#キーワードで探す
#HOT ! 編集部おすすめ
TOP ローカル 兵庫 東遊園地の「こうべ花時計」が、パンダの「タンタン」になってる。クールスポット化もしてるみたい

東遊園地の「こうべ花時計」が、パンダの「タンタン」になってる。クールスポット化もしてるみたい

東遊園地の「こうべ花時計」が、王子動物園の「タンタン」になってます。

神戸市中央区加納町6‐1

七夕に植え替えられた花時計のデザインは、ジャイアントパンダ「タンタン」。白は、ベゴニア、橙はマリーゴールド、緑はレモンバームの計3000株で描かれてます。

タンタンが、花時計のデザインに登場するのは、3年連続。中国へ帰ることに決まったことを受けての「ありがとう」バージョン、去年の「王子動物園70周年記念」もタンタンでした。

顔はだいたい一緒ですが、頭の上の文字と「緑」の部分に使う植物が変わってたります。

ちなみに「タンタン」は、病状などのことを考え返却期日が「今年の年末」まで延長。体調管理のため3月中旬以降は観覧できない状況が続いてます。

今回気づいたんですが、花時計の手前にある石の台。これが写真を撮るためのスポットになってます。

元々は、花時計の最初のデザインを展示するためのもので、ちょっとだけ名残が…。その上に「花時計視点台」という貼り紙がされてます。

説明文が何らかの理由で剝がれてしまったからこうしたのか?みんなが登って撮るし、そういうことにしよう!となったのか分かりませんが、乗っていいそうです。

そこそこ高さがあるので、ケガだけはしませんように。

ちなみに、見えなくなった初めての花時計のデザインは、まさに時計でした。


画像:クールスポットマップより

花時計の周りには、最近ミストが設置されてます。「こども本の森」へ来たこどもたちが遊ぶのにもちょうど良さそうです。

「タンタン」デザインは、8月中旬までの予定です。

◆関連リンク
・クールスポットマップ - 公式サイト
・過去の花時計 - 公式サイト

Recommend あなたにおすすめ