TOP ライフスタイル 「楽しみ…!」無印良品の3月18日から発売される新商品をチェック♡

「楽しみ…!」無印良品の3月18日から発売される新商品をチェック♡

2020.03.16

『無印良品』といえば、シンプルで高品質なアイテムが日用雑貨から化粧品に至るまでバリエーション豊富に取り揃えられていて、とっても便利ですよね。

そんな無印良品から2020年3月18日(水)に、便利で美味しい新商品が発売されます。どちらも日常的に摂取できたら嬉しい魚や野菜・フルーツを手軽に補給できる便利な商品なのでぜひチェックしてくださいね!

 

■魚の缶詰シリーズ

こちらの『魚の缶詰シリーズ』(290~350円・税込)は、普段食べる機会がない魚や食べにくいからと敬遠されやすい魚、工程上使いきれない部位や加工しにくい部位などを活用した水煮にしたもの。下処理なしで料理に使えたり、骨ごと食べられるようやわらかく仕上げられています。

画像:PR TIMES

(1)にしん水煮

画像:PR TIMES

細かい骨が多く食べにくいと敬遠されている“にしん”。数の子をとったあとの身の部分をまるごと水煮にした『にしん水煮』(290円・税込)は細かい骨まで食べやすいよう加工されています。

(2)こまい水煮

画像:PR TIMES

北海道で食べられているタラの一種“こまい”。骨まで食べやすいよう丸ごと水煮にした『こまい水煮』(290円・税込)。こまいは体長10センチほどのものを一夜干しで食べることが多く、大きいサイズのものは一般的ではないため流通していないのだとか。

(3)さばの尾肉水煮

画像:PR TIMES

『さばの尾肉水煮』(290円・税込)。通常のさば缶では詰めやすい中心部分が使われていますが、大きさにばらつきがある尾に近い部分も十分身がついています◎。

(4)秋鮭の中骨水煮

画像:PR TIMES

『秋鮭の中骨水煮』(290円・税込)。スモークサーモンやフィレを作るときに出る中骨部分を使っている『秋鮭の中骨水煮』。活用しにくい骨部分も、缶詰にすることでやわらかくなっています。

(5)まぐろの腹肉水煮

画像:PR TIMES

『まぐろの腹肉水煮』(350円・税込)。刺身用のサクを作るときに切り落とされた腹部分は通常まぐろのたたき用に使われますが、生食をするための加工ができる業者は限定されており使いきれていないのだそうです。

(6)ぶりの腹肉水煮

画像:PR TIMES

『ぶりの腹肉水煮』(290円・税込)。刺身や切り身に加工するときに切り落とされてしまうぶりの腹肉を水煮にしたもの。まだ食べられる部分はたくさんついていても、骨をとるのに手間がかかるためあまり食べられていない部分ですが、骨までやわらかく仕上げられているので安心です◎。

 

■フルーツとハーブのスムージー

フルーツや野菜をベースにしたスムージーにハーブをきかせた『フルーツとハーブのスムージー』(各250円・税込)。

画像:PR TIMES

りんごとぶどうに、リンゴ酢とシナモンを効かせた『フルーツとハーブのスムージー りんご ぶどう シナモン』やバナナとマンゴーの濃厚な甘みにターメリックを効かせた『フルーツとハーブのスムージー バナナ マンゴー ターメリック』など全部で4種類。飲みきりサイズで、サラダを食べる感覚で普段の食事とあわせて楽しめます。

スムージーというと少し甘いイメージもありますが、こちらの商品はハーブが加えられていることで全体の味が引き締められていて、さっぱりとした飲み心地になっています◎。

 

気になる新商品は2020年3月18日(水)から全国の『無印良品』とネットストアで発売されます。ぜひチェックしてみて!(文/anna編集部)

【画像・参考】
魚の缶詰シリーズ 新発売のお知らせ – PR TIMES
フルーツとハーブのスムージー 新発売のお知らせ – PR TIMES

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ