TOP ビューティー 夏の恥ずかしい悩みを解消!におい対策で爽やか美人に

夏の恥ずかしい悩みを解消!におい対策で爽やか美人に

2018.08.20

汗をかくことが多い夏、「もしかしてにおってない?」と思うことはありませんか? ふとした瞬間、気になってしまう方も多いかもしれません。どうせならすれ違ったときに、ふんわりいい香りがする爽やかな自分でいたいですよね。

そこで今回は夏に気になるにおいの対処法について、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

汗はすばやく拭き取るのが正解

出典: Nutlegal Photographer/Shutterstock

今年の夏は異常気象といわれるほどの厳しい暑さ。暑いと“汗”をかきますよね。そんな汗が、実はにおいの一因になっている可能性が! 汗がにおうというよりも「細菌が繁殖してにおう」が適切かもしれません。

汗をかいてしまったとしても、細菌を繁殖させなければにおい対策になりうるのです。そこで汗はなるべく早く拭き取るように意識しましょう。理想はしっかり絞った濡れタオルなどで拭き取りたいところですが、持ち歩きには不向きなアイテム。そこでおすすめなのは、市販されているウェットタイプの汗拭きシート。持ち運びにも適したサイズなので、夏のエチケットグッズとしてバッグにひとつ入れておくと良いでしょう。

 

シャワーだけじゃダメ? お風呂につかるのが正解

暑いからとササっとシャワーだけですませてしまっているという方。夏のにおい対策には、お風呂につかることをおすすめします。

夏はエアコンや冷たい飲み物などにより、意外と体が冷えてしまっていることも。体が冷えるとで血行不良や、代謝が低下したりすることで、老廃物が体内にとどまってしまう原因に。においの原因となる老廃物は、汗をかいたりすることで体外に排出することがカギ。お風呂につかることにより、汗や汚れを落とすことができるといわれています。

またお風呂につかることで体が温まり、血行促進や代謝アップにも期待がもてることから、老廃物をためにくくすることにもつながるかも。

 

食生活を見直すことも大事

気になるにおいを抑えるためには、食事による対策も有効。においの原因となる不要な老廃物を体外に排出するには、さつまいもやきのこなど食物繊維が豊富な食品を食事に取り入れるのがおすすめ。

脂っこいものや、甘いものばかりを食べるなど、偏った食生活は気になるにおいの原因になります。普段から、なるべくバランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

 

気になるにおいを撃退するためには、外側ケアと、食生活などのインナーケアを併せておこなうことが効果的です。汗拭きシートなどのアイテムも上手に活用して、爽やか美人を目指しましょう。

Recommend あなたにおすすめ