TOP グルメ 「スマスイ」のリニューアル工事の様子を見てきた。取り壊しがどんどん進んでる

「スマスイ」のリニューアル工事の様子を見てきた。取り壊しがどんどん進んでる

リニューアル工事が始まっている「神戸市立須磨海浜水族園(スマスイ)」の工事の進み具合を見てきました。

神戸市須磨区若宮町1-3-5

「スマスイ」は2024年のリニューアルに向け、今は「本館のみ」で営業中です。

工事は「本館」東側のかなりのスペースで始まってます。「国道2号線」側で建物らしさが残るのは、出口横にあった「トイレ」だけに。

「世界のさかな館」など高さのあった建物も、だいぶ取り壊しが進んでいる状況です。

「本館のみ」営業になってからすぐに取り壊されはじめた「遊園地」は一度さら地になり、工事関係者用のプレハブなどが建てられています。

奥の方の「ラッコ館」や「アマゾン館」の方でもショベルカーが忙しく働いてました。

「イルカライブ館」の屋根がまだ見えてますが、壁などは壊され始めているので、もう間もなくかもしれません。

少し切なくなった時は、在りし日の姿がネットでなら見ることができます。

6月末には「ガス管」を移設するため、本館前の石でできた「モニュメント」の撤去工事が行われるそう。

工事期間
6月31日(水)~7月20日(火)※工事中も、通常通り営業

本館前にも「工事」感が出始めますが、今のスケジュールでは「2023年5月」までは「本館」営業が続けられる予定です。

◆関連リンク
・神戸市立須磨海浜水族園 – 公式サイト

Recommend あなたにおすすめ