TOP グルメ お店のこだわりがスゴイ!大阪・京都・兵庫の「絶品カレーパン」まとめ5選

お店のこだわりがスゴイ!大阪・京都・兵庫の「絶品カレーパン」まとめ5選

2019.02.11

みんなに愛されているカレー。そんなカレーが包まれたカレーパンは、いつの時代も大人気です。

そこで今回は、食べ応えもある関西のおいしいカレーパンを厳選してお届けします。有名食品メーカーとのコラボや、昔懐かしいカレーパンなどが登場しますよ!

 

■1:ハウス食品とコラボした『ハウス バーモントカレーパン 甘口』『ハウス ジャワカレーパン 辛口』(カレーパン ノヒ・梅田)

画像:PR TIMES

カレーのおいしさを90年以上にわたり探求してきたハウス食品と、阪急うめだ本店がコラボして誕生したカレーパン専門店『ハウス カレーパンノヒ』。

生地にタピオカ粉を加えたことによって外側はカリッとしつつもっちりとした食感。ゴロッとした具材もぎっしり詰まり、食べ応えあるカレーパンです。

『ハウス バーモントカレーパン 甘口』(1個378円・税込)は、バーモントカレーが持つ野菜やりんご、はちみつの自然な甘さを残しつつ、シナモンを加えて香り豊かに。

『ハウス ジャワカレーパン 辛口』(1個378円・税込)は、スパイスを巧みに効かせつつローストオニオンが醸す深いコクで、爽やかな辛さに仕上がっています。

<店舗情報>
ハウス カレーパンノヒ
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 地下1階食品売場
最寄駅:阪神・阪急・御堂筋線『梅田駅』/JR『大阪駅』
営業時間:阪急うめだ本店のHPをご確認ください。

 

■2:人気俳優も絶賛!懐かしい味の『牛肉ゴロっと自家製カレーパン』(Lemond/高槻)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

大阪・高槻市出身の俳優・つるの剛士さんも絶賛するのが、高槻市駅前の商店街のなかにあるパン『Lemond(レモンド)』の『牛肉ゴロっと自家製カレーパン』(160円・税抜)です。

最近のカレーパンはさまざまな形がありますが、こちらは昔懐かしい楕円形。なかのカレーも、どこか懐かしさを感じさせるお味です。

ふかっサクッのパン生地に包まれたカレーには、ゴロゴロとした牛肉が! 食べ応えもあるので、ランチ代わりにもなりそうです。

<店舗情報>
Lemond(レモンド)
住所:大阪府高槻市北園町18-1
最寄駅:阪急『高槻市駅』
電話:072-681-5776
営業時間:7:00~20:00
定休日:年中無休(※正月休みあり)

 

■3:玄米で冷めてもモチモチ『カレーパン』(Pan to me/吹田)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

JR吹田駅から歩いて3分のところにあるパン屋『Pan to me(パントゥーミー)』。北摂中心に展開しているスーパーで売られていたパンが、評判の良さから独立開業したパン屋さんです。

人気No.1の商品が、前出のスーパーで総菜を担当していたスタッフが考案したという『カレーパン』(120円・税抜)。

『Pan to me』では玄米にこだわってパンをつくっていますが、カレーパンの生地にも玄米ペーストを練り込んでいるのだそう。そのため、冷めてもモチッとした食感が損なわれず、おいしくいただけるのだとか。

野菜とお肉がたっぷり入ったスーパー発祥のカレーパン。ぜひお試しあれ!

<店舗情報>
Pan to me(パントゥーミー)
住所:大阪府吹田市元町6-4
最寄駅:JR『吹田駅』
電話:06-6318-0345
営業時間:7:00~19:00 ※売り切れ次第終了

 

■4:隠し味にいちごジャム!?『カレーパン』(パン工房 ファンベック/須磨)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

須磨海岸があるJR須磨駅からバスで10分の住宅街。そのなかにあるパン屋『パン工房 ファンベック』には、1日に100本以上も売上げを誇る食パンがあるのだとか。

それをしのぐ人気を見せているのが『カレーパン』(151円・税込)です。ホールトマトにワインを加え、さらに6種のスパイスで味付けされたバラ肉などを入れて、1時間じっくりと煮込んだ自家製カレーは絶品。

さらに隠し味で“いちごジャム”を入れてコクをプラス! ほかでは味わえないカレーの風味が楽しめます。

<店舗情報>
パン工房 ファンベック
住所:兵庫県神戸市須磨区多井畑南町3-6
アクセス:JR『須磨駅』からバスで10分
電話:078-743-0543
営業時間:7:00~19:00
定休日:日曜日・毎月第3月曜日

 

■5:水なしで煮込む粗挽きミンチがおいしい『カレーパン』(十右衛門ベイク/有栖川)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

観光客で賑わう京福嵐山本線。その有栖川駅と帷子ノ辻駅のちょうど中間にあるパン屋『十右衛門ベイク』。こちらのおすすめは、こだわりぬいて作られた『カレーパン』(220円・税抜)。

水を一切使用しない代わりに、トマトジュースを使っているそう。さらになかには、珍しい粗挽きミンチ、甘みとコクのあるマンゴーチャツネ、2種のルー、スパイスを煮詰めてつくった本格カレーがたっぷり。強めの辛さのなかに深いコクを感じさせる逸品です!

生地には餅粉を加えているので、もちもちとした弾力と、お餅を焼いたようなサクサク感も楽しめます。

<店舗情報>
十右衛門ベイク
住所:京都府京都市右京区嵯峨野開町24-12
最寄駅:京福『有栖川駅』『帷子ノ辻駅』
電話:075-861-5355
営業時間:8:00~18:00
定休日:日曜・月曜・第一火曜日

 

ひと口にカレーパンといっても、どこのお店もこだわりがあって違った魅力がありますよね。ランチやお土産にいかがでしょうか(文/浜田みか)

【画像・参考】
カレーのハウスが本気でつくる華麗なるカレーパン専門店「ハウス カレーパンノヒ」を阪急うめだ本店にオープン! – PR Times
※ 読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜~金曜 夕方4時47分~)

Recommend あなたにおすすめ