TOP ビューティー 実は間違っていた!? プロが教える「顔が大きく見える」NGメイク3つ

実は間違っていた!? プロが教える「顔が大きく見える」NGメイク3つ

2019.02.20

誰もが憧れる小顔。「簡単に顔を小さくすることはできない……」と諦めなくても、メイクアップで顔を小さく見せることはできますよね。

今では顔を小さく見せるさまざまな方法がありますが、その中には実は逆に顔を大きく見せてしまうメイクテクニックもあるそう。

そこで今回は、美容ライターのSAKIさんに3つのNGメイクを改善方法とともに教えてもらいました。

 

1:ファンデーションをフェイスラインまでしっかり塗る

出典: nizas/Shutterstock

ファンデーションは肌色を補正しトラブルを隠してくれるので、毎日しっかり全顔に塗る方が多いでしょう。実はそれがNG。全顔に塗る必要はないのです。

一番濃くファンデーションを塗ってもいい場所は顔の中心だけ。ここさえ綺麗になれば、お顔全体が明るく綺麗に見えます。

逆に、フェイスラインまでしっかり塗ってしまうと、かえって立体感がなくなり顔が大きく見えてしまうのです。

顔の中心に塗ったら、フェイスラインまで薄くなるように伸ばしてくださいね。

 

2:眉を短く描く

出典: Oleg Gekman/Shutterstock

眉の形は顔の印象を大きく左右します。眉が短いとボーイッシュでカジュアルな印象を与えますが、側面の余白が大きくなり、顔が大きく見えてしまいます。

長さを出すだけで立体感が生まれ、小顔効果も。ただ、長い眉はエレガントで大人っぽいイメージを与えるので、カジュアルな印象に見せたいときは、やや太さを出しましょう。

 

3:ハイライトを広い範囲に入れる

出典: LADO/Shutterstock

ハイライトの役目は、高く・広くみせること。立体感を出すために重要なアイテムですが、あまり広い範囲にのせると光が集まり、立体感は出ても顔が大きく見えてしまいます。

特によく間違えられるのが、Tゾーンのハイライト。鼻を高く見せるために、Tゾーンにハイライトをのせる方が多いのですが、鼻先までハイライトを入れていませんか?

ハイライトは鼻先までしっかり入れてしまうと鼻の長さが目立ち、鼻が高くなるのではなく大きく見えてしまいます。お顔の中心にあるパーツは目立つので、鼻が大きく見えると顔も大きく見えがち。Tゾーンのハイライトは鼻先より手前までに入れ、細く入れることを忘れないでくださいね!

 

どのメイク方法にしろ、あまりやりすぎると不自然な印象になってしまいます。

自分の顔に合う方法を見つけ出し、より美しい仕上がりを目指してくださいね!

【画像】

※ Myroslava Malovana、nizas、Oleg Gekman、LADO/Shutterstock

Recommend あなたにおすすめ