し取り入れてみるだけで、グッと今っぽいあか抜けた表情へと変わることができます。

秋らしさと言えば、やっぱり少しくすんだ色味や、ブラウンやオレンジといった“ザ・秋”を想像するようなカラー、さらに今年はボルドーも流行色なので、気になるカラーを取り入れてみても良いでしょう!

いつもメイクのパターンが決まっていて、なんとなくカラーに挑戦するのに勇気が持てない……という人は、アイライナーやマスカラで、いつものアイメイクに少しアクセントを加えてみるのもおすすめです。

 

■一気に旬顔へ!人気の「ボルドー」を取り入れたアイメイクのコツ

画像:須田 夏美

なかでも今年の秋冬のトレンドはボルドー。アイシャドウだけではなく、ボルドーのアイライナーやマスカラが、プチプラで購入できるブランドからも発売され、コスメマニアたちの注目を集めています。

画像:須田 夏美

アイライナーはまぶたのキワにさっと細く引いて上げるだけでOK。マスカラをまつげ全体に塗るのに抵抗がある人は、黒目よりも外側のまつげの先に少しつけてあげるだけでも、女性らしい印象に仕上がります。

画像:須田 夏美

もちろん、オレンジやグリーンといったカラーマスカラなどもさまざまなブランドから発売され、思っているよりも肌なじみよく、取り入れやすいアイテムとなっているので、自分のなりたいイメージを探してみてくださいね!

 

■あか抜け顔に変身!キラキラのラメが輝く「グリッター」の使い方

さらに最近、複数のカラーがおさまったアイシャドウなどに多く含まれているのが、大粒のラメが輝くような“グリッター”とも呼ばれるカラー。

そんなに色づきはないけれど、キラキラとラメが反射するように輝き、女心がくすぐられます。

画像:須田 夏美

ですがこのキラキラしたアイシャドウの使い方がわからない!という方も多いので、使い方を伝授!

このグリッターやラメ系カラーを使えるようになるだけで、一気にあか抜けた印象へと変化。秋に着たくなる少し落ち着いたカラーのファッションでも、表情にきらめきをプラスしてくれるので、要チェックですよ!

画像:須田 夏美

グリッターやラメ系カラーの大きな特徴は、“光を集める”ということです。なので全体にしっかりと塗ってしまうと、まぶたのメリハリがなくなり、ただギラギラとした印象になってしまいます。

画像:須田 夏美

おすすめの使い方は、グリッターやラメ系アイシャドウを少し指先にとり、まぶたの真ん中、一番ふっくらと出ている部分に、少しのせるように置きます。

こうするとまぶたの中心に光を集め、一気に立体感のある目もとへ。まばたきをするたびにキラキラと輝くので、とてもオシャレで素敵な目もとをつくれます。

画像:須田 夏美

そしてもうひとつは、目尻にアクセントとして使うという方法です。

アイラインやアイシャドウの跳ね上げの部分に少しつけてみたり、下まぶたの目尻側につけてみたりするのも良いでしょう。こうすることで横顔も印象的な目もとをつくることができますよ!

 

いかがでしょうか? メイクはたくさんのカラーを楽しむことができますが、今年らしい色や方法を取り入れるだけでも、トレンド感をおさえた今っぽい顔へと近付けます。

せっかく素敵な場所へお出かけするのだから、ファッションだけでなくメイクにも少しこだわり、インスタ映えも目指せるような表情にチャレンジしてみてくださいね!(文/須田夏美)

【画像】
※ Kate Aedon / shutterstock/須田夏美

Recommend あなたにおすすめ