TOP イベント 古墳フードが面白い!『前方後円墳フードフェア』が阪神梅田で7月7日まで開催中

古墳フードが面白い!『前方後円墳フードフェア』が阪神梅田で7月7日まで開催中

2019.06.26

ユネスコの世界文化遺産登録に決定する見通しの『百舌鳥・古市古墳群』。決まれば、なんと大阪府で初の世界遺産が誕生することになるのです!

そんな中『前方後円墳フードフェア』が2019年 6月21日(金)~7月7日(日)の17日間、阪神梅田本店の地下1階で開催されています。

最近では “古墳女子”という言葉も生まれるほど人気という古墳は要チェックですよ!

 

■思わず買ってしまう!前方後円墳型グルメが次々と登場

画像:PR TIMES

『肉の匠いとう』からは『前方後円墳ステーキ(100g)』(1,080円)がお目見え。前方後円墳だけでなく、埴輪と並んだお肉はついつい写真を撮りたくなるかわいさです。焼いたらどんな姿になるのかも気になるところ。各日限定10食なので、お早めに!

画像:PR TIMES

フランスパンで有名な『ルビアン』からは山型食パンの中央に、前方後円墳型のポテトサラダやチーズをのせて焼き上げた『前方後円墳パン』(260円)が登場します。

販売期間は2019年6月30日~7月31日までです!

画像:PR TIMES

鮮魚店『髭定』からは『前方後円墳ネギマグロ』(1,296円)が発売されるそう。

こちらの商品はマグロの中落ちを贅沢に使い、お堀をネギで表現しているのがポイントなんだとか。ユニークな一品に目が留まります。

画像:PR TIMES

串揚げの品ぞろえが豊富な『彦八』からは前方後円墳型の練り天を揚げた、『前方後円墳串』(162円)が登場。

こちらはパクパクといただけそうですね。

画像:PR TIMES

たこ焼きの祖先とも言われるちょぼ焼きが人気な『元祖ちょぼ焼き本舗』からは、ちょぼ焼き1枚とたこ焼き1個を使った『前方後円墳セット』(200円)が登場。

古墳のような豊かな自然を青のりで表現しているのがポイントなのです!

画像:PR TIMES

7月1日からは『泉屋』の『スペシャルクッキーズ 大阪版』(1,080円)も登場します。

丸と台形のクッキーを組み合わせて作られた古墳が可愛らしいですよね!

画像:PR TIMES

最後は『大寅』の『前方後円墳トラサンド』(1,080円)。こちらも7月1日から発売されるそうです。

『スペシャルクッキーズ 大阪版』と『前方後円墳トラサンド』はどちらも終了日が未定なので、気になる方はお早めに!

 

見て楽しんで、食べて楽しむ古墳グルメ。家庭ではもちろん、お土産に持ち帰っても盛り上がること間違いなしです! (文/anna編集部)

<催事情報>
前方後円墳フードフェア
開催期間:2019年6月21日(金)~7月7日(日)
住所:大阪府大阪市北区梅田1- 13- 13 阪神梅田本店地下1階 阪神食品館・スナックパーク
最寄駅:各線『梅田駅』より徒歩すぐ

【画像・参考】
【阪神本店】「百舌鳥・古市古墳群」の大阪府で初となる世界遺産認定を応援しようと“見て楽しい、食べておいしい”前方後円墳型の食品を販売スタート! – PR TIMES
※ anna

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ