TOP ビューティー お昼前には売り切れる!? 東京のおすすめパン9選【食パン・ハード系・カフェ併設】

お昼前には売り切れる!? 東京のおすすめパン9選【食パン・ハード系・カフェ併設】

2019.03.24

東京にはパン好きの方におすすめのお店がたくさん! カフェが併設されていてその場でパンが楽しめるところから、人気の食パン、ハード系などベーカリーの特徴はさまざまです。

そこで今回は都内で買えるパンについてまとめました。小麦や生地にこだわったメニューはどれも絶品ですよ!

 

1:ブーランジェリー ラ・テールのしっとり食パン

出典: ラ・テール『パン・ドゥ・ミ 「美瑛の風」』/324円(税込み)

“ブーランジェリー ラ・テール”と言えば、9種類もある豊富な食パンの数々が魅力。

特におすすめなのが、ラ・テールオリジナルのブレンド小麦粉“美瑛の風”を使用した食パン『パン・ドゥ・ミ 「美瑛の風」』です。自家製自然酵母と白神こだま酵母を合わせて使用することで、少し甘い香りの立ちのぼるしっとりとした食パンに仕上がっています。

毎朝の食卓にも乗せたいベーシックな一品です。

【商品詳細】
店舗:La Terre(ラ・テール)東京駅エキュ-ト京葉ストリ-ト店
アクセス:JR東日本東京駅構内1F京葉ストリート内
問い合わせ:03-3218-8017

 

2: 東京で人気!売り切れ必至の食パン

出典: ペリカン公式サイト『食パン』3斤/1,140 円、2斤/760 円、1.5斤/570 円、1斤/380円 ※価格はすべて税込

東京で大人気! 売り切れ必至の食パンといえば、“ペリカン”。創業から80年近い老舗です。

なんと開店前には行列、昼前には売り切れてしまうことも! 事前の予約をおすすめします。

シンプルでもちもちの食パンなので、厚めにスライスし、たっぷりのバターを乗せて食べてみてくださいね!

【商品詳細】
店名:ペリカン
アクセス:東京都台東区寿4-7-4
問い合わせ:03-3841-4686

 

3:表参道で大人気の「フレンチトースト」

出典: パンとエスプレッソと公式Facebook『鉄板フレンチトースト』650円

表参道で人気のパン屋“パンとエスプレッソと”では、一番人気の食パン『ムー』を使用した『鉄板フレンチトースト』がおすすめ。15:00には売り切れるほどの大人気メニューです。

甘すぎず、ふわふわでやわらかなスキレットに乗ったフレンチトーストには、はちみつをかけて、エスプレッソと一緒に召し上がってみてはいかがでしょうか。

【商品詳細】
店名:パンとエスプレッソと
アクセス:東京都渋谷区神宮前3-4-9
問い合わせ:03-5410-2040

 

4: 渋谷のベーカリー&カフェ「空と麦と」の国産の小麦・ライ麦を使ったカンパーニュ

出典: 空と麦と公式Facebook 『カンパーニュ』大きさ別1200円、600円、300円

ハード系のパンがお好みなら、ベーカリー&カフェ“空と麦と”の『カンパーニュ』がおすすめです。

全粒粉の国産小麦、ライ麦を使用したカンパーニュは、しっかりした歯ごたえと噛めば噛むほど広がるうまみが特徴。

酸味もしっかりあるのでシンプルにオリーブオイルやバターをつけていただきたいパンです。

【商品詳細】
店名:空と麦と
アクセス:渋谷区恵比寿西2-10-7 YKビル1階
問い合わせ:03-6427-0158

 

5:もちもちとした濃密な生地が絶品!ハード系パン

出典: シニフィアンシニフィエ公式Facebook

バゲットやハード系のパンが人気のシニフィアン シニフィエ。こだわりのパンは、長時間発酵させることで出る気泡をあえて残して焼き上げることで、芳醇な香りや豊かな風味をまといます。また、濃密な生地は気泡が育たず、おもちのようにモチモチとしたでんぷん質の塊になることもあるそうです。

パン好きの聖地ともいわれるこのシニフィアン シニフィエは、行列必至で、お目当てのパンが手に入らないことも。早めに足を運ぶことをおすすめします!

【商品詳細】
『オランジェット』(税込み1,728円)
【問い合わせ先】
『Signifiant Signifie』
Tel.03-3422-0030

 

6:バターでつくったミルククリームが詰まった小さなフランスパン

出典: ル・ルソール公式Facebook

ル・ルソールのプチバゲットシリーズの中でも人気を博す『ミルクフランス』は、北海道産の練乳、低水分バターでつくったミルククリームが詰まった小さなフランスパン。少しハードな香ばしいバゲットと、やわらかで優しい甘さのミルククリームがたまりません。

一度食べたらやみつきになること間違いなしのこちらのミルクフランスは、並んででも買う価値あり。

【商品詳細】
『ミルクフランス』(税込み151円)
【問い合わせ先】
『ル・ルソール』
Tel.03-3422-0030

 

7:軽井沢の味を東京店でも!定番人気の「フルーツライ」

出典: ブランジェ浅野屋『フルーツライ』/1,296円(税込み)

軽井沢で歴史のある有名なパン屋“ブランジェ浅野屋”のパンは、東京駅構内でも楽しむことができます。

特におすすめなのが、本店でも定番人気の『フルーツライ』。「ライ麦パンは酸味が少し気になる」という方でも食べやすい理由は、じっくりとラム酒に漬け甘みを増したレーズンと、甘く香り豊かなオレンジピールやナッツ類が練りこまれているから。

たっぷりのクリームチーズを付けて食べるのがおすすめです。

【商品詳細】
店舗:ブランジェ浅野屋グランスタ店
アクセス:JR東京駅(改札内)地下1階「グランスタ」内
問い合わせ:03-3211-5640

 

8:世田谷の店「uneclef」のおすすめはデニッシュ

出典: uneclef公式サイト

まるでサロンのようなオシャレな店先。世田谷にあるuneclef(ユヌクレ)で絶対に食べたいのがデニッシュ。

出典: uneclef公式Instagram

季節によって種類が異なります。しかも、数量限定で9:00のオープン時にしか用意されません。

オープン前から並ぶ方も多いようですよ! サクサクで軽いデニッシュ生地がたまらない美味しさです。

【商品詳細】
『デニッシュ各種』(約350円〜)
【問い合わせ先】
『uneclef公式サイト』
Tel.03-5379-2777

 

9:サクサクの食感がうれしい!広島発祥アンデルセンの「ダークチェリー」

出典: アンデルセン『ダークチェリー』/260円

1Fサウスコートにあるパン屋“ANDERSEN(アンデルセン)”は、1967年に広島でオープンした歴史あるパン屋です。

今回おすすめする『ダークチェリー』は、デンマーク伝統のデニッシュペストリー生地を日本で初めて取り入れたアンデルセンならではのロングセラー商品。サクサクとしたパンと、ジューシーで甘酸っぱいダークチェリー、そして甘いカスタードクリームが見事にマッチします。

【商品詳細】
店舗:ANDERSEN(アンデルセン)エキュート東京店
アクセス:JR東日本東京駅構内1Fサウスコート内
問い合わせ:03-3211-9008

 

すぐに買いに行きたくなるパンばかり。自分へのごほうびに、特別なパンを買いに行ってはいかがでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

【画像】
※  Konrad Jablonski / shutterstock

【参照・画像参照元】

シニフィアンシニフィエ公式Facebook、Signifiant Signifie、uneclef公式サイト、uneclef公式Instagram、ル・ルソール公式Facebook、ペリカン公式サイト、パンとエスプレッソと公式Facebook、空と麦と公式Facebook 、ANDERSEN(アンデルセン)エキュート東京店、ブランジェ浅野屋グランスタ店、La Terre(ラ・テール)東京駅エキュ-ト京葉ストリ-ト店

Recommend あなたにおすすめ