TOP ビューティー たった3アイテムで完成!2018年冬「最旬メイク」のつくり方

たった3アイテムで完成!2018年冬「最旬メイク」のつくり方

2018.11.18

寒さも増してきた今日この頃。「冬のメイクって何を使えばいいの? どんなメイクがトレンドなの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんなお悩みを解決する冬メイクの方法をご紹介します。

2018年の冬メイクで大切にしたいのは“ツヤ感”。ベースメイクやアイメイク、リップにツヤを仕込むのがトレンドです。

 

1:ベースメイクは、チークの透明感が肝

出典: GATTA(ガッタ)

下地やファンデーションで肌の透明感を演出することは多いですが、“チーク”でも同じよう透明感を引き出すことが大切です。

透明感を出すことで、冬でも映える透明ツヤ肌に仕上がります。

出典: GATTA(ガッタ)

血色感だけでなく、ツヤ感や透明感を演出するために使いたいのが“クリームチーク”。

クリームチークを手にとり、指でトントンと叩き込むように頬の高め位置にのせましょう。カラーは、レッド・ピンク・コーラルがおすすめです。

 

2:アイメイクには、あえて明るめカラーを入れる

出典: GATTA(ガッタ)

冬のアイメイクは、くすみのある色を使うことが多いですよね。しかし顔を華やかにする明るいカラーも、意外にも冬メイクに合うんですよ。

出典: GATTA(ガッタ)

明るめカラーを新調しても良いですが、手持ちのアイシャドウにパレットタイプが多い場合は、持っているアイテムだけでトレンドメイクをつくることができますよ。

早速、筆者の手持ちのアイシャドウでツヤのあるアイメイクをつくってみましょう。

出典: GATTA(ガッタ)

メインで使いたいのは、アイシャドウパレットの中でも“ハイライト”や“ベース”の役割を担うことの多い明るめのカラー。

出典: GATTA(ガッタ)

ホワイトやラベンダー、ピンク系の明るいカラーを使用します。

出典: GATTA(ガッタ)

まずはこれらをまぶた全体に広げるようにのせましょう。

続いて、下まぶたの目尻を中心に、好きな色をのせていきます。今回筆者はピンクパープル系の差し色アイシャドウをのせました。

これだけで、ツヤのあるトレンドアイメイクが完成! 目のキワにアイラインを細めに引いて輪郭を取ると、さらに目力もアップするでしょう。

下まぶたの差し色は、パープルやブルー、モーヴなどを使うと冬らしさが増します。

 

3:リップは、グロスorこっくりカラー

出典: GATTA(ガッタ)

冬のリップのおすすめは、ツヤのあるグロス系リップ、またはこっくりと深みのあるリップ。

目元を華やかにした分、リップは控えめにしておくとバランスがよくキレイです。

出典: GATTA(ガッタ)

グロス系リップは、ホワイトやクリアベースにラメがたっぷり入っているものが最近の主流。

自然な血色感とツヤ感が冬のメイクにピッタリです。

出典: GATTA(ガッタ)

こっくりカラーは、葡萄(ぶどう)色が大人気。

出典: GATTA(ガッタ)

ツヤ感、血色感の合わせ技で肌の透明感を引き上げ、顔を華やかに仕上げることができます。

出典: GATTA(ガッタ)

1~4のトレンドを取り入れて、冬メイクが見事完成!

最旬のメイクに仕上げたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

季節に合わせてメイクも少しアレンジすると、ぱっと映える旬顔に仕上がります。

手持ちのコスメでも取り入れやすいので、ぜひ実践してみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ