TOP グルメ L.A.発のティーブランド『ALFRED TEA ROOM』がついに大阪・梅田に西日本1号店オープン

L.A.発のティーブランド『ALFRED TEA ROOM』がついに大阪・梅田に西日本1号店オープン

2019.02.24

L.A.発のティールーム『ALFRED TEA ROOM』が2019年3月1日(金)大阪・梅田『LUCUA1100』蔦屋書店内に、西日本初となる店舗をオープン!

おいしいだけじゃない、思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックな見た目にも注目です。

 

■常識にとらわれないお茶のスタイルを提供する『ALFRED TEA ROOM』

画像:PR TIMES

『ALFRED TEA ROOM』は、2016年にL.A.・メルローズプレイスに誕生した、ローカル、ブロガー、セレブリティー御用達のティーブランド。

紅茶、日本茶、抹茶、台湾茶など世界中の厳選茶葉を使用し、“本質のおいしさ”をカジュアルに楽しめるティーメニューの数々を展開。現在L.A.に2店舗、東京に2店舗を構えており、今回オープンする大阪店は世界5号店・日本3号店となります。

 

■可愛い見た目とこだわりのティーメニュー

画像:PR TIMES

『ALFRED TEA ROOM』では、世界中からセレクトした茶葉を使用し、『ファインティー」』各種を楽しめるのが魅力。また、おすすめなのは、ボバ(タピオカ)の入ったストロベリーとビーツ風味の『アルフレッド ピンクドリンク』(Mサイズ 750円・税抜)。

自分好みにカスタマイズできるトッピングも用意されています。

 

■西日本1号店オープンを記念して日本限定のフード&デザートも登場!

画像:PR TIMES

美容や健康に気を使っている人にも嬉しいヴィーガンデザートも登場。

『苺のソイティラミス』(480円・税抜き)は、オリジナル豆乳クリームの下に、アールグレイカカオティーを浸み込ませたヴィーガンスポンジが入っています。お茶の味を堪能できるデザートになっています。

ほかにも、鮮やかなフレッシュ野菜がたっぷりトッピングされたオープンサンドも3種類用意。ファインティーやティースプリッツァーとも相性抜群です。

 

■3日間限定キャンペーン&店舗限定スペシャルメニューは先着順!

画像:PR TIMES

2019年3月1日(金)のオープンから3月3日(日)までに商品を購入するとロゴ入りバルーン(非売品)がプレゼントされます。さらに、どこかにピンクを身につけていると、先着でオリジナルトートバックが貰えます!(※1日ごとに予定数に達し次第終了。)

画像:PR TIMES

また、3月31日(日)までの期間、『ALFRED TEA ROOM 梅田 蔦屋書店』限定で『ストロベリーマニアティー』(780円税抜き)が登場! 東京では爆発的な人気を誇ったティーメニューが梅田でも味わえますよ。

 

ついに西日本にやってくる『ALFRED TEA ROOM』。L.A.発のこだわりを味わってみてはいかがでしょうか?(文/anna編集部)

<店舗情報>
ALFRED TEA ROOM 梅田 蔦屋書店
オープン日:2019年3月1日(金)
住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 LUCUA 1100 9F 『梅田 蔦屋書店』内
最寄駅:JR『大阪駅』
営業時間:7:00~23:00(※3月1日のみ10:00オープン)
電話:06-4799-1417

【画像・参考】
※ 【梅田 蔦屋書店】<西日本初上陸>LA発のティーブランド「ALFRED TEA ROOM」が2019年3月1日(金)に大阪・梅田「LUCUA 1100」9F「梅田 蔦屋書店」内にNEW OPEN! – PR TIMES

この情報は記事公開時点のものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ