TOP ビューティー 描きはじめは眉尻or眉頭?グッと垢抜ける「眉メイク」簡単4ステップ

描きはじめは眉尻or眉頭?グッと垢抜ける「眉メイク」簡単4ステップ

2018.08.26

顔の印象を大きく左右しやすく、美人になれるかどうかの分かれ道ともいえる“眉毛”。描くのがなかなか難しい箇所ですが、コツをつかめば印象がぐっと良くなるはずですよ。

そこで今回は、そんな眉毛を上手に描く方法を徹底的に解説します!

 

顔の印象は眉毛で決まる!?

出典: GATTA(ガッタ)

メイクをするうえで必要不可欠な“眉毛”は、眉毛は顔の印象を決めるとまでいわれています。つまり眉毛次第で美人になれちゃうかも!?ということ。

それでは早速、描き方を紹介していきましょう。

 

使うアイテムは?

出典: GATTA(ガッタ)

今回、眉を描くために使うのは“アイブロウペンシル”と“眉マスカラ”の2つです。

眉毛が薄くて……という方は、ここに“パウダー”を追加しましょう。

 

ステップ1:眉のバランスを決める

眉を描くのが難しい原因のひとつは、バランスがとりづらいこと。しかし、少しのポイントをおさえるだけで簡単に眉の形を決めることができますよ。

出典: GATTA(ガッタ)

まずは、“眉頭”、“眉山”、“眉尻”の3か所の位置を決めましょう。

出典: GATTA(ガッタ)

眉尻の位置は“小鼻”“目尻”を結んだ延長線上の位置が理想的です。少し短めに書くのが最近の流行りでおすすめ。

ちなみに、決めた位置に沿ってこのあと実際に眉を描いていくのですが、描く順番は、眉尻→眉山→眉頭が簡単ですよ。

 

ステップ2:眉尻・眉山を描く

出典: GATTA(ガッタ)

まずは、眉の形を決める“眉尻”と“眉山”を描きます。

眉尻は黒目の真上あたりから、決めたポイントまで流れるように描きます。

出典: GATTA(ガッタ)

先端に向かって細く流れるように描くだけで美人度アップ!

眉山はなるべくナチュラルなカーブを描くように線を引くとキレイに仕上がりますよ。

 

ステップ3:眉頭を描く

出典: GATTA(ガッタ)

眉頭をきちんと描くことで、顔の中心が締まりメイクがまとまります。

真横に線を書くのではなく、毛の流れにあわせて1本ずつ毛を書き足すイメージで仕上げるようにしましょう。

 

ステップ4:眉毛全体をぼかす

出典: GATTA(ガッタ)

ペンシルで描き終えたら、最後に全体をぼかします。

ペンシルの反対についている小さいブラシや、専用のブラシを使って毛流れを整えつつ、線をぼかしていきます。

ここで眉毛の隙間が埋まっていない場合には、パウダーアイブロウを使って隙間を埋めておきましょう。

 

ステップ5:マスカラで色を整える

出典: GATTA(ガッタ)

最後は、眉全体のカラーを整えてあげましょう。それだけで美人度が一気に増しますよ。

髪色のトーンと眉の色を揃えると良いといわれていますが、メイクの雰囲気によって色を変えるのもおしゃれです。

あえて少し明るめの色を選ぶだけでも垢ぬけて美人度がアップ! 眉マスカラは侮れない存在です。

出典: GATTA(ガッタ)

美人になれる眉メイクの完成です! 少しのコツとアイテムの使い方で、顔の印象はグッと良くなります。

 

眉毛は顔の印象を決める大事な存在です。難しいパーツだからこそ、きちんと仕上げると美しくなれる可能性を大いに秘めています。ぜひトライしてみてくださいね!

Recommend あなたにおすすめ