TOP ビューティー 見逃さないで!ダメージヘアのレスキューサイン3つ&プロ直伝のケア法

見逃さないで!ダメージヘアのレスキューサイン3つ&プロ直伝のケア法

2018.10.20

「最近なんだか髪がまとまらない……」毎日、髪の毛をスタイリングするときにこう感じていませんか?

まとまらない原因はさまざまですが、多くは“ダメージ”が原因です! ダメージを受けている髪の毛はまとまりにくく、スタイリングが難しいのです。

今回は、美容師である筆者が、ダメージ毛の特徴とヘアケアの方法をご紹介します。まずは自分の髪の毛がダメージ毛かどうか判断してくださいね。

 

髪がダメージを受けているサイン

出典: GATTA(ガッタ)

(1)指通りが悪い

ダメージのサインとしてわかりやすいのが、髪の毛を触ったときの手触り。根元は手触りが良くても、毛先にむかって指通りが悪くなっていたら……毛先にダメージが蓄積している状態です!

(2)乾燥している

髪の毛がバサバサすると感じたことはありませんか? そのようなときは乾燥していることが多いです。

乾燥していると髪の毛がバサバサになり、まとまりも悪くなります。

(3)ツヤがない

ツヤがない髪の毛はキューティクルがはがれている可能性が高いです。キューティクルが乱れているとツヤが出づらく、髪が傷んで見えます。

また、ヘアカラーの色がぬけている場合もツヤがなくなりやすいです。

 

すぐはじめられる!速攻ヘアケア

ダメージヘアの方におすすめのヘアケアをご紹介します。

(1)ヘアマスクで保湿

出典: GATTA(ガッタ)

ダメージを感じたら、まずはトリートメント! トリートメントは種類がたくさんありますが、おすすめは“ヘアマスク”。ヘアマスクはダメージ補修や保湿効果が高いといわれているトリートメントです。

シャンプー後に毛先中心に塗布し、5分放置して洗い流せばOK。週に2回程、スペシャルケアとして使ってください。

(2)洗い流さないオイルトリートメント

出典: Kerdkanno / shutterstock

洗い流さないオイルトリートメントは、手触りをしっとりさせてくれるうえに、見た目もツヤっとさせてくれます。

熱を発するドライヤーの前と、見た目を整えたいおでかけの前に使うことをおすすめします。

 

髪の毛は気付かないうちにダメージを受けています! 日頃からヘアケアをしてダメージを予防することが大切です。

ヘアケアをすることで髪の毛が扱いやすくなり、スタイリングもしやすくなりますよ!

【画像】
※ Kerdkanno / shutterstock

Recommend あなたにおすすめ