TOP ビューティー 乾燥知らずの髪に!? 美容師が教える「潤い髪」をつくるヘアケア3つ

乾燥知らずの髪に!? 美容師が教える「潤い髪」をつくるヘアケア3つ

2018.12.15

冬は肌が乾燥しやすいのと同じで、髪の毛も乾燥しやすいですよね。乾燥すると静電気が発生しやすいですし、髪の広がりも感じやすいです!

他の季節と比べて冬は“保湿ケア”が大切だとよくいわれていますよね。

そこで今回は、美容師のナカイヒロキさんに、髪の毛を保湿するためのヘアケアについて聞きました。実際にお客様からも「髪がパサパサする」とよく相談されているそうですよ。

 

1:ヘアマスク

出典: GATTA(ガッタ)

冬の乾燥で真っ先におすすめしたいのが“ヘアマスク”。コンディショナーやリンスは髪の外側のコーティングですが、ヘアマスクは髪の内側から保湿と補修を行ってくれるといわれています。

保湿と補修を髪の内側からしっかり行うことで、しっとりした潤いのある髪のベースづくりにつながります。髪の内側が潤っていない状態で外側だけをトリートメントなどでコーティングしても、時間が経つとパサパサしてきますよね。

まずはヘアマスクで髪の内側から美髪になるためのベースづくりをしましょう!

 

2:洗い流さないクリームトリートメント

出典: GATTA(ガッタ)

髪の毛が乾燥してしまう原因にはドライヤーの温風も含まれます。

シャンプーのあと、何も塗布せずドライヤーを使うと、髪が乾燥してパサパサになることが多いです! ドライヤーの温風から髪の毛を守るためにおすすめなのが“洗い流さないクリームトリートメント”。ドライヤー前に塗布して乾かすだけで、潤いのあるしっとりした髪に仕上がる確率があがりますよ。

 

3:洗い流さないオイルトリートメント

出典: GATTA(ガッタ)

ヘアマスクと洗い流さないクリームトリートメントで髪の内側からしっかり保湿したら、最後は“髪のコーティング”。髪の毛を保湿して潤わせたら、髪の外側をコーティングして潤いを失わないようにしていきましょう。

外出して時間が経つと髪の毛が乾燥してパサパサすると感じたことはありませんか? このようなときは髪の潤いが失われている可能性が高いので、ずっと潤いを保つために洗い流さないオイルトリートメントを使用しましょう。髪の潤いを長時間キープしてくれるといわれていますよ。外出前の仕上げとして使うのがおすすめです!

 

乾燥する冬こそ、しっかりケアをして美髪を保ってくださいね!

【画像】
※ nelen / shutterstock

Recommend あなたにおすすめ