TOP ビューティー 洗い方で肌質が変わる!肌美人さんオススメの洗顔方法

洗い方で肌質が変わる!肌美人さんオススメの洗顔方法

2019.03.29

美肌を保つには、洗顔がとても大切。スキンケアは洗顔からというように、誤った洗顔方法だと、乾燥の原因になったり、毛穴に汚れが残ってせっかく高い化粧水や美容液を使っても、効果が出ない……なんてことも。

そこで今回は、 美しい透明肌を目指すために抑えておきたい洗顔のポイントをいくつかご紹介します。

 

肌トラブルを防ぐ!「ダメージは最小限に」が基本

朝、夜の洗顔で共通する基本は、お肌へのダメージを最小限に抑えること。例えばゴシゴシ擦らない、熱いお湯ではなくぬるま湯い洗顔にするなどを意識しましょう。

ゴシゴシお肌を擦って洗顔してしまうと、その摩擦でお肌は傷ついてしまいます。必要な皮脂だけでなく、バリア機能も低下させてしまう恐れもあるので、今すぐ洗い方を見直しましょう。

さらに洗顔料の洗い残しなどにも注意が必要です。顔周りに吹き出物が出やすいという方などは、こうした洗い残しが原因となり肌トラブルを引き起こすともいわれています。

 

朝の洗顔はその日の水分量やコンディションに合わせて

夜のメイクオフが必要なクレンジングとは異なり、朝の洗顔は軽めの洗顔がベター。

その理由としては洗顔のやりすぎにより、さらに乾燥を促進させ過剰な皮脂分泌などに繋がり肌トラブルの原因となる場合もあるためです。

とはいえ、寝ている間も皮脂が分泌されたり、汚れが付着したりしているので、べたつく朝は洗顔料を使用して洗顔をする方が良いでしょう。しかし、起きたときにお肌がひどく乾燥していると感じたときは、洗顔料を使用せず、ぬるま湯か水洗顔だけにしてみてください。

朝の洗顔では、お肌の状態に合わせた洗顔方法をセレクトすることが、お肌のコンディションを好転させる秘訣ですよ。

 

夜のクレンジングは汚れを残さないのが基本

美肌を保つための重要なカギは夜のクレンジング。メイクと皮脂が混ざった汚れなどはしっかりオフしてお肌をフラットな状態にしてあげる必要があります。

うるおいはその後のスキンケアで補うことはできますが、汚れを落としきれないままお肌に残ってしまうことで毛穴詰まりや肌トラブルなどの原因となってしまう可能性があるからです。

また、汚れがお肌の表面に残ったままだと、スキンケアをしても水分をしっかりお肌に届けることができなかったり、インナードライなどの乾燥の悪化に繋がることも……。

夜のクレンジングは優しさも大切ですが、しっかり汚れを落とすことを一番に意識しましょう。

 

ポイントメイクは「専用リムーバー」がマスト

お肌に優しい洗顔を意識しているなら、ポイントメイクは専用リムーバーでオフすることがおすすめ。

特にアイメイクなどの落ちにくいものは、「簡単に落とすことが難しいから」とゴシゴシ擦ってしまうと、お肌に摩擦を与えてしまい優しいクレンジングではなくなってしまいます。

専用リムーバーを含ませたコットンで、優しくオフしていきましょう。

 

洗顔料は逆さにしても落ちないくらいの濃密泡に

美肌につながる洗顔法のキーは泡! キメ細かい泡で洗顔することは、美肌を作る非常に重要なポイントになります。

出典: GATTA(ガッタ)

洗顔料を泡立ててキメの細かい泡を作るとありますが、キメの細かい泡の見極めが難しいと思う方も多いのではないでしょうか。見極め方としては、泡立てた洗顔料を手のひらにのせたまま逆さまにしても、泡が落ちなければOKです。

簡単な泡立て方法は、水と空気を使いながら行うこと。その泡立て方をご紹介します。

(1)洗顔料を手のひらに適量とり、お水かぬるま湯を少し混ぜます。

出典: GATTA(ガッタ)

(2)手の上でクルクルと水を混ぜ、なじんだらまた少量ずつ水を加えくるくると混ぜる……を繰り返します。混ぜながら空気を入れるような感覚です。

出典: GATTA(ガッタ)

手のひらで器を作るようにすると空気が入って泡立ちやすくなりますよ。

出典: GATTA(ガッタ)

(3)だんだんモコモコとした泡ができあがってくるので、すばやく手を動かしてキメを整えていきましょう。

出典: GATTA(ガッタ)

もっちりとしてきて手の平を下に向けても泡が落ちなければ、キメの細かいしっかりとした泡が完成したサインです。

 

おすすめ洗顔料で「もちふわ」肌を手に入れる!

美肌を手に入れるには、やはり洗顔料選びも重要なポイント。そこで、おすすめな洗顔料を3つ、ご紹介します。

1つ目は、洗顔専科の『メイクも落とせる洗顔料』。

出典: 洗顔専科/メイクも落とせる洗顔料 120g 本体 オープン価格

気になるくすみの原因のひとつである、古い角質や老廃物。そんな蓄積しやすい汚れを浄化し、くすみのない肌づくりに期待がもてる洗顔料が『メイクも落とせる洗顔料』です。

その名の通り、メイク落としもこなしてくれる便利な一品。こっくりとした濃密な白まゆ泡で、メイク汚れも皮脂汚れもするりと落とします。

さらに、グリセリンやヒアルロン酸などによる保湿効果が期待できるところもうれしい!

2つ目は、ダヴ『ボタニカルセレクション ナチュラルラディアンス』。

出典: ダヴ/ボタニカルセレクション ナチュラルラディアンス 本体 オープン価格

この泡洗顔料なら、優しく角質ケアをしつつ、すっぴんをうる肌へと導いてくれます。

ナチュラルラディアンスシリーズは、4種のボタニカルオイルに加え、うるおいと透明感を与えてくれるコメヌカエキスが配合されているのが特徴。ほんのりスイートで上品なソフトピオニーの香りに包まれながら、古い角質によるくすみを取り除いてくれますよ。

ワンプッシュできめ細かな泡による洗顔が叶うから、時短スキンケアができるのもうれしいですよね!

3つめは、雪肌精の『ホワイト クリーム ウォッシュ』。

出典: 雪肌精/ホワイト クリーム ウォッシュ 本体価格 2,000円(税別)

和漢植物エキスがたっぷり含まれた濃密な泡で、毛穴の黒ずみを除去しながら肌のキメを整え、透明感のある肌へと導いてくれる。それが雪肌精の『ホワイト クリーム ウォッシュ』です。

洗いあがりがつっぱることなくしっとりと仕上がるところも、乾燥が気になるこれからの季節は特にうれしいですよね。

注目なのは、和漢植物エキスの効能を利用したナチュラルな洗顔ができること。ムクロジエキスなどによる洗浄成分により、優しく汚れを洗い流せること。そして皮膚などの細胞の代謝を促すアミノ酸が豊富に含まれている、ハトムギエキスが配合されていること。この3点です。もちふわ肌のために使いたくなりますね。

 

透明感のある美しい肌を保つには洗顔はとっても大切。スキンケアの保湿効果を強化する人は多くても、意外と洗顔は見落としがちなことが多いんです。まずはスキンケアのスタートとなる洗顔を見直して、美肌作りをしてみてくださいね。

【参考】
※ ツルンとした陶器肌に!意外と知らない「洗顔」のキホン
※ 乾燥肌で悩んでない?美容家に聞く「洗顔」の見直しポイント3つ
※ 乾燥する季節こそ見直すべき!おさらいしたい洗顔の「基本のキ」
※ プロが教える!失敗しづらい洗顔料「泡立て」のコツ
※ 秋冬の乾燥に負けたくない!女性の憧れ「もちふわ肌」を目指す洗顔料3つ

【画像】
※ 洗顔専科、ダヴ、雪肌精

 

Recommend あなたにおすすめ