TOP ビューティ ちゃんとアップデートしてる?旬の目元を作るアイラインの引き方

ちゃんとアップデートしてる?旬の目元を作るアイラインの引き方

2021.12.10

アイラインって、ちょっとしたバランスや引き方で目元の印象ががらりと変わってしまうので苦手意識を持っているという方も多いはず。

今回は、annaアンバサダーでスキンケアブランド『ECLAT by sayuri』のプロデューサーであり、元美容部員でもあるSAYUさんに、“ナチュラルだけど薄くないアイラインの引き方”を教えていただきました。

誰でも真似しやすいので、明日からのメイクに取り入れてみて♡

■時代遅れメイクに見える原因はアイラインかも!?

ナチュラルなアイメイク

画像:Instagram(@sayu_213)

アイラインは、無いと物足りないし引きすぎると何だか古臭い印象に……。今っぽい目元を作るには、“ナチュラルだけど薄くないアイライン”を作るのがポイントなんです!

では早速、最旬のナチュラルメイクに格上げするアイラインの引き方をご紹介します♡

■今っぽナチュラルアイラインの引き方

アイラインリキッドとペンシル

画像:Instagram(@sayu_213)

使用するのは、リキッドアイライナーとペンシルタイプの2種類。ブラックではなくブラウンを選ぶことで、程よく抜け感が出て今っぽい目元を作ることができます。

目尻のアイラインの引き方

画像:Instagram(@sayu_213)

上は細めにアイラインを引いていきます。ちなみにSAYUさんはまつ毛エクステをされているため、まつ毛の隙間を埋める程度に引いているそう。目尻はスッと細めに目の幅より少し長く引きましょう。

黒目の下に引く

画像:Instagram(@sayu_213)

下は全体に引くと時代遅れな目元になってしまうのでNG! 黒目の下だけぼかすようにペンシルライナーでインナーラインを引いて、さりげなく黒目を大きく見せましょう。

ナチュラルなアイライン

画像:Instagram(@sayu_213)

簡単なのに、さりげなく大人可愛い丸い目に盛ってくれる引き方なので、アイラインが苦手だという方はぜひチャレンジしてみてくださいね♡

【関連記事】実はできてないかも…!? ナチュラルなアイシャドウの付け方

今回アイラインの引き方を紹介してくれたSAYUさんのInstagram(@sayu_213)では、大人女子が真似したいメイクやスキンケア情報が満載! ぜひチェックしてみて♡(文/吉村すみれ)

【画像・参考】
※ Instagram(@sayu_213)







必見!annaとっておき情報をご紹介♡【AD】

■ 阪急うめだ本店で「北欧フェア2024」を開催! 幸せな暮らしのヒント探しにでかけよう
■ 【ジブリに会える!】「金曜ロードショーとジブリ展」を京都市京セラ美術館で開催中!
■【四国水族館】撮りたい、見たい!体験したことのない景色を目指して。
■【ルクア大阪】どこよりも種類豊富な「Teva」に興奮!この夏の大本命を探しに行こう
■ 梅乃宿ワクワクほろよいFes2024~飲む人も飲まない人も一緒に乾杯!~
■大人も子どもも、きっと夢中になる。100年以上前から奏でられる“生きた音”の世界へ
■【京都競馬場】はケイバだけじゃない!女性専用スペース「UMAJO SPOT」って!?

Recommend あなたにおすすめ