#キーワードで探す
#HOT ! 編集部おすすめ
TOP ローカル 京都 京都で見つけた絶品モンブラン〜栗スイーツの季節到来!〜

京都で見つけた絶品モンブラン〜栗スイーツの季節到来!〜

2023.09.10

秋の味覚「栗」をふんだんに使ったモンブランは多くの人から愛される栗スイーツの定番。今回は、京都府内の各地で人気のモンブランを提供するお店を厳選して6店ご紹介します。味はもちろん、ビジュアルにもこだわった逸品をお試しあれ!
※商品の価格につきましては、各店舗にお問い合わせください。

画像提供:(上段・左から)bio sweets菓歩菓歩、パティスリーペルル、やながわ(下段・左から)d:matcha Kyoto、ラ・クロシェット・ヒラノ、魔法のパンケーキ木津川店

京都が誇る丹波栗のエッセンスを凝縮した2種類のモンブラン

【京丹波町】bio sweets菓歩菓歩

画像提供:bio sweets菓歩菓歩

京丹波町の和知(わち)にある、カフェ併設の菓子工房「bio sweets菓歩菓歩。由良川を臨む工房では、関西や国内を中心とした有機栽培・無農薬の素材を厳選し、素朴ながらも味わい深い菓子を作っています。

画像提供:bio sweets菓歩菓歩

こちらでは、2種類のモンブランが期間限定で提供されています。まずご紹介するのが、京都・極上の丹波和栗のもんぶらん。朝晩の寒暖差が大きい丹波の気候が育てた丹波栗は、日本で最も古いといわれる歴史を積み重ねた栽培技術によって、旨みや香りが最大限に引き出された、まさに極上品。
その丹波栗を収穫してから一つひとつ、手作業で皮をむき、低温でじっくりと熟成させることで、砂糖を加えなくても甘く上品でほっくりとした食感を楽しめるのだとか。美山・海老坂養鶏が育てた平飼い卵やよつ葉乳業の牛乳・生クリームなど素材にもこだわり抜いた逸品は、豊かなコクとまろやかさが特徴です。例年11月頃から翌年の2月頃まで販売されます。

画像提供:bio sweets菓歩菓歩

例年10月頃~翌年の6月頃まで提供される極上の京都・丹波 極上渋皮栗のもんぶらんも、京都丹波栗100%の渋皮栗を使ったマロンペーストのモンブランです。大切な栗の風味を存分に味わえるよう、メレンゲを使わずシフォンを土台に使うこだわりも光ります。強い甘みと旨み、そしてほっくりとした食感は、丹波栗だからこその味わい。こちらもぜひ試してみてくださいね!

画像提供:bio sweets菓歩菓歩

今回ご紹介したモンブラン以外にも、丹波栗を使ったスイーツを提供するbio sweets菓歩菓歩。せっかくなら自然豊かな和知町にある本店でいただきたいですが、なかなか行く時間がない……という人は、京都市内に2022年にオープンした京都御所西店を利用するのもおすすめです!

■■INFORMATION■■

bio sweets菓歩菓歩 本店
TEL:0771-84-0959
住所:船井郡京丹波町坂原ショウガキ16
営業時間:11:00~18:00(ランチは12:00~14:00)
定休日:火・水曜※冬季(11月~1月)は不定休
アクセス:京都縦貫自動車道丹波I.C.から車で24分、JR和知駅から車で6分
駐車場:5台
https://www.capocapo.com/

bio sweets菓歩菓歩 京都御所西店
TEL:075-606-5264(商品に関する問い合わせは、本店まで)
住所:京都市上京区堀松町419
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜
アクセス:地下鉄丸太町駅から徒歩2分、市バス停「烏丸丸太町」下車徒歩2分
駐車場:なし

 

消費期限約30分!?エコにも配慮された“生絞り丹波栗もんぶらん”

【亀岡市】パティスリーペルル

画像提供:パティスリーペルル

亀岡市の住宅街に佇む「パティスリーペルルが、毎年10月末から素材が売切れるまで提供するのが、こちらの生絞り丹波栗もんぶらんです。
ホクホクとした食感と豊かな香り、深みのある甘さが特徴的な和知産の丹波栗をふんだんに使用。サクサク食感が心地良いパイ生地を忍ばせているため、食感を楽しめる約30分以内に食べてほしいとのこと。

「イートインスペースがなくて申し訳ないのですが、近くに流れる保津川の美しい景色とともにめしあがっていただければ格別ですよ!」と、オーナーパティシエールの山本美紀さん。自身も時間が許す限り保津川の清掃活動に参加しているだけあって、和紙のカップに木のスプーンと、エコにこだわっているのもポイントなのだそう。

画像提供:パティスリーペルル

お店は、国道9号線近くの閑静な住宅街に立地。京都や愛知、フランスの各地で経験を重ねた山本美紀さんが作る菓子は、地元でも評判を得ています。

画像提供:パティスリーペルル

ショーケースのなかには、京都の伝統文化や風土を巧みに取り入れた「京都らしさ」のある生菓子やフランスの伝統菓子、焼菓子にコンフィチュールといったスイーツがズラリと並びます。今回は、生絞り丹波栗もんぶらんをご紹介しましたが、ぜひ他のスイーツもいただきたいですね!

■■INFORMATION■■

パティスリーペルル
TEL: 0771-20-1977
住所:亀岡市篠町篠下西山13-151
営業時間:10:00~18:00
定休日:日・月曜、不定休
アクセス:京阪京都交通バス「下西山」バス停下車徒歩1分、京都縦貫自動車道篠I.C.から車で3分
駐車場:4台(うち軽自動車専用1台)
https://kyoto-perle.com/

日の丸弁当を思わせる見た目がインパクト◎な“和のモンブラン”

【福知山市】夢の里やながわ 福知山店

画像提供:やながわ

1892(明治25)年に創業した「やながわ」は、丹波栗や丹波黒大豆、丹波大納言小豆といった丹波地方の特産品を使った和洋のスイーツを「丹波の味」として全国に発信。創業以来受け継がれている「丹波伝心」の心で、丹波栗の繊細な風味を活かした新しいスイーツを提案しています。

画像提供:やながわ

なかでも今回ご紹介する和のモンブランは、そぼろ状になった黄金な丹波栗ペーストが一面に敷き詰められ、中央には丹波栗の渋皮煮が添えられたインパクト大なスイーツ。栗のペーストや地元の牛乳と卵で作ったカスタードクリーム、生クリーム、スポンジの4層になっていて、どこからいただいても丹波の味を堪能できます。

画像提供:やながわ

消費期限が当日中のため、店頭でのみ購入可能(予約・取り置き不可)。販売期間は、9月中旬~1月中旬を予定しているとのこと。「栗はちょっと苦手」という方にこそぜひ食べてほしい逸品です!

■■INFORMATION■■

夢の里やながわ 福知山店
住所:福知山市駅前町343 和田ビル1F
TEL:0773-22-2840
営業時間:10:00~18:00
定休日:月・木曜(祝日は営業)
※季節等により変更の場合あり
アクセス:JR福知山駅から徒歩2分
駐車場:2台
https://tamba-yanagawa.co.jp/

宇治抹茶×栗の贅沢な“熟成宇治抹茶モンブランケーキ”

【和束町】d:matcha Kyoto(ディー マッチャ キョウト)

画像提供:d:matcha Kyoto

宇治茶の主産地として知られる和束町でお茶を生産する農業法人「d:matcha」が、毎年秋に販売するのが、こちらの熟成宇治抹茶モンブランケーキです。

画像提供:d:matcha Kyoto

春に収穫した茶葉を秋まで寝かし、コクとまろやかさが増した熟成抹茶と、風味豊かな栗をふんだんに使用。レイヤーを7層にも丁寧に重ねて、それぞれの風味を引き立てる繊細なバランスは見事という他ありません!

画像提供:d:matcha Kyoto

でも、どうして抹茶を熟成させるのでしょうか。
d:matchaの担当者さんによると、「抹茶は、収穫直後はえぐみや渋みが強いため、春の収穫後に冷暗所で寝かせる熟成が古くから行われてきました。秋頃まで寝かせると、角がとれたまろやかな味わいになり、旨みをより一層強く感じられるようになります。茶道でも、秋に壷切り(口切り)という熟成抹茶を茶壺から取り出す茶事があります。コクが増した深い味わいの熟成抹茶を、旬の味覚の栗と一緒に味わっていただければ」とのこと。

画像提供:d:matcha Kyoto

抹茶モンブランクリームに高濃度の抹茶生チョコ、抹茶ダマンド生地といった、抹茶の魅力を最大限に引き出す多彩な抹茶パーツを使うなど、茶農家ならではのこだわりが光る一品。10月頃からオンラインショップで数量限定販売される他、同じ時期に和束町にある「d:matcha Kyoto」でも購入可能とのこと。詳しくは、公式HPをチェックしてください!

■■INFORMATION■■

d:matcha Kyoto
住所:相楽郡和束町湯船五の瀬142
TEL:0774-74-8205
営業時間:11:30~16:00(ランチはLO14:00、デザートはLO15:30)
※カフェの利用はLINEからの事前予約のみ。詳細は公式HPを参照
※菓子・茶の土産販売は予約不要
定休日:木・金曜
アクセス:京都駅から車で約60分。Google Mapおすすめのルートを参照。
※公共交通機関を利用の場合は、事前に和束町内の「WAZ-CCAR」を予約(0774-62-3535)の上、JR加茂駅→奈良交通バス→WAZ-CARの利用で来店可能。詳細は公式HPを参照
駐車場:9台
https://dmatcha.jp/

 

ふんわりとした口当たりが心地良い王道の“モン・ブラン”

【舞鶴市】ラ・クロシェット・ヒラノ

画像提供:ラ・クロシェット・ヒラノ

1968(昭和43)年の創業以来、地域に愛され続ける舞鶴市の洋菓子店「ラ・クロシェット・ヒラノ」。伝統的なプティガトーを中心に、焼菓子やバウムクーヘン、パンや缶入りスイーツなど、多彩な商品を提案。地元の食材の魅力を取り入れた菓子や、海の京都・舞鶴市の観光名所をモチーフにした菓子などの開発も手がけています。

画像提供:ラ・クロシェット・ヒラノ

多彩なプティガトーのなかでも、例年秋に提供されるモン・ブランは、サクサク&ザクザク食感のメレンゲベースの土台に、マロンクリームを絞った王道のスタイル。茶色い岩肌に雪がかかったヨーロッパアルプスの最高峰“モンブラン”をイメージし、プティガトーという本来のコンセプトを崩さないように、フランス栗と和栗を合わせて色合いや深い味わいにこだわっているそうです。

画像提供:ラ・クロシェット・ヒラノ

また、マロンクリームを1mmの太さにすることで、ふんわり口当たりを表現できるのだとか。毎年9月~翌年の4月までショーケースに並びます。ぜひご賞味あれ。

■■INFORMATION■■

ラ・クロシェット・ヒラノ
TEL:0773-77-0036
住所:舞鶴市字倉谷1592
営業時間:9:00~19:00
定休日:日曜
アクセス:JR西舞鶴駅より京都交通バス「日赤病院前」バス停下車徒歩2分
駐車場:3台
http://la-clochette.com

ふわふわ幸せ食感も魅力♡な店舗限定の“モンブランパンケーキ”

【木津川市】魔法のパンケーキ 木津川店

画像提供:魔法のパンケーキ木津川店

2021(令和3)年にオープンした「魔法のパンケーキ 木津川店」。常時15種類前後のメニューが揃うパンケーキは高さ約6cm、幅約12cmとビッグサイズ。5号サイズのホールケーキと見間違うような大きさで、シフォンケーキを思わせるフワフワ食感を楽しめるのが特徴です。

画像提供:魔法のパンケーキ木津川店

毎年9月から提供されるモンブランパンケーキは、木津川店限定の人気メニュー。パンケーキの上に、バニラアイスとモンブランペースト、さらに生クリーム入りモンブランホイップにかわいい栗きんとん、最後に金箔を載せてゴージャスに仕上げられています。販売開始に関しては、Instagramで情報発信をされるとのことなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

画像提供:魔法のパンケーキ木津川店

ハワイにある小さなカフェをイメージした空間内には、テラス席や半個室の座敷のキッズルームなどが用意されているので、カップルやグループ、子ども連れの人も気軽に訪れやすいお店です。

画像提供:魔法のパンケーキ木津川店

大満足のボリュームがうれしいフードメニューをはじめ、おしゃれなスムージーなどドリンクも充実。駐車場もありカーアクセスも便利な点もうれしいですね。

■■INFORMATION■■

魔法のパンケーキ 木津川店
TEL:0774-66-5150
住所:木津川市州見台1丁目3-7
営業時間:11;00~20:00(LO19:30)
定休日:木曜
アクセス:きのつバス「州見台八丁目北」バス停下車徒歩約2分、京奈和自動車道木津I.C.から車で約2分
駐車場:16台
https://mahopan.com/
https://www.instagram.com/mp.k2021/

The post 京都で見つけた絶品モンブラン〜栗スイーツの季節到来!〜 first appeared on KYOTO SIDE 〜もっと知ってほしい、京都のいろいろ。〜.

Recommend あなたにおすすめ