TOP ビューティー ふんわり香る!美人度を上げる「しつこくない香り」まとい方3つ

ふんわり香る!美人度を上げる「しつこくない香り」まとい方3つ

2018.10.18

あなたは、すれ違った女性からふんわりいい香りがして思わず振り返ってしまう、なんて経験ありませんか?

言い換えれば、それだけ香りで美人度があがるということ。とはいえ、香りがキツ過ぎると不快に感じることもあり、かえって逆効果に。そこで、しつこくない香りのまとい方を、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

ヘアコロン

出典: mlasaimages/Shutterstock

なんといっても理想的なのは、なびいた髪からふわっといい香りがする女性。

そこでおすすめしたいアイテムが“ヘアコロン”です。香水ほどきつくないうえ、髪が動くたびに香りを放つので、香りを感じさせる頻度がアップするプラスのメリットも。

しつこくない香りをまとうことで、上品さを損なわず魅力アップが狙えます。二度見される女性を目指すなら、ぜひこのアイテムを活用してみてくださいね。

 

洋服で香りをまとう

髪以外に“洋服”もいい香りしておきたいところ。香りを服に仕込むには、“柔軟剤”がおすすめです。

最近ではさまざまな香りの柔軟剤が販売されているので、たくさんの香りの中から好みの香りを見つける過程も楽しいですよね。

また、洗剤と組み合わせることによって柔軟剤の香りは少し変化するので、組み合わせを試しながら好みの香りを見つけてみてください。

 

香水は綿棒でつける

出典: Phadungsak photo/Shutterstock

シュっと吹きかけると香りがキツくなってしまいがちな香水。ステキな香りのはずが、つけすぎるとかえって不快に思われてしまうことも。

程よい香りをまとうなら、“綿棒”を使うのがおすすめです。やり方はとってもシンプル。ただ香水を綿棒の先に吹きかけて、その綿棒で首筋などをなぞり香りをまとうだけです。

外出先では、香水を綿棒に吹きかけるときに、周囲に香りをふりまかないためにビニール袋などの中ですると、マナーとしてもスマートでしょう。綿棒というアイテムでワンクッション置くだけなのに、ごく自然に程よい香りをまとうことができますよ!

 

香りはとても印象に残るものです。とはいえ、ただ香りをまとえば良いのではなく、強さの調節がとても大切なカギをにぎっています。

ステキな香りをまとえるアイテムは色々あるので、ぜひみなさんも試してみてくださいね。

【画像】
※ mlasaimages、Phadungsak photo/Shutterstock

Recommend あなたにおすすめ