TOP ビューティー これさえ覚えておけば完璧!「チークのつけ方」基本からアレンジテクまで

これさえ覚えておけば完璧!「チークのつけ方」基本からアレンジテクまで

2018.09.23

「チークのつけ方って何が正解なの……?」と悩んでいる方、実は多いのではないでしょうか? 顔の印象を大きく変えることができる“チーク”。なるべくキレイにつけたいですよね。

そこで今回は、チークの使い方“基本のキ”からアレンジの仕方までを一挙ご紹介します。これであなたもチークマスターになれるかも!?

 

チークの基本!「やりがちNGパターン3つ」と「正解パターン」

NG1:小鼻の横から水平に伸ばした線より下

出典: GATTA(ガッタ)

チークを使うとき、つけてはいけない“NGゾーン”がいくつかあります。一つ目は、小鼻の横から水平に伸ばした線より下。

この位置より下に入れると顔が下がった印象になってしまうので、小鼻の横より下には入れないように気を付けましょう。

NG2:黒目の真ん中から垂直におろした線より内側

出典: GATTA(ガッタ)

2つ目は、黒目の真ん中から垂直におろした線より内側。この範囲にチークをつけると自然な頬の位置からずれてしまうので、基本はつけないようにしましょう。

しかし、“ほてりチーク”にしたいときなどは例外的につける場合もあります。

NG3:フェイスライン上

出典: GATTA(ガッタ)

最後のNGゾーンはフェイスライン上。耳の内側から指2本分は顔が膨張して見えてしまうので、チークをつけるのはNG。

このゾーンはシェーディングなど影を入れる範囲になります。

正解:小鼻の横から耳の中央を結んだライン上

出典: GATTA(ガッタ)

正解は、画像のような“斜めのライン”に沿ってつけること。

小鼻の横から耳の中央を結んだ1本線上にかかるようなチークに仕上げると、失敗知らずの基本形です。迷ったら、このライン上にチークをつけるようにしましょうね。

出典: GATTA(ガッタ)

筆者のイチオシは、この“斜めのライン”に沿って、大きめのブラシを使って横に2~3往復させるだけのつけ方。

フワッと自然に色づき血色感が出るので、オフィスメイクやナチュラルメイクなどどんなシーンでも活躍してくれること間違いなし!

さらにこの方法であれば、どんなカラーのチークでも万能に使うことができますよ。

 

アレンジテク1:ほてりチーク

出典: GATTA(ガッタ)

クリームチークやリキッドチークを使うとき、基本の“斜めのライン”を使ったチークのつけ方でもいいですが、筆者おすすめのつけ方は“ほてり顔チーク”。

目の下近くに、チークを指で叩き込むようにつけることで、血色感を演出することができますよ。斜めのラインにかぶらないくらい上の位置に濃いめにつけるとかわいく仕上がります。

 

アレンジテク2:チークで横顔美人

出典: GATTA(ガッタ)

横から見たときにキレイに見えるのは、フェイスラインにギリギリ被らない位置にチークをつけること。

チェックのマークを描くように顔の中心に向かってブラシをはらうと、大人っぽくいつもと違う雰囲気に仕上がります。

 

チークを使うときは、NGゾーンや正解のつけ方を知ることで、一気に美しい仕上がりになりますよ。ぜひ試してみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ