TOP ビューティー 湿気に負けない!美容師直伝ふんわり前髪をキープするスタイリング術

湿気に負けない!美容師直伝ふんわり前髪をキープするスタイリング術

2019.06.03

梅雨が近づくにつれて気になる“湿気”。湿気があると髪の毛が広がってまとまらないですよね。前髪がぺったりしてスタイリングの崩れが気になる人は多いはず。

決まらないとテンションが上がらないだけではなく、印象の大部分を占めるといわれる前髪だからこそこだわりたいもの。

そこで今回は、湿気に負けない前髪のカールのつくり方を、スタイリストのナカイヒロキさんに教えていただきました。

1:前髪を分けて巻く

出典: GATTA(ガッタ)

前髪を一度にすべて巻いてしまうと、重たく野暮ったいカールになりやすいのです。

前髪は、上下2段に分けて巻きましょう。2段に分けて巻くことで、表面がふんわり仕上がります。

また、毛束を厚く取りすぎないこともポイント! 毛束を薄く取って巻いた方がふんわり感が出て、形もキープしやすいです。

アイロンの温度は180度がおすすめ。簡単に短時間で綺麗なカールがつくれます。

2:ワックスで束間をつくる

出典: GATTA(ガッタ)

前髪を巻き終わったら、次はワックスをつけていきましょう! 前髪の束感が簡単につくれます。

前髪にワックスをつけるときのポイントは“少量のワックスを前髪の内側からつける”こと。

前髪にワックスを沢山つけたり、表面からつけてしまうと“重たくぺったり”しがちです! 髪の毛全体にワックスを馴染ませて。余ったワックスを前髪に使うイメージ。

ワックスは、ライトハードくらいのテクスチャーが使いやすくおすすめです。

3:スプレーで固める

出典: GATTA(ガッタ)

前髪を巻いてワックスをつけた後はスプレーを使いましょう。スプレーを使うことで湿気に負けないふんわりカールの前髪をキープできます。

スプレーを使うときは、前髪から少し離して吹きかけるのがポイント。近くでスプレーを吹きかけてしまうと、固まりすぎて不自然な前髪になりやすいのです。

慣れないうちはコームにスプレーを吹きかけて、コームで前髪を整えながらつけるのがおすすめ。

また、1日中前髪の形をキープするならハードタイプのスプレーを使いましょう。

 

前髪が崩れてしまうと、せっかくスタイリングしたヘアスタイルも台無しに……。

少し工夫して前髪のふんわりカールをキープして、1日気分よく過ごしましょう!

Recommend あなたにおすすめ