TOP ビューティー つい食べすぎた日はコレ!寝る前の「ぽっこりお腹すっきりストレッチ」

つい食べすぎた日はコレ!寝る前の「ぽっこりお腹すっきりストレッチ」

2018.09.24

いよいよ秋らしい気候になりましたね。秋といえば、“食欲の秋”。ついつい食べすぎる日が続いて、「いつの間にかお腹がぽっこりしている!」なんてことはありませんか?

ぽっこりお腹ができあがっている頃には、お腹周りが重たくなって、姿勢も縮みがち。そんなときにはこのストレッチ!

というわけで今回は、ヨガインストラクターである筆者が“お腹すっきりストレッチ”をご紹介します。

 

お腹がたるむと内臓も下がる

姿勢が悪くなると、お腹周りがぽっこりとしやすいです。悪い姿勢のままでいると、内臓が負担がかかって圧迫され、消化にも悪影響を及ぼすでしょう。

お腹がすっきりと伸びた姿勢でいられれば、胃腸の働きも悪くなりにくいです。お腹をたるませている原因を取り除きましょう。

 

お腹すっきりストレッチ

(1)うつ伏せの姿勢で寝ます。両手はあごの下において、両ひじを開いておきます。

出典: GATTA(ガッタ)

(2)左ひざを曲げて、足の付け根から脚全体を持ち上げます。

出典: GATTA(ガッタ)

(3)左脚を右脚の外側の床へ下ろします。

出典: GATTA(ガッタ)

(4)両ひじは床についたまま離れないようにしておきましょう。

(5)脚が床に下りない場合はできる範囲まで。そのとき、ひざが閉じないようにして持ち上げておきましょう。

(6)反対側も同様に行い、左右を1セットとし、3~5セットをゆっくり行います。

 

片脚を引き上げているときは、引き上げている脚側のお腹の横から、腰骨の内側ラインから伸びているのを感じましょう。

伸びを感じられない場合は、ひじが浮いているか、腰をひねり過ぎているかもしれません。伸びている位置をチェックしながら行ってみてくださいね!

Recommend あなたにおすすめ