TOP ビューティー ショートだってアレンジできる!アレンジ可能な長さとコツ3つ

ショートだってアレンジできる!アレンジ可能な長さとコツ3つ

2019.12.01

「ショートヘア・ボブだと、毎日同じ髪型になってしまいそう」「結婚式に呼ばれたらどうしたらいいの?」そんな悩みを抱えている方は少なくないはず。

美容師の今泉孝記さんによると、ショートヘアやボブでも工夫次第でアレンジは可能だそう。

そこで今回は今泉さんに、アレンジ可能な長さとアレンジのコツを紹介してもらいました。

1:ねじって留めるだけ!「パーティーアレンジ」

出典: GATTA(ガッタ)

ショートヘアをねじってピンで留めるだけでも実はこんなアレンジができるんです。

ランダムな動きが出るようにいろいろな方向に動かした束を、崩していくだけでしっかりセットしたかのような動きが出ます。

ちょっとだけフォーマルなジャケットを羽織れば、結婚式からパーティーまでOK! 特別な場所に行くのも普段と違うおしゃれさを演出できますよ。

ピンの色や飾り、ピアスやネックレスなどをいつもより遊んでみるのもおすすめです。

出典: GATTA(ガッタ)

ちなみに、もとはこんな短さなので、ある程度長さがあればアレンジ可能なのが分かりますね!

2:ちょっとのスタイリングで雰囲気を変えて「耳かけショート」

出典: GATTA(ガッタ)

ショートだと耳にかけるだけでもいつもと違っておしゃれな雰囲気に。

肌が見える範囲が増えることで顔も明るく見え、スッキリしながら柔らかな印象になります。

ピンで留めるアレンジまではしなくても少しだけいつもと違うイメージにしたいという方は、耳かけをしてふんわりワンカール巻いてあげるだけでも「なんか変わった?」と思わせることができるんです。

流行りのアクセサリーカラー、インナーカラーやハイライトを入れて、耳かけをしたときや、アレンジしたときだけチラッと見せるのも可愛いですね!

3:しっかり上げたい方はやっぱり「外ハネボブ」

出典: GATTA(ガッタ)

「襟足までしっかり上げたいし、セットする予定がある」そんな方は、外ハネの切りっぱなしボブがおすすめ。

肩上の長さになることでしっかりボブな雰囲気には見えつつ、上げるときの長さも確保できるボブは、アレンジ好きなあなたにぴったり。

内巻きにするか、外ハネに巻くかでもガラッと雰囲気が変わるので、普段のスタイリングからセットスタイルまでいろいろやりたい欲張りさんにはボブがベストですね!

 

髪が短くてもアレンジを楽しめます。ぜひ特別なお出かけのときに、取り入れてみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ