TOP ビューティー 朝晩たったの30秒!代謝UP&美姿勢で「やせ癖づくり」を狙う2ポーズ

朝晩たったの30秒!代謝UP&美姿勢で「やせ癖づくり」を狙う2ポーズ

2018.09.18

ダイエットをしたいけど運動が苦手な人は、太りやすい体の癖をリセットすることと、日中の基礎代謝を上げることの2つを狙い撃ちしていきましょう。

そこで今回は、ヨガインストラクターである筆者が、朝は基礎代謝アップ、夜は悪姿勢リセットを目指す“30秒ヨガポーズ”をそれぞれご紹介します。

 

朝は基礎代謝を上げておこう

ダイエットのためには運動を頑張りたいところですが、忙しいときには習慣化しづらいもの。

そんなときは、朝の30秒で筋肉を刺激し、基礎代謝アップを狙ってみませんか? 痩せやすい体の準備につながるでしょう。

 

体を目覚めさせる「プールヴォッターナーサナ」

出典: GATTA(ガッタ)

(1)ひざを立てて座ります。両手をお尻の後ろへ置いて、指をお尻側へ。

(2)両ひじを伸ばして、お腹と胸を伸ばしましょう。

出典: GATTA(ガッタ)

(3)息を吐きます。息を吸いながら両手と両足とで床を押し、お尻を持ち上げましょう。

(4)ひざとお腹のラインを揃え、30秒キープしましょう。

両手で床を押しながら、両肩甲骨を引き寄せます。両脚の幅は腰幅にキープ。内ももの筋肉を使っている意識でポーズをキープしていきましょう。

 

夜は丸まった姿勢をリセットしよう

デスクワーク等で一日中同じ姿勢になっていると、丸まった背中や腰の癖が定着しやすくなります。そんな癖は夜のうちにケアし、すっきりとさせましょう。

骨盤が歪むと下半身が痩せにくくなるというデメリットも。寝る前30秒でリセットを目指しましょう。

 

アンジャネーヤ・アーサナ

(1)ひざ立ちの姿勢から、右ひざを曲げて前へ出します。左ひざは一歩後ろへ。

出典: GATTA(ガッタ)

(2)息を吐きながら腰を沈めていきます。

出典: GATTA(ガッタ)

(3)息を吸いながら両腕を頭上に上げ、お腹を伸ばしながら上体を反らしていきましょう。

(4)15~30秒程度キープしたら、脚を変え、反対側も同様に行います。

 

朝のポーズも夜のポーズも、最初は30秒が辛く感じられるかもしれません。毎日コツコツ続けてみてくださいね。

Recommend あなたにおすすめ