TOP グルメ 和と洋が融合した世界唯一の『ハードロックカフェ京都』が7月12日ついにオープン!

和と洋が融合した世界唯一の『ハードロックカフェ京都』が7月12日ついにオープン!

2019.07.09

日本だけでなく、世界中から観光客が訪れる町・京都。

今回、世界的にも有名な『ハードロックカフェ』が2019年7月12日(金)に京都にオープンします。ロックと京都がどのように融合しているのか、気になるグルメやアイテムをご紹介します!

 

■世界唯一の『ハードロックカフェ』

画像:PR TIMES

今回オープンする『ハードロックカフェ京都』は様々な音楽を聴きながら料理が楽しめるアメリカンレストラン。関西では大阪、ユニバーサル・シティウォーク大阪に続いて3店舗目です。

昔ながらの京町家が連なる祇園白川、伝統的建造物群保存地区に、町屋づくりの外観をもつ世界唯一のハードロックカフェが誕生するのです。

 

■店舗限定メニューが続々登場!

画像:PR TIMES

『ハードロックカフェ京都』限定のメニューも登場します。

ハードロックカフェ特製のバーガーに季節の漬物、アボカドをサンドし、わさびを利かせた味噌ソースが特徴の『味噌わさびバーガー』(2,180円・税抜き)や京都の水で作ったレインドロップケーキに丹波黒大豆のきな粉などを添えた『レインドロップケーキ アイスクリーム添え』(980円・税抜き)などのスイーツもラインナップ。

画像:PR TIMES

他にも京野菜と京都の漬物を使った寿司ロール『ベジタブルロール』(1,380円・税抜き)など京都ならではのメニューも気になります!

 

■限定アイテムも見逃せない!

画像:PR TIMES

和と洋が融合され、デザインはもちろん、京都らしさを忘れない、伝統工芸品をアレンジしたという限定アイテムも登場します。

『手ぬぐい ギターの賑い』(3,000円・税抜き)は、今でも手仕事で染められている『永楽屋細辻伊兵衛商店』の手ぬぐい。京都土産としても喜ばれること間違いなし!

画像:PR TIMES

江戸時代から続く『宮脇賣扇庵』の扇子『扇子 柿渋和紙 本金手書き(紺/茶)』(各38,000円・税抜き)は暑くなるこれからの季節にぴったり。他にも『風呂敷(赤/紫)』(各3,800円・税抜き)やオープン記念の個数限定アイテムもあるので必見です!

 

グルメはもちろん、和と洋が融合した新しい『ハードロックカフェ』。あなたもぜひ足を運んでみては?(文/anna編集部)

<店舗詳細>
ハードロックカフェ京都
オープン日時:2019年7月12日(金)11:00~
住所:京都府京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町67番地
最寄駅:京阪『祇園四条駅』
電話番号:【レストラン】075-533-7771【ロックショップ】075-533-7789
営業時間:11:00~23:00(レストランL.O.フード22:00/ドリンク22:30)

【画像・参考】
「ハードロックカフェ京都」2019年7月12日(金)11:00 オープン – PR TIMES

この記事の情報は公開時点のものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ