TOP おでかけ ド迫力の岸和田だんじり祭を至近距離で体感!かぶりつきビューイングシートの発売が決定!

ド迫力の岸和田だんじり祭を至近距離で体感!かぶりつきビューイングシートの発売が決定!

2024年9月13日(金)から15日(日)の3日間にわたり、大阪府岸和田市にて開催される「岸和田だんじり祭」。観覧席・ビューイングシートの販売が決定しました。2024年5月下旬より各種プレイガイド・OTAにて販売します。

人生で一度はその迫力をナマで体感してみたい「岸和田だんじり祭」。2024年9月13日(金)の試験曳、14日(土)の宵宮、15日(日)の本宮の3日間それぞれに、2会場の特別観覧席(ビューイングシート)が登場します。チケットの詳細は公式サイトをチェックして!

だんじりをゆったり観覧できる特別席

ビューイングシートは、地車(だんじり)を安全な場所から間近で観覧できます。だんじりを直角に方向転換する“やりまわし”を行う「カンカン場」に面した山側(コープ岸和田店駐車場)と、海側(カンカンベイサイドモール)の2会場に設置されます。

「岸和田だんじり祭」は見どころ満載!

「岸和田だんじり祭」で使用するだんじりは、「下地車(しもだんじり)」または「岸和田型」と呼ばれるもの。高さ約4m、幅約2.5m、長さ約4.5m、さらに重さは約4トンもあり、部材のほとんどにケヤキが用いられています。

だんじりは町ごとに管理・運用しており、岸和田地区22台、春木地区12台のだんじりが登場するので、装飾の違いなどもじっくり観るチャンスです!

だんじりは「曳き手」「鳴り物」「大工方」「前梃子(てこ)」「後梃子」という役割に分かれた500〜1,000人ほどで曳行します。ビューイングシートは、全員が力と呼吸を合わせて挑むやりまわしの迫力を間近で感じられる特等席です。

\from Editor/
「岸和田だんじり祭」は、開催3日間に世界中から40万人が観覧に訪れる日本有数のお祭りのひとつ。混雑が苦手で観るのを諦めていた人や良いスポットで観たい人は、ビューイングシートがおすすめです!

岸和田だんじり祭りビューイングシート

※最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ