TOP ビューティー レギンス次第で動きも変わる!ヨガやトレーニングのウエア選びのコツ

レギンス次第で動きも変わる!ヨガやトレーニングのウエア選びのコツ

ヨガやピラティスのレッスンを受けるとき、脚にピタッと密着し、ラインがしっかり出る“レギンス”を着用する人が増えてきました。

なかには、このレギンス着用率の高さから、「初めてレギンスを買ってみた」という人も。

レギンスは、モタつきがなく、足さばきもよく、私服では躊躇するような柄物にも挑戦しやすかったり、着用することでレッスンをより楽しくしてくれるでしょう。

ただし、選び方のポイントを間違えないことが前提です。

 

水陸両用レギンスはレッスンに合わせて

最近では、大量の発汗や海水に濡れることを想定したホットヨガ、サップヨガにも対応する水陸両用タイプのレギンスも多く出回っています。

これはもちろん、常温のスタジオでのレッスン時にも着用できるのですが、表面がツルツルした生地のものが多く、足裏を内ももに添えるポーズのように肌が触れるときに滑ることも 。また、ヨガマットの上でも滑ることがあります。

汗をあまりかかないレッスンや手・足裏が太もも、ふくらはぎなどに触れることでバランスを取るようなポーズが多いレッスン時は、心配であれば表面がツルツルしていないレギンスを選ぶとよいかも 。

 

生地の伸び具合をチェック

レッスンによっては、脚を前後左右に開いたりとダイナミックな動きをすることもあります。そこで大事なのが、生地の“伸縮性”。生地が伸びにくいと脚の動きの妨げになります。

そして、生地の“厚み”も忘れてはいけないチェックポイント。生地が薄かったりすると、肌の色やショーツの色が透けて見えてしまいます。筆者は、過去にこれでちょっと恥ずかしい思いをしました。

店舗で購入するときは、この2点をチェックしましょう。レギンスを試着してから軽く動いてみるとよいですよ。

 

レギンス次第でレッスンの心地よさや達成感が変わってくるので、選ぶときの参考にしてみてくださいね。

レギンス次第で動きも変わる!ヨガやトレーニングのウエア選びのコツはWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

Recommend あなたにおすすめ