TOP グルメ あの話題のお店も!京阪神で食べられる「見た目もおいしいパフェ」7選

あの話題のお店も!京阪神で食べられる「見た目もおいしいパフェ」7選

2019.04.07

ひとつの器にたくさんの味がつまった“パフェ”。自宅ではなかなか食べられないからこそ、ユニークなものや豪華なものがたくさんあります。

そこで今回は京阪神で食べられる絶品パフェを7つご紹介します。

 

■1:絶品〆パフェ『焼きたまご』(パフェテリアLargo/大阪・北区)

画像:読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』

阪急東中通商店街にある『パフェテリアLargo(ラルゴ)』。このお店は夜11時半まで空いており、夜ごはんを食べたあとの“〆パフェ”が楽しめるお店です。

ここの看板メニューは『焼きたまご』(1,058円・税込)。藁に見立てたゴボウチップを敷き詰め、全体をメレンゲクリームで覆ってタマゴに見立てた珍しいパフェ。

中をのぞくと、これまた卵の黄身に見立てたまん丸のみかんが丸ごと入っており、オレンジのアイスクリームも入っています。ほかにもパフェ・スイーツは全8種類。遠方から来るお客さんも多いという、大注目の人気店です!

<店舗情報>
パフェテリアLargo(ラルゴ)
住所:大阪府大阪市北区堂山町16-14 堂山MDビル2階
最寄駅:JR『大阪駅』
電話番号:06-6361-2552
営業時間:11:30~23:30(※ランチタイムは15:00まで)
定休日:無休

【画像・参考】
※ 読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』(月曜~金曜 5時20分~)

 

■2:京都店でしか味わえない『メランジュフリュイ』(パティスリー&カフェ デリーモ京都/京都・下京区)

画像:PR TIMES

2月にオープンしたばかりの『パティスリー&カフェ デリーモ京都』で、京都店限定版『メランジュフリュイ KYOTO マツリ―Melange Fruits KYOTO MATSURI―』(2,484円・税込)が登場!

金箔をあしらった豪華絢爛と呼ぶにふさわしいパフェには、厳選したイチゴ、デリーモならではの金色のブロンドチョコレートがトッピング。華やかさを演出してくれます。京都ゆかりの食材との三位一体の新たな味を楽しめます。

ほかにも京都らしい和の雰囲気漂うスイーツメニューが続々登場。和と洋が融合した、贅沢なスイーツタイムにいかがでしょうか?

<店舗詳細>
パティスリー&カフェ デリーモ京都
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路 下ル東塩小路町 JR京都伊勢丹 JR西口改札前 イートパラダイス
最寄駅:JR『京都駅』
営業時間:【平日】10:00〜22:00(L.O.21:00)【土日祝】8:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:施設に準じる

【画像・参考】
※ ショコラティエが創るパティスリー「Pâtisserie & Café DEL’IMMO」 ショコラティエ江口和明が率いる、デリーモがついに京都初上陸! パティスリー&カフェ デリーモ京都 – PR TIMES

 

■3:ありそうでなかったベビーカステラの『パフェタイプ』(ベビーカステラ i.b&d/兵庫・元町)

画像:PR TIMES

『ベビーカステラ i.b&d』は、複数のパティシエや20~30代の女性により設立された“ベビーカステラ研究所”で約半年間かけて研究を重ねたというこだわりのベビーカステラ専門店。神戸の女子高生をはじめ、外国人にも人気で行列ができるほど!

そんなお店がおすすめするのは持ち歩きにも便利な『パフェタイプ』。食べながら神戸の街を散策することもできる、ありそうでなかった新感覚スイーツを試してみてはいかがでしょうか?

<店舗情報>
ベビーカステラ i.b&d
住所:兵庫県神戸市中央区栄町通1-2-14
最寄駅:JR・阪神『元町駅』/地下鉄海岸線『旧居留地・大丸前駅』
電話:078-335-7792
営業時間:11:00~19:00

【画像・参考】
※ 夏祭りや初詣の屋台でお馴染みの「ベビーカステラ」がパティシエの研究により本格的スイーツに変身し神戸元町(南京町「店名=i.b&d」)に登場!※住所:神戸市中央区栄町通1-2-14 – PR TIMES

■4:インスタ映え間違いなし!ベリー尽くしの『ベリー・ベリーパフェ』(esola The colors/大阪・東成区)

東京・青山に本店を構える『黒いチーズケーキ』で話題の『esola(エソラ)』。今年1月、大阪のコリアタウン、鶴橋にオープンした『esola The colors』では、食べ歩きができるカラフルでポップなメニューがずらり。

なかでもおすすめは、インスタ映え間違いなしなベリー尽くしの『ベリー・ベリーパフェ』(680円)。

見た目も、もちろん味も一度で2度おいしいパフェは見逃せません。

<店舗情報>
esola The colors(エソラ・ザ・カラーズ)
住所:大阪府大阪市東成区東小橋3-17-12
営業時間:11:00~19:00 (不定休)

【画像・参考】
※ 2018年12月21日(金)「黒いチーズケーキ」の esola (エソラ)がはじまりの街・「鶴橋」にグランドオープン!! - esola The colors(エソラ・ザ・カラーズ)

 

■5:自家焙煎きな粉スイーツ『焦がしきな粉パフェ』(吉祥菓寮/京都・四条)

画像:PR TIMES

1934年に創業、日本で初めて節分煎り大豆を商品として販売した『桂華堂』を前身とする『吉祥菓寮』。自家焙煎きな粉を使用したこだわりのきな粉スイーツを販売しています。

人気の『焦がしきな粉パフェ』(1,100円・税別)は、独特なビジュアルがインスタ映えすると話題になり、パフェを求めて連日多くの人たちでにぎわっています。

店舗で大豆を煎るための自家焙煎設備(きな粉焙煎室)も併設。煎りたての大豆の香りを楽しみながら、自然素材をふんだんに活かした空間でゆっくりと楽しめます。

<店舗情報>
吉祥菓寮 京都四条店
住所:京都府京都市中京区柳馬場通四条上ル瀬戸屋町471 ピアヌーラ柳馬場1F
最寄駅:地下鉄『四条駅』
営業時間:8:00~19:00(※モーニング8:00~11:00)

【画像・参考】
※ 京都・祇園で連日2時間待ちの大行列!TVやSNSで話題の焦がしきな粉パフェなど、きな粉スイーツを手掛ける「吉祥菓寮」のカフェ2号店が2018年12月19日(水)にグランドオープン! – PR TIMES

 

■6:見た目も味もお上品なパフェ『ティーブロンド』(FruiTea Salon DEL’IMMO/兵庫・神戸)

画像:PR TIMES

昨年12月にオープンした、ショコラティエ、江口和明が新展開するフルーティーサロン『FruiTea Salon DEL’IMMO 大丸神戸店』では豊富なスイーツメニューとこだわりの茶葉を使った紅茶のラインナップが魅力です!

その中でも注目のメニューは、紅茶のジュレにスパイスで味付けしたアプリコットや洋ナシを合わせたパフェ『ティーブロンド』(980円・税抜き)。味だけでなく、見た目もおしゃれで写真映えする一品です。

スイーツと紅茶を堪能できる新しいスタイルのティーサロン。ゆっくりとしたティータイムをぜひ楽しんでみては?

<店舗情報>
FruiTea Salon DEL’IMMO 大丸神戸店
住所:兵庫県神戸市中央区明石町40番地 大丸神戸店3F
最寄駅:JR・阪神『元町駅』/神戸市営地下鉄海岸線『旧居留地・大丸前駅』
電話:078-381-5522
営業時間:10:00~20:00(L.O19:00)
定休日:施設に準じる

【画像・参考】
※ 大丸神戸で新業態をオープン! FruiTea Salon DEL’IMMO 大丸神戸店 「ショコラ×フルーツ×紅茶」のマリアージュが堪能できるフルーティーサロン 2018年11月30日(金)オープン – PR TIMES

 

■7:花束をイメージした『フラワリークレープパフェ』(アフタヌーンティー・ラブアンドテーブル ルクア大阪/大阪)

画像:PR TIMES

ルクア大阪にある『アフタヌーンティー・ラブアンドテーブル』。では、ピンクを基調にした店内がインスタ映え間違いなしのかわいさ。大注目なのは、大阪限定の『フラワリークレープパフェ』(各1,058円・税込)。

ソフトクリーム、パンナコッタをクレープで包み込んでパフェ仕立てにしてあり、自家製のりんごのコンポート、レッドカラントのマリネで甘酸っぱく仕上げた『ピンクアップル』と、苺、チョコウエハースをトッピングしてビタースイートな味わいに仕上げた『ココアベリー』の2種類。

かわいい店内でフォトジェニックなメニューを楽しんでみては?

<店舗情報>
アフタヌーンティー・ラブアンドテーブル ルクア大阪
住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア5F
電話:06-6151-1237
営業時間:10:00~21:00

【画像・参考】
※ 【Afternoon Tea】新業態カフェが西日本初出店!ルクア大阪限定クレープ6種のほか、テイクアウト専門のティースタンドも併設 – PR TIMES

 

いかがでしたか? 見た目でも楽しめる絶品パフェをご紹介しました。あなたもぜひ今週末足を運んでみては?(文/anna編集部)

この記事の情報は公開時点のものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

Recommend あなたにおすすめ