TOP ビューティー もとから小顔だと思わせたい!プロ直伝「今すぐ真似できる」ベースメイク3STEP

もとから小顔だと思わせたい!プロ直伝「今すぐ真似できる」ベースメイク3STEP

2020.03.23

小顔に見せるメイクテクニックとして欠かせない“シェーディング”。ですが、シェーディングは濃くしてしまうと舞台メイクのようになったり、逆に薄いとあまり効果を感じられなかったりと、ちょうどよい濃さやバランスが難しいと感じる方が多いのではないでしょうか。

そこで今回はコスメコンシェルジュの杉本由美さんに、“もともと小顔”と思わせるためのシェーディングテクニックを教えてもらいました。今まで難しそうと敬遠していた方も、家にあるコスメで代用できるので、これを機に挑戦してみて!

STEP1:忘れがちな髪の生え際にオン

出典: GATTA(ガッタ)

シェーディングといえば、フェイスラインにのせるイメージを持っている方が多いはず。ですが小顔見せを目指すなら、“おでこの生え際”にのせるのをお忘れなく! 特に面長さんは、このひと手間で縦長をカバーして、バランスを整えることが可能になります。

また、顔の上にのせるシェーディングは濃いカラーにしてしまうと、舞台メイクのようなしっかりとした印象に……。そのため、肌なじみのよいベージュ系など、よりナチュラルなカラーをセレクトするようにしましょう。

シェーディングを持っていないという方は、アイブロウパウダーを代用してもOK!

STEP2:フェイスラインぎりぎりに沿ってのせていく

肌より少し濃いめのシェーディングを入れていきましょう。こちらもアイブロウパウダーの代用OK。

小顔に見せたいからと、頬全体にシェーディングを入れてしまうと、頬がこけたように見えてしまう場合があり、疲れた印象や老け見えすることも……。耳たぶ裏くらいからあご先にかけて、できるだけフェイスラインに沿ってのせていくのがポイントです。

出典: GATTA(ガッタ)

パフを使って肌になじませ、自然に見えるようにしていきましょう。フェイスラインから首へ、下にのばすようになじませるのがコツ!

指よりパフを使ってなじませたほうが、よりナチュラルに仕上がりますよ。

STEP3:小顔見え効果絶大な「隠しシェーディング」を忍ばせる

出典: GATTA(ガッタ)

フェイスラインにシェーディングを入れるのは、多くの方が既にしていることかもしれません。ですが、さらに小顔に見せたい人は、もうひと工夫加えていきましょう!

それが、今からご紹介する“隠しシェーディング”です。フェイスラインの裏側、首に近いこの部分にもシェーディングを入れていきましょう! フェイスラインの裏側なので、しっかりめにいれても、不自然な印象を与えません。想像以上に小顔見せが叶うので、メイク初心者にもおすすめしたいメイクテクニックです。

シェーディングがない場合は、濃いめのオレンジカラーのチークを代用してもOK!

 

ナチュラルを意識すると小顔効果が感じにくく、濃くしてしまうと舞台メイクのような仕上がりになってしまいやすいシェーディング。

絶妙なバランスが難しいですが、今回ご紹介したものは誰でも簡単真似しやすいテクニックなので、ぜひ試してみてください!

Recommend あなたにおすすめ