TOP ビューティー 【トレーナーが伝授!】しなやかに動く美背中を作るトレーニング

【トレーナーが伝授!】しなやかに動く美背中を作るトレーニング

リカバリートレーナーの伊藤晃一です。

「印象を変えたい」とトレーニングをする人は意外と多いもの。

今回は背中の印象をガラッと変えるトレーニングを紹介致します。

背中が変わると、姿勢が良くなるだけではなく、ゴツく広がっていた肩幅も改善し、ポッコリお腹も薄く変化致しますよ。良いところばかりの背中のアプローチ、ぜひ試してみてくださいね!

 

膝突き姿勢でしなやかな後ろ姿をゲットしよう!

膝をついた姿勢で、背中の伸びにしなやかにアプローチをしていきます。伸展の動作を基本にして動いていきます。

こわばってしまった身体をどんどん動かして、本来の背中の機能を回復させていきましょうね。

出典: Woman Wellness Online

肩幅くらいに広げて、膝たち姿勢を作りましょう。

つま先は立てるようにします。

お腹に力を入れて、少しずつ体を後ろに倒し、両手でかかとを触ってみましょう。

無理をせず少しずつ行います。

肩甲骨を背中の真ん中に引き寄せ、ご自分の背筋の力をしっかりと使います。

難しい方は、出来るところまでで構いません。無理をしないように行いましょう。

腰が痛くならないように観察しながら行いましょう。

出典: Woman Wellness Online

息を吸い、吐きながら、片方の手を真っ直ぐに天井に伸ばします。

肩甲骨を大きく動かしながら腕を伸ばします。

戻したら、反対側も同じように行います。この動作を、左右合わせて10回行ってみましょう。

しっかりと呼吸をしながら、背中、肩甲骨、腕を大きく動かして行うことがポイントです。

凝り固まってしまった身体を、少しずつほぐしていきましょう。

出典: Woman Wellness Online

身体があたたまっていない状態や、硬い方は、上の写真のように、腕が開いてしまうこともあるかもしれません。少しずつで構いませんので、耳の真横を通ることができるように、工夫していきましょう。

出典: Woman Wellness Online

出来るようになって来た方は、更に全身の角度を大きくとって動かしていきましょう。

肩甲骨を大きく動かして、指先も出来るだけ遠いところを目指してあげていきます。

 

日常生活ではなかなか出てこない動作ですので、最初はぎこちない動きからのスタートになることも、よくあります。

無理をして腰を痛めてしまわないよう、丁寧に行っていきましょう。

少しずつスムーズに動くようにして、背中の本来の機能を取り戻すことで、代謝アップも期待できます。

背中美人を目指して、ぜひ取り組んでみてくださいね!

【トレーナーが伝授!】しなやかに動く美背中を作るトレーニングはWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

Recommend あなたにおすすめ