TOP ビューティー 大人かわいい仕上がりに!「ショートヘア」に似合うメイクのつくり方

大人かわいい仕上がりに!「ショートヘア」に似合うメイクのつくり方

2019.04.10

ショートヘアにトライしたいけど、自分に似合うかどうか心配……と踏みとどまってはいませんか? 実はメイク次第で、クールなイメージになりやすいショートヘアスタイルに、かわいらしい甘さをプラスすることができます!

そこで今回は、大人かわいいメイクを得意とする美肌研究家の杉本由美さんに、ショートヘアの方におすすめな“メイクテクニック”を教えてもらいました。

 

ベースはふんわり仕上げるのがコツ

出典: GATTA(ガッタ)

甘い印象を与えるために、ベースはふんわりした印象の“フォギー肌”を意識するのがおすすめ。

まず、目元のくすみが気になる場合は、オレンジのコンシーラーでくすみをオフしましょう。下地はピンクカラーをセレクトして、血色感をプラスしてくださいね。

仕上げは、パウダーファンデーションをブラシでのせていくのがポイント。メイクブラシにファンデーションをつけて、肌の上をくるくるとなぞるようにのせていくだけ。

たったこれだけで、テクニックいらずの簡単“フォギー肌”が完成します。

 

目元は暖色系のカラーメイクで仕上げて

出典: GATTA(ガッタ)

ブラウンのような、なじみがよいアイメイクはまとまりが良く、悪目立ちしない万能なカラーです。ただ、ショートヘアではクールな仕上がりになってしまう場合も。

そこで目元にはピンクやイエロー、オレンジなどの暖色系のアイシャドウを選びましょう。ピンクなら甘い雰囲気に、オレンジなら明るく元気な雰囲気に、イエローなら若々しくかわいらしい雰囲気に仕上げることができます。

また、アイラインはインサイドラインくらいにとどめ、アイシャドウが主役になるように注意して仕上げましょう。

 

リップは血色感&透明感がカギ

出典: GATTA(ガッタ)

マットな発色のリップだと、キツい印象になってしまうことがあります。ショートヘアでは、血色感くらいのほんのりやさしい色味を意識してみましょう。

真っ赤なルージュなど色味がはっきりしたものは、直づけせずに指でちょんちょんとのせて、色味を調節しましょう。また、仕上げにグロスをオンして、ツヤ感を出していきましょう。

血色&ツヤ感の両方を意識することで、甘さのある上品リップメイクが完成します。

 

ショートヘアでも似合う大人かわいいメイクのコツは、全体的にふんわりとしたイメージに仕上げること。今回のメイクを参考にして、ショートヘアにイメチェンしてみてはいかがでしょうか。

Recommend あなたにおすすめ