TOP ビューティー レシピ付き!疲労回復・免疫力アップに!やっぱりスゴイ「納豆」の力

レシピ付き!疲労回復・免疫力アップに!やっぱりスゴイ「納豆」の力

納豆がスーパーフードであることはご存知だと思いますが、ますます研究が進んでいます。

先日、都内にてメディアセミナー『感染症予防にみる“S-903納豆菌”の可能性 -納豆菌の奥深い魅力とは- 』が開催され、タカノフーズ株式会社納豆研究開発研究員の小林知世さん、日本大学松戸歯学部、助教および博士(歯学)の小林良喜先生、中部大学大学院工学研究科客員教授で、薬学博士の林京子さんが、感染症の観点から納豆菌について言及しました。

出典: Woman Wellness Online

納豆菌の中でも、タカノフーズが注目したのが、”S-903納豆菌”というタカノフーズ保有株の納豆菌。免疫に対する機能性を高めた納豆菌および抗アレルギー用組成物として2007年に特許を出願しているそうです。

セミナーでは、感染症にならないためには、ウイルスに働きかけるか、生体の力を強め、免疫系の機能を強化をするかの2つの対策が考えられると説明されました。

 

「S-903 納豆菌」の免疫に対する機能性は1.5倍

出典: Woman Wellness Online

タカノフーズは納豆菌を長年収集し、研究して、2,200種類以上の納豆菌の性質を明らかにしてきました。そうして 「S-903 納豆菌」が、納豆製造に一般的に使われている納豆菌に比べて、免疫に対する機能性が約1.5倍もあることを発見しました。

セミナーでは、マウスを用いた実験では、“S-903納豆菌”がインフルエンザウイルスの量を減少させ、ウイルスに対する抗体量が増加することがわかったと解説されました。

さらに、“S-903納豆菌”によって花粉症の典型的である水鼻・くしゃみが軽減されることも判明したそう。

そして、アレルギーの症状が発生する原因の一つに食品添加物があると考えられていますが、納豆には添加物が含まれていないことから、発症リスクの低減に寄与する可能性もあるそうです。

今回のセミナーでは、納豆を使ったアレンジメニューも紹介されました。

■納豆のアレンジレシピ

納豆のアボカドクリチ和え

<管理栄養士 / 腸管免疫研究所顧問の馬場美穂先生コメント>

水溶性食物繊維が豊富に含まれているアボカドとラッキョウに納豆の組み合わせは、腸内環境の改善が期待できます。またアボカドには中性脂肪を抑制するオレイン酸・リノール酸がたっぷり。

納豆と同じく発酵食品で相性も良いクリームチーズも入っていて、ラッキョウのコリコリとした食感がアクセントに。食品免疫からの観点からも、免疫力を高めるのに適した料理だそうです。

出典: Woman Wellness Online

<材料>

S-903 納豆菌入り納豆・・・2パック
アボカド・・・1個
クリームチーズ・・・50g
らっきょう・・・4個
わさび・・・適量
レモン汁・・・大さじ2
かつお節・・・1袋
納豆のタレ・・・2袋
赤ラディッシュスプラウト・・・適量※お好みで

<作り方>

1 アボカド、クリームチーズは形をそろえて1cm角のサイコロ切りにし、アボカドにレモン汁を回しかけておく。らっきょうはみじん切りにする。

2 ボウルですべての材料を混ぜ合わせる。

仕上げにかつお節を添える。お好みで赤ラディッシュスプラウトを添えると彩も鮮やかになります。

 

ふわふわ納豆とりつくね

管理栄養士 / 腸管免疫研究所顧問の馬場美穂先生コメント

<代謝を高めるアミノ酸が豊富な鶏肉のひき肉ベースのつくねに納豆を合わせた一品。アミノ酸は筋肉疲労を改善し、疲労回復効果があると言われています。さらに生殺菌作用のある生姜を合わせることで、風邪予防の効果も期待できます。>

出典: Woman Wellness Online

<材料>

S-903 納豆菌入り納豆・・・1パック
たまねぎ・・・1/2個
塩小さじ・・・1/2
お麩・・・30g
オイスターソース・・・大さじ1
鶏ひき肉・・・200g
木綿豆腐・・・100g
しょうが・・・大さじ1
みりん・しょうゆ・酒・・・各大さじ2
わけぎ・油・・・適量

【A】
たまねぎ(みじん切り)・・・⼤さじ4
納豆・・・⼤さじ2
納豆のタレ・からし・・・1袋

<作り方>

1 たまねぎはみじん切りにして【A】を混ぜておき、残りのたまねぎに塩小さじ1/2を振りしばらくおく。
2 たまねぎから水分が出てきたらお麸、オイスターソース、鶏ひき肉、木綿豆腐、しょうがを加え、よく練り残りの納豆を加える。
3 油をひき、 2のタネをスプーンで丸め、両面中火で焼き、焼き色がついたら蓋をして弱火で蒸し焼きにする。
4 みりん・しょうゆ・酒を混ぜ合わせたものを加え、てりが出るまで煮詰める。 3に【A】をトッピングし、わけぎをそえる。

 

2017年、納豆の年間消費金額(市場規模)は2,313億円となり、過去最高を記録したそうです(出典:全国納豆協同組合連合会)。毎日の食事に摂り入れて、元気に冬を乗り越えましょう!

 

※ スーパー納豆菌「S-903 納豆菌」に、インフルエンザ予防効果があることを確認-おかめ納豆サイエンスラボ

レシピ付き!疲労回復・免疫力アップに!やっぱりスゴイ「納豆」の力はWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

Recommend あなたにおすすめ